intra-mart Accel Platform IM-Workflow 管理者操作ガイド 第21版 2019-12-01

4.4. 代理設定を登録する(管理者編)

代理設定を行うと、処理権限を持つ利用者本人が、別の利用者に処理を依頼することができます。
代理を依頼された利用者は、依頼元と同様に申請や承認を行えます。

ワークフローシステム管理者、またはワークフローシステム管理者の代理管理者設定により権限を付与された利用者(代理設定権限者)は、代理元として本人以外の第三者を設定できます。

4.4.1. 代理を設定する

利用者が出張等の理由で不在となる場合に、代理として案件の処理を別の利用者に委託します。
代理先としてユーザのみ指定可能で、全てのフローが対象です。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_1.png
    • 編集

      image_common_62 を押下すると、代理設定の編集を行う画面に遷移します。
    • 代理期間開始

      代理設定の開始日を表示します。
    • 代理期間終了

      代理設定の開始日を表示します。
    • 代理先

      代理先の対象ユーザ名を表示します。
    • 備考

      代理設定についての備考が表示されます。
    • 申請

      委譲した申請権限の有効・無効をアイコンで表示します。
      image_common_58 :有効 image_common_59 :無効
    • 承認

      委譲した承認権限の有効・無効をアイコンで表示します。
      image_common_58 :有効 image_common_59 :無効
  3. 代理設定情報を入力します。

    ../../_images/basic_guide_11_2.png
    • 代理先(必須)

      代理先となるユーザを指定します。 image_common_19 <検索>を押下すると、IM-共通マスタのユーザ検索画面が表示されますので、指定したいユーザを選択します。
    • 代理期間(必須)

      代理設定が有効な期間を設定します。終了日の指定も必須です。
      image_common_44 を押下して表示されるカレンダーから、日付を選択します。
    • 委譲する権限(必須)

      代理先に委譲する権限を設定します。
      • 申請

        代理元に代わり、案件の「申請」「再申請」「引戻し」「取止め」を行うことを許可します。
      • 承認

        代理元に代わり、案件の「承認」「承認終了」「否認」「保留」「保留解除」「差戻し」「引戻し」を行うことを許可します。
    • 備考

      代理設定の説明等を入力できます。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力できます。
    • 代理設定通知メール

      登録時に、代理設定を行ったことを通知するメールを代理先に送信します。メール定義で定義されている代理設定通知メールが送られます。
      チェックボックスをオンにすると、コメント記入欄が追加表示されます。メール本文に追記するコメントを入力します。
  4. 「登録」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_3.png
  5. 代理設定を登録することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_4.png

以上で代理設定が完了しました。

コラム

代理設定の表示条件指定
表示条件を指定することで、現在表示されている代理設定を、さらに絞り込んで表示させることができます。
  • <表示条件>を押下します。
    <表示条件>画面が表示されます。
    ../../_images/basic_guide_11_5.png
  • 代理先:代理先ユーザを指定します。

    指定したユーザが代理先である代理設定のみ表示します。 image_common_19 <検索>を押下すると、IM-共通マスタのユーザ検索画面が表示されますので、指定したいユーザを選択します。
    入力を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
  • 備考:備考に対する検索条件を指定します。

    指定した内容が、代理設定の備考の内容と部分一致するものを表示します。
  • 権限:権限「申請」「承認」を指定します。

    指定した権限が与えられている代理設定のみ表示します。指定したい権限のチェックボックスをオンにします。
  • [検索]ボタンを押下します。

    <代理先設定>画面で指定した「代理先」「基準日」に該当する代理設定を、表示条件でさらに絞り込んで表示します。

コラム

  • 代理設定は、登録した時点で即時に反映されます。

  • ワークフロー管理者が、代理設定を表示した場合のみ、一覧画面で指定した代理元ユーザを画面上に表示します。

    ../../_images/basic_guide_11_6.png

4.4.2. 代理の設定内容を変更する

登録済みの代理設定の内容を変更することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 対象の代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_7.png
  3. 設定内容を変更し、「更新」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_8.png
  4. 代理の設定内容を変更することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_9.png

4.4.3. 代理を削除する

登録済みの代理設定は、代理期間設定内であっても自由に削除することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 対象の代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_10.png
  3. 「削除」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_11.png
  4. 代理の設定を削除することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_12.png

4.4.4. 特定業務代理を設定する

特定業務代理とは、利用者の作業を別の利用者に代行してもらうことです。
ユーザ、組織、パブリックグループ、役職、役割での指定が可能で、対象となるフローを指定します。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「特定業務代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_13.png
  3. 「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_14.png
  4. 特定業務代理設定情報を入力します。

    ../../_images/basic_guide_11_15.png
    • 代理先(必須)

      代理先となる対象を指定します。 image_common_19 <検索>を押下すると、<代理先>画面がポップアップ表示されます。
      処理対象としたい項目の image_common_19 を押下すると、IM-共通マスタの検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
      • 対象種別:選択した対象の対象種別が表示されます。
      • 対象名:選択した対象の対象名が表示されます。
      指定した対象に属するユーザを確認したい場合は、 image_common_35 <状況確認>を押下します。
    • 代理の対象フロー

      代理の対象としたいフローを指定します。 image_common_19 <検索>を押下すると、フロー検索画面がポップアップ表示されますので、指定したいフローを選択します。
    • 代理期間(必須)

      特定業務代理設定が有効な期間を設定します。終了日の指定も必須です。
      image_common_44 を押下して表示されるカレンダーから、日付を選択します。
    • 委譲する権限(必須)

      代理先に委譲する権限を設定します。
      • 申請

        代理元に代わり、案件の「申請」「再申請」「引戻し」「取止め」を行うことを許可します。
      • 承認

        代理元に代わり、案件の「承認」「承認終了」「否認」「保留」「保留解除」「差戻し」「引戻し」を行うことを許可します。
    • 備考

      特定業務代理設定の説明等を入力できます。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力できます。
    • 代理設定通知メール

      登録時に、特定業務代理設定を行ったことを通知するメールを代理先に送信します。メール定義で定義されている代理設定通知メールが送られます。
      チェックボックスをオンにすると、コメント記入欄が追加表示されます。メール本文に追記するコメントを入力します。
  5. 「登録」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_16.png
  6. 特定業務代理設定を登録することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_17.png

以上で特定業務代理設定が完了しました。

コラム

特定業務代理設定の表示条件指定
表示条件を指定することで、現在表示されている特定業務代理設定を、さらに絞り込んで表示させることができます。
  • <表示条件>を押下します。
    <表示条件>画面が表示されます。
    ../../_images/basic_guide_11_18.png
  • 代理先:代理先の対象を指定します。

    指定した対象が代理先である特定業務代理設定のみ表示します。 image_common_19 <検索>を押下すると、対象検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
    入力を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
  • フロー名:フロー名に対する検索条件を指定します。

    指定した内容が、特定業務代理設定のフロー名と部分一致するものを表示します。
  • 備考:備考に対する検索条件を指定します。

    指定した内容が、特定業務代理設定の備考の内容と部分一致するものを表示します。
  • 権限:権限「申請」「承認」を指定します。

    指定した権限が与えられている特定業務代理設定のみ表示します。指定したい権限のチェックボックスをオンにします。
  • [検索]ボタンを押下します。

    <代理先設定>画面で指定した「代理先」「基準日」に該当する特定業務代理設定を、表示条件でさらに絞り込んで表示します。

コラム

  • 特定業務代理設定は、登録した時点で即時に反映されます。

  • 代理の代理はできません。

  • ワークフロー管理者が、特定業務代理設定を表示した場合のみ、一覧画面で指定した代理元ユーザを画面上に表示します。

    ../../_images/basic_guide_11_19.png

4.4.5. 特定業務代理の設定内容を変更する

登録済みの特定業務代理設定の内容を変更することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「特定業務代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_20.png
  3. 対象の特定業務代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_21.png
  4. 設定内容を変更し、「更新」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_22.png
  5. 特定業務代理の設定内容を変更することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_23.png

4.4.6. 特定業務代理を削除する

登録済みの特定業務代理設定は、代理期間設定内であっても自由に削除することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「特定業務代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_24.png
  3. 対象の特定業務代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_25.png
  4. 「削除」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_26.png
  5. 特定業務代理の設定を削除することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_27.png

4.4.7. 権限代理を設定する

権限代理とは、申請または承認処理を別の利用者に代行してもらうことです。
ユーザ、組織、パブリックグループ、役職、役割での指定が可能で、全てのフローが対象です。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「権限代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_28.png
  3. 「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_29.png
  4. 権限代理設定情報を入力します。

    ../../_images/basic_guide_11_30.png
    • 代理元(必須)

      代理元ユーザの権限代理設定の対象とする所属組織やパブリックグループなどを指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、<代理元>画面がポップアップ表示されます。
      処理対象としたい項目の image_common_19 を押下すると、IM-共通マスタの検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
      • 対象種別:選択した対象の対象種別が表示されます。
      • 対象名:選択した対象の対象名が表示されます。
      指定した対象に属するユーザを確認したい場合は、 image_common_35 <状況確認>を押下します。
    • 代理先(必須)

      代理先となる対象を指定します。 image_common_19 <検索>を押下すると、<代理先>画面がポップアップ表示されます。
      処理対象としたい項目の image_common_19 を押下すると、IM-共通マスタの検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
      • 対象種別:選択した対象の対象種別が表示されます。
      • 対象名:選択した対象の対象名が表示されます。
      指定した対象に属するユーザを確認したい場合は、 image_common_35 <状況確認>を押下します。
    • 代理期間(必須)

      権限代理設定が有効な期間を設定します。終了日の指定も必須です。
      image_common_44 を押下して表示されるカレンダーから、日付を選択します。
    • 委譲する権限(必須)

      代理先に委譲する権限を設定します。
      • 申請

        代理元に代わり、案件の「申請」「再申請」「引戻し」「取止め」を行うことを許可します。
      • 承認

        代理元に代わり、案件の「承認」「承認終了」「否認」「保留」「保留解除」「差戻し」「引戻し」を行うことを許可します。
    • 備考

      権限代理設定の説明等を入力できます。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力できます。
    • 代理設定通知メール

      登録時に、特定業務代理設定を行ったことを通知するメールを代理先に送信します。メール定義で定義されている代理設定通知メールが送られます。
      チェックボックスをオンにすると、コメント記入欄が追加表示されます。メール本文に追記するコメントを入力します。
  5. 「登録」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_31.png
  6. 代理設定を登録することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_32.png

以上で権限代理の登録が完了しました。

コラム

権限代理設定の表示条件指定
表示条件を指定することで、現在表示されている権限代理設定を、さらに絞り込んで表示させることができます。
  • <表示条件>を押下します。
    <表示条件>画面が表示されます。
    ../../_images/basic_guide_11_33.png
  • 代理元:代理元の対象を指定します。

    指定した対象が代理元である権限代理設定のみ表示します。 image_common_19 <検索>を押下すると、対象検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
    入力を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
  • 代理先:代理先の対象を指定します。

    指定した対象が代理先である権限代理設定のみ表示します。 image_common_19 <検索>を押下すると、対象検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
    入力を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
  • 備考:備考に対する検索条件を指定します。

    指定した内容が、権限代理設定の備考の内容と部分一致するものを表示します。
  • 権限:権限「申請」「承認」を指定します。

    指定した権限が与えられている権限代理設定のみ表示します。指定したい権限のチェックボックスをオンにします。
  • [検索]ボタンを押下します。

    <代理先設定>画面で指定した「代理先」「基準日」に該当する権限代理設定を、表示条件でさらに絞り込んで表示します。

コラム

  • 権限代理設定は、登録した時点で即時に反映されます。

  • ワークフロー管理者が、権限代理設定を表示した場合のみ、一覧画面で指定した代理元ユーザを画面上に表示します。

    ../../_images/basic_guide_11_34.png

4.4.8. 権限代理の設定内容を変更する

登録済みの権限代理設定の内容を変更することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「権限代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_35.png
  3. 対象の権限代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_36.png
  4. 設定内容を変更し、「更新」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_37.png
  5. 権限代理の設定内容を変更することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_38.png

4.4.9. 権限代理を削除する

登録済みの権限代理設定は、代理期間設定内であっても自由に削除することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理先設定」をクリックします。

  2. 「権限代理」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_39.png
  3. 対象の代理設定で image_common_62 をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_40.png
  4. 「削除」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_11_41.png
  5. 権限代理の設定を削除することができました。

    ../../_images/basic_guide_11_42.png

4.4.10. 代理元を確認する

利用者本人を代理先と指定している代理設定・特定業務代理設定がある場合、その代理元を確認することができます。
ワークフローシステム管理者と、代理設定権限者は、本人以外の第三者の代理元を確認することができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「代理設定」→「代理元確認」をクリックします。

  2. 利用者本人以外のユーザから設定されている代理情報を確認できます。

    ../../_images/basic_guide_11_43.png

コラム

代理・特定業務代理・権限代理の代理元確認の表示条件指定
表示条件を指定することで、現在表示されている代理元一覧を、さらに絞り込んで表示させることができます。
  • <表示条件>を押下します。
    <表示条件>画面が表示されます。
    ../../_images/basic_guide_11_44.png
  • 代理元:代理元の対象を指定します。

    指定した対象が代理元である代理設定・特定業務代理・権限代理のみ表示します。 image_common_19 <検索>を押下すると、対象検索画面が表示されますので、指定したい対象を選択します。
    入力を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
  • フロー名:フロー名に対する検索条件を指定します。(特定業務代理のみ)

    指定した内容が、特定業務代理設定のフロー名と部分一致するものを表示します。
  • 権限:権限「申請」「承認」を指定します。

    指定した権限が与えられている代理設定・特定業務代理・権限代理のみ表示します。指定したい権限のチェックボックスをオンにします。
  • [検索]ボタンを押下します。

    <代理元確認>画面で指定した「代理先」「基準日」に該当する代理設定・特定業務代理・権限代理を、表示条件でさらに絞り込んで表示します。

コラム

代理設定の使用可否設定
[ワークフローパラメータ]で設定ファイルを編集することで、代理設定機能の使用可否を設定することができます。
※代理設定、ワークフローパラメータの詳細は、別紙「 IM-Workflow 仕様書 」を参照してください。

コラム

基準日の変更
<代理先設定>画面で、基準日を変更すると、その基準日が代理期間内である代理設定・特定業務代理設定・権限代理設定のみ表示することができます。
  • 画面上部の「基準日」の image_common_44 を押下します。
    <カレンダー>がポップアップ表示されます。
  • 指定したい日付を押下します。
    指定した基準日が代理期間内である代理設定・特定業務代理設定・権限代理設定のみ表示されます。

4.4.11. 代理管理者を設定する

代理管理者設定では、ワークフロー利用者に代理設定の権限を付与します。
代理設定権限を持つ利用者は、代理元本人の代わりに代理設定ができます。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「権限者設定」→「代理管理者設定」をクリックします。

    コラム

    代理管理者の権限者確認
    代理管理者として設定した対象のユーザを確認できます。
    <代理管理者設定>画面で、代理管理者一覧の権限者確認欄に表示されている image_common_35 <権限者確認>を押下します。
    <権限者確認>画面がポップアップ表示され、選択した行の代理管理者設定の対象となるユーザが表示されます。
  2. 「検索」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_10_61.png
  3. 代理管理者を選択します。

    ../../_images/basic_guide_10_71.png
  4. 「更新」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_10_81.png
  5. 代理管理者設定を登録することができました。

    ../../_images/basic_guide_10_91.png

以上で代理管理者の設定が完了しました。

コラム

  • 代理管理者設定を解除したい場合は、その設定が表示されている一覧の解除欄の image_common_39 を押下します。