intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第24版 2019-12-01

レスポンスヘッダ設定

概要

レスポンスヘッダの設定です。
レスポンスに任意のヘッダを追加する機能を提供します。

モジュール Webモジュール
フォーマットファイル(xsd) WEB-INF/schema/response-header-config.xsd
設定場所 WEB-INF/conf/response-header-config/default.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<response-header-config
 xmlns="http://intra-mart.co.jp/system/servlet/filter/xml/response_header/response-header-config"
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
   xsi:schemaLocation="http://intra-mart.co.jp/system/servlet/filter/xml/response_header/response-header-config response-header-config.xsd ">
   <!-- Avoid IE Content Sniffing XSS Attacks -->
   <!--
   <static-response-header name="X-Content-Type-Options" value="nosniff"/>
   -->
</response-header-config>

リファレンス

静的なヘッダの指定

タグ名 static-response-header
静的なレスポンスヘッダを指定します。

【設定項目】

<response-header-config>

   <static-response-header name="X-Content-Type-Options" value="nosniff"/>

</response-header-config>

必須項目 ×
複数設定
設定値・設定する内容 静的なレスポンスヘッダを設定します。
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ response-header-config

【属性】

属性名 説明 必須 デフォルト値
name ヘッダ名です。 なし
value ヘッダ値です。 なし
type ヘッダ値の型です。text, int, date のいずれかを指定します。 × text
format type 属性に date を指定した際、value を解析するためのフォーマットを指定します。format に何も指定しない場合、date の value は long を指定します。 × なし
useAddHeader ヘッダを追加するかどうかのフラグです。デフォルトは同じ名前が指定された場合、値を上書きします。 × false

動的なヘッダの指定

タグ名 dynamic-response-header
動的なレスポンスヘッダを指定します。

【設定項目】

<response-header-config>

   <dynamic-response-header name="X-Dynamic-Sample" class="jp.co.intra_mart.sample.DynamicResponseHeader"/>

</response-header-config>

必須項目 ×
複数設定
設定値・設定する内容 動的なレスポンスヘッダを設定します。
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ response-header-config

【属性】

属性名 説明 必須 デフォルト値
name ヘッダ名です。 なし
class ヘッダ値を返すJavaのクラス名です。jp.co.intra_mart.system.servlet.filter.ResponseHeaderDecorator を実装したクラスを指定してください。 なし
type ヘッダ値の型です。text, int, date のいずれかを指定します。 × text
useAddHeader ヘッダを追加するかどうかのフラグです。デフォルトは同じ名前が指定された場合、値を上書きします。 × false