intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第23版 2019-08-01

クライアントタイプマスタ

概要

クライアントタイプを使用するための設定を行います。

モジュール マルチデバイス
フォーマットファイル(xsd) WEB-INF/schema/client-type-config.xsd
設定場所 WEB-INF/conf/client-type-config/{任意のファイル名}.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<client-type-config
    xmlns="http://intra-mart.co.jp/system/multi_device/client_type/config/client-type-config"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://intra_mart.co.jp/system/multi_device/client_type/config/client-type-config ../schema/client-type-config.xsd ">
  <client-type-info class="jp.co.intra_mart.system.multi_device.client_type.ClientTypePC" default="true" />
</client-type-config>

リファレンス

クライアントタイプの設定

タグ名 client-type-info
intra-mart Accel Platformで使用できるクライアントタイプを定義します。

【設定項目】

<client-type-config>
  <client-type-info class="jp.co.intra_mart.system.multi_device.client_type.ClientTypePC" default="true" />
</client-type-config>

必須項目
複数設定
設定値・設定する内容 なし
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ client-type-config

【属性】

属性名 説明 必須 デフォルト値
class Javaインタフェース jp.co.intra_mart.foundation.multi_device.client_type.ClientType を実装したクラスのFQDNを指定します。 なし
default このクライアントタイプをシステム・デフォルトのクライアントタイプとして扱います。 × false

注意

default=”true” のクライアントタイプ設定が複数ある場合、設定ファイルの先頭から検査して、初めに default=”true” が検知されたクライアントタイプがシステム・デフォルトとして扱われます。
default=”true” のクライアントタイプが見つからない場合、設定ファイルで先頭のクライアントタイプがシステム・デフォルトとして扱われます。