intra-mart IM-FormaDesigner / IM-BIS トラブルシューティング 第8版 2017-12-01

4.5. ログの内容について


4.5.1. ログに「既に他のユーザに更新されています。」と出力される

対象バージョン

  • IM-FormaDesigner Version 7.2 の場合

    • IM-FormaDesigner Version 7.2.0 ~ 最新バージョン
  • IM-FormaDesigner for Accel Platform の場合

    • IM-FormaDesigner for Accel Platform 2012 Autumn (8.0.1) ~ 最新バージョン
  • IM-BIS for Accel Platform の場合

    • IM-BIS for Accel Platform 2012 Winter (8.0.0) ~ 最新バージョン

現象

forma.logに以下の2つのようなエラーログが出力されます。
[jp.co.intra_mart.system.forma.javascript.api.ApplicationDataManagerObject] 既に他のユーザに更新されています。
jp.co.intra_mart.foundation.forma.exception.FormaExclusionException: 既に他のユーザに更新されています。
[ERROR] FR_LOG - [E.FORMA.COMMON.00146] 既に他のユーザに更新されています。
jp.co.intra_mart.foundation.forma.exception.FormaExclusionException: 既に他のユーザに更新されています。

条件

以下の例のように、同一の案件や登録データに対する処理を複数ユーザが同じタイミングで行う。
  • 同期開始ノードと同期終了ノードの間に配置された別々のノードでの承認処理
  • 縦配置ノードで設定された別々のノードでの承認処理
  • 分岐開始ノードと分岐終了ノードの間に配置された別々のノードでの承認処理
  • 複数ユーザによるアプリケーションの登録データの更新

コラム

本記事の「現象」のログが出力される操作については、以下の記事を確認してください。

以下のアプリケーション種別・BIS作成種類の場合に発生します。
  • アプリケーション種別「標準」
  • アプリケーション種別「IM-Workflow」
  • BIS作成種類「BISフロー」
  • BIS作成種類「ワークフロー」

原因

製品の仕様です。
変更された登録データや案件情報に対し、変更前の登録データや案件情報を使用して処理を行うことができないよう、 IM-FormaDesigner の製品内部で排他制御を行っています。

コラム

同一ノードに対して同時に処理を行った際は、以下のようなメッセージが画面上に表示されます。
処理画面の表示に失敗しました。
対象の案件が既に処理されたか、削除された、もしくは他ノードの非同期処理が実行中の可能性があるため、案件情報が取得できません。
当エラーメッセージが表示される場合、 IM-Workflow による排他制御が行われています。
排他制御は IM-Workflow 、 IM-FormaDesigner の順で行われます。

解決方法

ありません。

回避方法

処理対象の登録データや案件が処理された場合、一覧画面から再度処理を行ってください。

復旧方法

ありません。