intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第24版 2019-12-01

データソースマッピング設定

概要

intra-mart Accel Platform で利用するデータベースと Web Application Server に設定されているデータソースを関連付けます。

モジュール データベースアクセスモジュール
フォーマットファイル(xsd) WEB-INF/schema/data-source-mapping-config.xsd
設定場所 WEB-INF/conf/data-source-mapping-config.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<data-source-mapping-config xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xmlns="http://intra-mart.co.jp/system/database/config/data-source-mapping-config"
    xsi:schemaLocation="http://intra-mart.co.jp/system/database/config/data-source-mapping-config ../schema/data-source-mapping-config.xsd ">
  <system-data-source>
    <resource-ref-name>java:comp/env/jdbc/default</resource-ref-name>
    <database-name>oracle</database-name>
  </system-data-source>
  <shared-data-source>
    <connect-id>default</connect-id>
    <resource-ref-name>java:comp/env/jdbc/default</resource-ref-name>
  </shared-data-source>
  <tenant-data-source>
    <tenant-id>default</tenant-id>
    <resource-ref-name>java:comp/env/jdbc/default</resource-ref-name>
  </tenant-data-source>
</data-source-mapping-config>

リファレンス

システムデータベース設定

タグ名 system-data-source
システムデータベースとして利用するデータソースを設定します。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <system-data-source>
    <resource-ref-name>xxxxxxxxxxxxxx</resource-ref-name>
    <database-name>xxxxxxxxxxxxxx</database-name>
  </system-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目
複数設定 ×
設定値・設定する内容
resource-ref-name システムデータベースとして利用するデータソースのリソース参照名
database-name 接続データベースの種類
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ data-source-mapping-config

シェアードデータベース設定

タグ名 shared-data-source
シェアードデータベースとして利用するデータソースを設定します。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <shared-data-source>
    <connect-id>xxxxxxxxxxxxxx</connect-id>
    <resource-ref-name>xxxxxxxxxxxxxx</resource-ref-name>
    <database-name>xxxxxxxxxxxxxx</database-name>
  </shared-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目 ×
複数設定
設定値・設定する内容
connect-id シェアードデータベースの接続ID
resource-ref-name シェアードデータベースとして利用するデータソースのリソース参照名
database-name 接続データベースの種類
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ data-source-mapping-config

テナントデータベース設定

タグ名 tenant-data-source
テナントデータベースとして利用するデータソースを設定します。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <tenant-data-source>
    <tenant-id>xxxxxxxxxxxxxx</tenant-id>
    <resource-ref-name>xxxxxxxxxxxxxx</resource-ref-name>
    <database-name>xxxxxxxxxxxxxx</database-name>
  </tenant-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目 ×
複数設定
設定値・設定する内容
tenant-id このデータベース設定を利用するテナントのテナントID
resource-ref-name テナントデータベースとして利用するデータソースのリソース参照名
database-name 接続データベースの種類
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ data-source-mapping-config

リソース参照名

タグ名 resource-ref-name
Web Application Server に設定されているリソース参照名を指定する項目です。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <system-data-source>
    <resource-ref-name>xxxxxxxxxxxxxx</resource-ref-name>
  </system-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目
複数設定 ×
設定値・設定する内容 intra-mart Accel Platform で利用するデータソースのリソース参照名
単位・型 文字列 (java:comp/env/xxxxx)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ system-data-source, shared-data-source, tenant-data-source

データベース種別

タグ名 database-name
接続先データベースの種別を指定する項目です。
この項目が指定されていない場合は、データベースの種別は接続先データベースのメタデータより自動的に判別されます。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <system-data-source>
    <database-name>xxxxxxxxxxxxxx</database-name>
  </system-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目 ×
複数設定 ×
設定値・設定する内容 接続先データベースの種類
単位・型 文字列 (oracle, sql server, postgresql)
省略時のデフォルト値 接続先データベースのデータベース種別にあわせて自動的に判別されます。
親タグ system-data-source, shared-data-source, tenant-data-source

注意

指定されたデータベースの種別と接続先データベースの種別が異なる場合、予期しないエラーが発生する可能性があるので注意してください。

シェアードデータベース接続ID

タグ名 connect-id
シェアードデータベースの接続IDを指定する項目です。
接続IDには各シェアードデータベース毎の一意のIDを設定してください。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <shared-data-source>
    <connect-id>xxxxxxxxxxxxxx</connect-id>
  </shared-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目
複数設定 ×
設定値・設定する内容 シェアードデータベースの接続ID
単位・型 文字列 (xxxxxxxxxxxxxx)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ shared-data-source

テナントデータベース テナントID

タグ名 tenant-id
このデータベース設定を利用するテナントのテナントIDを指定する項目です。

【設定項目】

<data-source-mapping-config>
  <tenant-data-source>
    <tenant-id>xxxxxxxxxxxxxx</tenant-id>
  </tenant-data-source>
</data-source-mapping-config>

必須項目
複数設定 ×
設定値・設定する内容 テナントID
単位・型 文字列 (xxxxxxxxxxxxxx)
省略時のデフォルト値 なし
親タグ tenant-data-source