intra-mart Accel Archiver ユーザ操作ガイド 第8版 2018-08-01

2.1.1. 用語の説明

  • ドキュメント

    本システムで管理する文書の総称で、コンテンツ情報(次項で説明)、および「文書名」など画面から入力する情報から構成されます。

  • コンテンツ

    ドキュメントの本文に相当する情報で「電子ファイル」と「コメント」から登録することができます。

  • フォルダ

    ドキュメントを分類する情報で、以下より構成されています。

    ・ドラフト
    一時保存中のドキュメントが格納されるフォルダです。
    ・ごみ箱
    削除されたドキュメントが格納されるフォルダです。
    ・キャビネット
    公開されたドキュメントが格納されるフォルダです。
  • プロパティ

    ドキュメントに付与する属性情報のことで、ドキュメントを作成する際にそのドキュメント独自の入力欄を設けたり、
    ワークフローなど他機能との連携機能を呼び出したりすることが出来るようになります。
    詳細は 「本ドキュメントのプロパティとは」を参照してください。
  • タスク

    ドキュメントに付与するタグ情報のことで、ドキュメント検索画面において検索条件として利用することができるようになります。
    一方で、フォルダにタスク情報を設定することで、配下に登録するドキュメントの作成状況を監視することができるようになります。
    タスク情報は以下の内容で構成されます。
    ・タスクタグ
    ドキュメントやフォルダに付与するタグ情報です。
    ・タスクグループ
    タスクタグをグループ化する情報です。
    詳細は 「本ドキュメントのタスクとは」を参照してください。
  • 通知日

    通知内容が「ポータル」「メール」「IMBox」へ掲載される日を示します。
  • 公開日

    本システムでドキュメントを作成後、他ユーザに閲覧できる状態となる日を示します。
    「レビジョン・変更履歴・公開日・通知設定」のプラグインをドキュメントに設定した際に有効となります。
  • 変更履歴

    ドキュメントに対し、各レビジョンごとの変更内容を管理する機能です。
    「レビジョン」関連のプラグインをドキュメントに付与した際に有効となります。