intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner仕様書 第13版 2019-08-01

4.4. フロートリガ

フロートリガの構成要素と、動作仕様について説明します。

4.4.1. 概要

フロートリガでは、以下の情報を保持しています。

  • フロー定義ID
  • フローバージョン
  • 発生条件
  • トリガの状態 (有効 / 無効)
  • データマッピング

コラム

フロートリガ情報は、紐づくフロー定義とそのバージョンが削除された場合に一緒に削除されます。

フロートリガは設定された発生条件の操作が行われた際にロジックフローを実行するための設定です。

4.4.2. 発生条件

ロジックフローを実行する契機となる操作です。
発生条件に指定された操作を行った際に IM-Propagation を利用してデータを受信しロジックフローを実行します。
IM-Propagation の詳細は「IM-Propagation 仕様書」を参照してください。

4.4.3. トリガの状態 (有効 / 無効)

フロートリガは必要に応じてトリガの状態を変更することができます。
トリガの状態を「無効」にすることで、発生条件に指定した操作が行われてもロジックフローを実行しないようにすることができます。

4.4.4. データマッピング

実行するロジックフローの入力値として受け渡すデータのマッピング設定情報です。
マッピング設定を元にフロートリガが受信したデータからロジックフローに受け渡す入力値を生成します。
マッピングルールについては、「マッピング」を参照してください。

コラム

フロートリガにおけるマッピングのデバッグ機能では、使用可能な入出力値を決定するために、ロジックフローと発生条件を使用します。