intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.18.2.4. 処理中案件検出(経過日時指定)ジョブ

案件が開始されてから指定日時を経過しても完了していない案件を検出してアラートを通知します。

検出処理

../../../../_images/detail_guide_18_figure_7.png
  • 経過判定は以下の手順で行います。

    超過日時 = システム日付 - (処理中案件経過日 × 24 + 処理中案件経過時間)

    案件の申請日時 > 超過日時 = 期限内
    案件の申請日時 ≦ 超過日時 = 指定日時を経過している

    ※経過日時の計算は営業日を考慮しません。
    ※案件処理中経過日、案件処理中経過時間はテナント単位設定「アラートの設定-処理中案件検出(経過日時指定)ジョブ設定」から取得します。