intra-mart Accel Platform 2019 Summer(Waltz) リリースノート 第2版 2019-09-30

9.1.3. Oracle WebLogic Server

9.1.3.1. Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) でアプリケーション停止時にデータベースエラーが発生する場合があります。

  • Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) ではアプリケーションの停止時にデータソースが参照できない不具合があるため、
    intra-mart Accel Platform を停止する際にデータベースエラーが発生する場合があります。

    アプリケーション停止時にデータベースエラーが発生した場合でもシステムに影響はありません。

9.1.3.2. Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) では、システムデータベースとテナントデータベースは同一のデータベースを指定してください。

  • システムデータソースおよびテナントデータソースをそれぞれ違う接続先に設定(スキーマを分ける等)した場合に例外が発生します。
    2Phase Commitによる制御が必要です。

    現時点でアプリケーションサーバに Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) を利用する場合、XAデータソースを利用する検証を行っておりません。

9.1.3.3. Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) で作成できるテナントは1つです。

  • Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) ではバーチャルテナントによる複数テナントを作成する事はできません。

9.1.3.4. Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) 環境において標準の設定ではBasic認証でアクセスできません。

  • Basic認証を行うためには以下の回避策があります。

    ・ Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) のセキュリティ・レルムにIMのアカウント・パスワード情報を登録する
    ・enforce-valid-basic-auth-credentials 設定を false にする
    この設定により、 Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) 側でBasic認証を要求しないようにできます。