intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.11.2.3. 確認対象者プラグインの指定方法

プログラムにより確認ノードに対して確認対象者プラグインを指定するには、特定のノードへの処理権限者プラグインを設定する方法と同じ方法で指定できます。
プログラムでの処理権限者プラグインの指定方法は以下のページを参照してください。
確認対象者プラグインの場合には、上記リンク先の拡張ポイントID、およびプラグインIDが異なりますので、以下のリンク先で確認してください。