intra-mart Accel Archiver ユーザ操作ガイド 第9版 2019-12-01

4.9. ドキュメントを削除する

  1. 削除するドキュメントの「処理」をクリックし「削除」を選択します。

    ../../../_images/chapter_2_9_1.png

    注意

    ドキュメントを削除するには、「ドキュメント削除」権限が必要です。


  1. 「削除」ボタンをクリックします。

    ../../../_images/chapter_2_9_2.png

    コラム

    プロパティに「レビジョン・変更履歴」または「レビジョン・変更履歴・公開日・通知設定」が選択されている場合、削除理由を記載できます。
    ../../../_images/chapter_2_9_3.png

  1. 確認メッセージが表示されるので「決定」ボタンをクリックします。

    ../../../_images/chapter_2_9_4.png

    コラム

    ドキュメントを削除した際、結果は設定されているプロパティやドキュメントの状態により異なります。

    ・「レビジョン」関連のプロパティが設定されているドキュメント
    旧レビジョンのドキュメントとして扱われます。

    ・「ワークフロー連携」プロパティが設定されているドキュメント
    削除申請が承認されるとごみ箱に移動します。

    ・「レビジョン」関連+「ワークフロー連携」プロパティが同時に設定されているドキュメント
    削除申請が承認されると旧レビジョンのドキュメントとして扱われます。

    ・一時保存中のドキュメント
    完全削除されます。(ごみ箱には移動しません)

    ・上記に該当しないドキュメント
    ごみ箱へ移動します。

  1. ごみ箱へ移動されたドキュメントを完全に削除したい場合は、「処理」をクリックし「ごみ箱から削除する」を選択してください。

    ../../../_images/chapter_2_9_5.png

    コラム

    削除したドキュメントを復元したい場合は「ごみ箱から復元する」を選択してください。

    ../../../_images/chapter_2_9_6.png