intra-mart Accel Platform IM-Workflow 管理者操作ガイド 第20版 2019-08-01

6.13. 申請や承認時の処理対象者の選択時にロールに関する処理対象者を選択できるようにするには

申請や承認時の動的承認ノードの検索画面など、ユーザ向けの処理対象者選択の画面について、初期状態ではロールに関する処理対象者プラグインを利用できません。
一般ユーザ向けの処理対象者選択の画面でロールに関する処理対象者プラグインを有効化するには、以下の手順でプラグインの設定を変更してください。

注意

本項で紹介する方法は、システム全体に対する設定変更です。
特定のフロー定義やノード単位での設定はできません。
  1. 処理対象者プラグインを設定する 」に基づいて、「動的承認・縦配置・横配置ノード」への処理対象者プラグインの設定を変更するためのプラグインフォルダを作成してください。

  2. 以下の情報に基づいて、plugin.xml を編集し、ロールに関する処理対象者プラグインの設定を変更してください。

    • 変更箇所

      ロールに関する処理対象者プラグインの設定部分の application disable 属性を true から false に変更してください。

      以下は、「組織+ロール」の場合の例です。
      <!-- Department And Role -->
      <authority
          name="%jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.dynamic.department_and_role"
          id="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.node.dynamic.department_and_role"
          version="8.0.8"
          rank="90"
          enable="true">
          <application disable="false" />
          <configPage>
              <script pagePath="im_workflow/plugin/authority/im_master/department_and_role/department_and_role_config" />
          </configPage>
          <extend>
              <java class="jp.co.intra_mart.system.workflow.plugin.authority.im_master.DepartmentAndRoleExtendEvent" />
          </extend>
          <workflowDesigner>
              <java class="jp.co.intra_mart.workflow.designer.plugins.definition.department_and_role.DepartmentAndRoleConfig" />
          </workflowDesigner>
      </authority>
      
    • 対象の処理対象者プラグイン

      プラグイン名 プラグインID
      ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.role
      組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.department_and_role
      パブリックグループ+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.public_group_and_role
      申請者の所属組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.apply_user_department_and_role
      申請者の上位組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.apply_user_one_step_upper_department_and_role
      申請者の上位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.apply_user_all_step_upper_department_and_role
      申請者の下位組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.apply_user_one_step_lower_department_and_role
      申請者の下位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.apply_user_all_step_lower_department_and_role
      前処理者の所属組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.before_user_department_and_role
      前処理者の上位組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.before_user_one_step_upper_department_and_role
      前処理者の上位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.before_user_all_step_upper_department_and_role
      前処理者の下位組織+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.before_user_one_step_lower_department_and_role
      前処理者の下位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.before_user_all_step_lower_department_and_role
      組織とその上位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.department_all_step_upper_department_and_role
      組織とその下位組織全て+ロール
      jp.co.intra_mart.workflow.plugin.authority.
      node.dynamic.department_all_step_lower_department_and_role
  3. plugin.xmlの編集後は、「 処理対象者プラグインを設定する 」の手順に沿って設定内容を反映させてください。

コラム

ワークフローシステム管理者、およびワークフロー運用管理者の案件操作(管理者メニューからのアクセス)の場合、処理対象者として「ロール」や、「XXX+ロール」(例:組織+ロール)などが検索対象として表示されるのに対し、利用者の案件操作の場合、ロールに関係する処理対象者は検索対象にはなりません。

理由は次のとおりです。

  • ワークフローシステム管理者はアクターとしてテナント管理者と同じ、またはテナント管理者相当のユーザで、どのユーザにどのロールが付与されているか把握していることを想定しています。
  • ワークフロー運用管理者についても同様です。

  • 一方、利用者はロールとユーザの関係を把握していないと想定しています。
    案件操作で処理対象者としてロールを追加する際は、ロールを付与されたユーザが誰であるかを把握している必要があります。
  • そのため、ワークフローシステム管理者・ワークフロー運用管理者の案件操作(管理者メニューからのアクセス)に限り、ロールに関係する処理対象者を設定できるよう制御しています。