intra-mart Accel Platform IM-LogicDesigner仕様書 第13版 2019-08-01

5.1.1. マッピングパターン

5.1.1.1. シンプルなマッピング

../../../_images/01.png
string1からstring4へ値の受け渡しが行われます。

5.1.1.2. 型変換が行われるマッピング

../../../_images/02.png
string1からinteger6へ値の受け渡しが行われます。
integer6までの階層として含まれるobject4, object5のインスタンスは自動的に生成されます。

5.1.1.3. 配列に対するマッピング

../../../_images/03.png
string1からinteger6へ値の受け渡しが行われます。
integer6までの階層として含まれるobject4, object5は配列要素です、これらの配列要素は0番目の要素が自動的に生成されます。

5.1.1.4. 配列からのマッピング

../../../_images/04.png
string3からstring4へ値の受け渡しが行われます。
string3までの階層として含まれるobject1, object2は配列要素です、string4は単一の要素であるため、object1, object2は配列要素の0番目の要素が利用されます。

5.1.1.5. 配列から配列へのマッピング

../../../_images/07.png
string3からstring6へ値の受け渡しが行われます。
object1, object2と、object4, object5は配列要素です、左右の配列要素の数が一致しているため、それぞれ同じ要素数が作成されます。

5.1.1.6. 配列から配列へのマッピングおよび型変換

../../../_images/05.png
date3からstring5へ値の受け渡しが行われます。
date3とstring5は、データ型が違うため変換が行われます、dateからstringへの変換はISO8601形式の日付フォーマットに変換が行われます。
object1, object2と、object4は配列要素です、左右の配列要素の数が一致していないため、object1は配列要素の0番目の要素が利用されます。

5.1.1.7. 配列から配列へのマッピングおよび、単一のマッピング

../../../_images/06.png
date3からstring5へ値の受け渡しが行われます。
date3とstring5は、データ型が違うため変換が行われます、dateからstringへの変換はISO8601形式の日付フォーマットに変換が行われます。
object1, object2と、object4は配列要素です、左右の配列要素の数が一致していないため、object1は配列要素の0番目の要素が利用されます。
constant1には配列要素が含まれていないため、最後にマッピング処理が動きます。
constant1には配列要素が含まれないため、object4配列に含まれる全てのinteger5に対して値の代入が行われます。

5.1.1.8. 配列から配列へのマッピングおよび、値自体が配列の場合

../../../_images/08.png
string3からstring6へ値の受け渡しが行われます。
object1, object2と、object4, object5は配列要素です、左右の配列要素の数が一致しているため、それぞれ同じ要素数が作成されます。
string3, string6も同様に配列要素のため、そのまま値の代入が行われます。

5.1.1.9. 配列から配列へのマッピングおよび、配列の値から単一の値へのマッピング

../../../_images/09.png
string3からstring6へ値の受け渡しが行われます。
object1, object2と、object4, object5は配列要素です、左右の配列要素の数が一致しているため、それぞれ同じ要素数が作成されます。
string3が配列, string6は単一の値です、そのためstring3の0番目の要素がstring6へ代入されます。

5.1.1.10. 総素数の違う配列のマッピング

../../../_images/10.png
string3からstring5へ値の受け渡しが行われます。
object1, object2と、object4は配列要素です、左右の配列要素の数が一致していないため、object1は0番目の要素が利用されます。
また、string3が配列, string5は単一の値です、そのためstring3の0番目の要素がstring5へ代入されます。

5.1.1.11. 関数を含むマッピング

../../../_images/12.png
string1とinteger1を加算します、加算した結果をinteger4へ格納します。
string1は文字列であるため、数値への変換が行われます。

5.1.1.12. 配列要素と関数を含むマッピング

../../../_images/13.png
string2とinteger2を加算します、加算した結果をinteger5へ格納します。
string2は文字列であるため、数値への変換が行われます。
object1は配列要素であるため、object1の要素数分関数の呼び出し、integer5への格納が行われます。
integer5はobject4配列の子要素です。object4はobject1の要素数と同じ数の要素が生成されます。

5.1.1.13. 異なる配列要素と関数を含むマッピング

../../../_images/11.png
integer2とinteger3を加算します、加算した結果をinteger6へ格納します。
integer2とinteger3はそれぞれ親配列要素の数が一致していません、配列要素を含む階層が深いinteger3の階層が優先して利用されます。
integer2とinteger3の親配列要素を組み合わせた回数分関数の呼び出しが行われ、integer6へ格納されます。
優先して利用されるinteger3までの配列要素数と、integer6までの配列要素数が同じであるため、object4, object5は、object1, object2と同じ要素数が生成されます。