intra-mart Accel Platform IM-Workflow 管理者操作ガイド 第21版 2019-12-01

4.15. ポートレットを設定する

IM-Workflow のポートレットを利用することにより、ポータル上で下記の操作を行えます。
  • 処理待ちタスクの総件数の確認
  • 案件の申請、処理、および確認の実行
利用可能なポートレットは次のとおりです。
名称 概要
タスク通知ポートレット 処理待ちタスクの総数を待ち状態ごとに確認できます。
申請一覧ポートレット 特定フローグループ配下の申請可能なフローを一覧表示できます。
未処理タスク一覧ポートレット 特定フローグループ配下の処理待ち状態のタスクを一覧表示できます。
未確認案件一覧(未完了案件)ポートレット 特定フローグループ配下の確認待ち状態の未完了案件を一覧表示できます。
未確認案件一覧(完了案件)ポートレット 特定フローグループ配下の確認待ち状態の完了案件を一覧表示できます。
申請ポートレット すべての申請可能なフローを一覧表示できます。
新着処理ポートレット すべての処理待ち状態のタスクを一覧表示できます。
ここからは、個々のポートレットの特徴を、製品が推奨するポータル設定を交えて紹介します。
配置先のポータルはあくまで例ですので、運用に応じて設定を検討してください。
なお、ポートレットおよびポータルの具体的な設定方法については「 ポータル 管理者操作ガイド 」を参照してください。

4.15.1. グループポータルを設定する

部門ごとのポータルを用意し、それぞれに関連のあるフローや処理待ちのタスクのみを表示できます。
関連情報の絞り込みはフローグループを利用することで実現します。
グループポータルを設定するうえで有用なポートレットを紹介します。

4.15.1.1. タスク通知ポートレット

../../_images/apply_guide_6_1.png
ログインユーザが抱える処理待ちタスクの総数を、待ち状態ごとに確認可能なポートレットです。
待ち状態を表すタイルをクリックすることで、案件一覧画面に遷移し、対応する情報を一覧表示できます。
表示対象のタスク(案件)の状態は次のとおりです。
  • 一時保存
  • 未処理
  • 未確認(未完了案件)
  • 未確認(完了案件)
ポートレットの設定方法は次のとおりです。
ポートレット名 非同期ページポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: タスク通知
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
URL im_workflow/iframe-components/task-notifications

コラム

表示対象のタスク(案件)の状態それぞれの表示有無および表示順序は、ワークフローパラメータで制御できます。
制御用のパラメータは「「案件一覧」で利用するタスクステータス」です。
当該パラメータの詳細に関しては次のドキュメントを参照してください。

4.15.1.2. 申請一覧ポートレット

../../_images/apply_guide_6_2.png
申請可能なフローを一覧表示するポートレットです。
特定のフローグループ配下の情報のみを表示します。
次の操作を行えます。
  • フロー情報の参照
  • 案件の申請
  • 申請一覧画面への遷移
当ポートレットの表示情報は一覧表示パターン定義による制御を受けません。
一覧情報は「フロー名」の昇順で初期表示します。
一覧表示する情報の検索条件はフローグループのみです。
ポートレットの設定方法は次のとおりです。
ポートレット名 非同期ページポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 申請一覧(フローグループA)
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
URL
im_workflow/iframe-components/applications/group/%表示対象のフローグループID%
例: im_workflow/iframe-components/applications/group/flow-group-A

コラム

一覧表示する情報のソート条件をブラウザのローカルストレージに保存します。
保存済みのソート条件が存在する場合、ソート条件を復元して初期表示します。
保存はフローグループ単位で行います。

4.15.1.3. 未処理タスク一覧ポートレット

../../_images/apply_guide_6_3.png
処理待ち状態のタスクを一覧表示するポートレットです。
特定のフローグループ配下の情報のみを表示します。
次の操作を行えます。
  • 案件情報の参照
  • 案件に対する処理
  • 案件一覧画面への遷移
一覧表示する項目や初期ソート順序は、表示対象のフローグループに関連する一覧表示パターン定義の設定に準拠します。
一覧表示する情報の検索条件はフローグループのみです。一覧表示パターン定義の「初期検索条件」は適用しません。
ポートレットの設定方法は次のとおりです。
ポートレット名 非同期ページポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 未処理タスク一覧(フローグループA)
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
URL
im_workflow/iframe-components/tasks/status/active-matter-tasks/group/%表示対象のフローグループID%
例: im_workflow/iframe-components/tasks/status/active-matter-tasks/group/flow-group-A

コラム

一度に取得するタスク数を制御できます。
任意の件数に変更する場合は、ポートレットの「ページ引数」を次の形式で設定してください。
  • fetch=n
n には 1 以上の整数を指定してください。(設定例: fetch=15
未指定の場合は 30 件で動作します。

コラム

一覧表示する情報のソート条件をブラウザのローカルストレージに保存します。
保存済みのソート条件が存在する場合、ソート条件を復元して初期表示します。
保存はフローグループ単位で行います。

コラム

「振替」処理は実行できません。必要に応じて「案件一覧」画面を利用してください。

4.15.1.4. 未確認案件一覧(未完了案件)ポートレット

../../_images/apply_guide_6_4.png
確認待ち状態の未完了案件を一覧表示するポートレットです。
特定のフローグループ配下の情報のみを表示します。
次の操作を行えます。
  • 案件情報の参照
  • 案件に対する確認処理
  • 案件一覧画面への遷移
一覧表示する項目や初期ソート順序は、表示対象のフローグループに関連する一覧表示パターン定義の設定に準拠します。
一覧表示する情報の検索条件はフローグループのみです。一覧表示パターン定義の「初期検索条件」は適用しません。
ポートレットの設定方法は次のとおりです。
ポートレット名 非同期ページポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 未確認案件一覧(未完了案件)(フローグループA)
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
URL
im_workflow/iframe-components/tasks/status/active-matters-unconfirmed/group/%表示対象のフローグループID%
例: im_workflow/iframe-components/tasks/status/active-matters-unconfirmed/group/flow-group-A

コラム

一度に取得する案件数を制御できます。
任意の件数に変更する場合は、ポートレットの「ページ引数」を次の形式で設定してください。
  • fetch=n
n には 1 以上の整数を指定してください。(設定例: fetch=15
未指定の場合は 30 件で動作します。

コラム

一覧表示する情報のソート条件をブラウザのローカルストレージに保存します。
保存済みのソート条件が存在する場合、ソート条件を復元して初期表示します。
保存はフローグループ単位で行います。

4.15.1.5. 未確認案件一覧(完了案件)ポートレット

../../_images/apply_guide_6_5.png
確認待ち状態の完了案件を一覧表示するポートレットです。
特定のフローグループ配下の情報のみを表示します。
次の操作を行えます。
  • 案件情報の参照
  • 案件に対する確認処理
  • 案件一覧画面への遷移
一覧表示する項目や初期ソート順序は、表示対象のフローグループに関連する一覧表示パターン定義の設定に準拠します。
一覧表示する情報の検索条件はフローグループのみです。一覧表示パターン定義の「初期検索条件」は適用しません。
ポートレットの設定方法は次のとおりです。
ポートレット名 非同期ページポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 未確認案件一覧(完了案件)(フローグループA)
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
URL
im_workflow/iframe-components/tasks/status/completed-matters-unconfirmed/group/%表示対象のフローグループID%
例: im_workflow/iframe-components/tasks/status/completed-matters-unconfirmed/group/flow-group-A

コラム

一度に取得する案件数を制御できます。
任意の件数に変更する場合は、ポートレットの「ページ引数」を次の形式で設定してください。
  • fetch=n
n には 1 以上の整数を指定してください。(設定例: fetch=15
未指定の場合は 30 件で動作します。

コラム

一覧表示する情報のソート条件をブラウザのローカルストレージに保存します。
保存済みのソート条件が存在する場合、ソート条件を復元して初期表示します。
保存はフローグループ単位で行います。

4.15.2. ユーザポータル向けポートレットを設定する

一般ユーザが作成する「ユーザポータル」に主に配置されることを想定したポートレットを紹介します。

4.15.2.1. 申請ポートレット

../../_images/apply_guide_6_6.png
すべての申請可能なフローを一覧表示するポートレットです。
次の操作を行えます。
  • フロー情報の参照
  • 案件の申請
  • 申請一覧画面への遷移
当ポートレットの表示情報は一覧表示パターン定義による制御を受けません。
一覧情報は「フロー名」の昇順で初期表示します。
当ポートレットはテナント環境セットアップで登録されます。
そのため、利用にあたってポートレットの新規設定は不要です。
ポートレットを削除してしまった場合は、次の設定で新規登録してください。
ポートレット名 スクリプト開発モデルポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 申請ポートレット
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
ページパス /im_workflow_portlet/user/apply/apply_list

コラム

当ポートレットから申請画面に遷移した後、申請画面から戻る、または申請処理を行って次の画面に遷移をする際、遷移先画面は次の機構によって決定します。
結果としては、遷移元であるホーム画面やポータル画面ではなく、申請一覧画面に遷移します。
2019 Summer(Waltz) より、上述の操作後の遷移先を、本来の遷移元であるホーム画面やポータル画面に切り替えられます。
この動作に切り替える場合は、ポートレットの「ページ引数」に次の値を設定してください。
  • return=current

4.15.2.2. 新着処理ポートレット

../../_images/apply_guide_6_7.png
すべての処理待ち状態のタスクを一覧表示するポートレットです。
次の操作を行えます。
  • 案件情報の参照
  • 案件に対する処理
  • 案件一覧画面への遷移
当ポートレットの表示情報は一覧表示パターン定義による制御を受けません。
一覧情報は「到達日」の降順で初期表示します。
当ポートレットはテナント環境セットアップで登録されます。
そのため、利用にあたってポートレットの新規設定は不要です。
ポートレットを削除してしまった場合は、次の設定で新規登録してください。
ポートレット名 スクリプト開発モデルポートレット
名称
[任意の名称を設定してください]
例: 新着処理ポートレット
アプリケーション
[任意の名称を設定してください]
例: IM-Workflow
ページパス /im_workflow_portlet/user/process/process_list

コラム

当ポートレットから処理画面に遷移した後、処理画面から戻る、または案件処理を行って次の画面に遷移をする際、遷移先画面は次の機構によって決定します。
結果としては、遷移元であるホーム画面やポータル画面ではなく、未処理一覧画面や案件一覧画面に遷移します。
2019 Summer(Waltz) より、上述の操作後の遷移先を、本来の遷移元であるホーム画面やポータル画面に切り替えられます。
この動作に切り替える場合は、ポートレットの「ページ引数」に次の値を設定してください。
  • return=current