intra-mart Accel Documents インポート・エクスポートガイド 第4版 2016-08-01

はじめに

本書の目的

本書では、intra-mart Accel Documentsに登録されている対象データをエクスポートし、別のサーバのintra-mart Accel Documentsにインポートする方法を説明します。
インポートとエクスポートは、それぞれのサーバのintra-mart Accel Platformとintra-mart Accel Documentsを操作して行います。
intra-mart Accel Documentsのデータをインポート、エクスポートする前にお読みください。

コラム

インポートとエクスポートの対象データは、キャビネット、ドロワ、フォルダ、文書、ユーザ属性定義、セキュリティ定義、保管定義、一覧表示設定、クラス定義、タグ定義、モニタ定義、ポータル通知定義、メッセージカスタマイズ定義、公開文書情報、および操作履歴です。
対象データの詳細は、「データ」を参照してください。

対象読者

本書では、以下の利用者を対象としています。
  • intra-mart Accel Platformを理解している技術者
  • intra-mart Accel Documentsを理解している技術者
  • 以下の条件を満たす、intra-mart Accel Documentsのカスタマイズや設計、開発、および管理を行う技術者
    • XMLを理解している
    • intra-mart Accel Platformのテナント管理者権限、intra-mart Accel DocumentsのAccel Documents管理者権限を所有している
    • インポート先のintra-mart Accel Documentsが稼働しているサーバのドライブにアクセスできる権限を所有している

本書の構成

  • 概要
    インポート、エクスポートの概要、操作の流れ、用語について説明します。
  • エクスポートの操作
    エクスポートの操作について説明します。
  • インポートの操作
    インポートの操作について説明します。
  • エクスポートデータ
    エクスポートデータのフォルダ構成、CSVファイル、XMLファイルについて説明します。
  • 制限事項
    制限事項について説明します。
  • 付録
    インポート、エクスポートの対象データ、intra-mart Accel Platformでのジョブの作成、リカバー処理について説明します。またXMLスキーマを記載しています。