intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner チュートリアルガイド 第7版 2018-04-01

5.4.3.1. ユーザ定義(SQL)

ユーザ定義(SQL)とは、SQLを利用してタスクの処理内容を定義することが可能なユーザ定義の一つです。
タスクの入力値と2Way-SQLを組み合わせた柔軟な処理定義が行え、出力値として実行結果を返します。

コラム

2Way-SQLとは

ユーザ定義(SQL)では、2Way-SQLに対応しています。
2Way-SQLとはコメントとしてマッピングを定義することで、コメント内の定義情報を元としたプログラムで利用するテンプレートとしての利用、および、SQL*Plusなどのツールで実行の双方を両立したSQL文です。
2Way-SQLの詳細は以下をリンクを参照してください。

5.4.3.1.1. データベース種別とクエリ種別

ユーザ定義(SQL)では、以下のデータベースへの問い合わせをサポートしています。
  • テナントデータベース
  • シェアードデータベース
また、クエリの種別として以下の構文をサポートしています。
  • SELECT
  • INSERT
  • UPDATE
  • DELETE
それぞれの定義方法については、次章以降の各構文に対応するチュートリアルを参照してください。

5.4.3.1.2. ユーザ定義(SQL)作成画面への遷移手順

ユーザ定義(SQL)作成画面へは、ユーザ定義一覧画面から遷移します。
  1. 「サイトマップ」- 「LogicDesigner」-「ユーザ定義一覧」から、ユーザ定義一覧を開きます。

  2. 画面上部のヘッダー内、「SQL定義新規作成」をクリックします。

    ../../../../_images/create_user_definition_sql1.png

    図:ユーザ定義一覧 - SQL定義新規作成

  3. 「SQL定義編集」画面が表示されます。

    ../../../../_images/create_user_definition_sql2.png

    図:SQL定義編集画面