IM-FormaDesigner for Accel Platform 作成者 操作ガイド 第24版 2019-08-01

7.3. ViewCreatorのリスト集計で利用できる外部ページへの連携

ViewCreatorのリスト集計で利用できる外部ページへの連携機能から、 IM-FormaDesigner で作成された標準アプリケーションの参照画面を表示させることができます。

例)【サンプル】備品管理(v8)の場合
../_images/vc_outside_link_1.png
データ参照設定の設定内容は以下の通りです。
  1. 「サイトマップ」→「ViewCreator」→「クエリ一覧」をクリックします。

  2. 「新規」をクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_2.png
  3. 対象のテーブルをドラッグ&ドロップします。

    ../_images/vc_outside_link_3.png
  4. カラム「imfr_sd_insert_id」をドラッグ&ドロップします。

    ../_images/vc_outside_link_4.png
  5. リストに追加したい項目を手順4と同様に追加し、「登録」をクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_5.png
  6. クエリが作成できました。

    ../_images/vc_outside_link_6.png
  7. 「リスト集計」のアイコンをクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_7.png
  8. カラム「imfr_sd_insert_id」のタイプを「プログラム」に変更します。

    ../_images/vc_outside_link_12.png
  9. 連携プログラムパスにリンクする IM-FormaDesigner の更新画面、または参照画面となるパスを入力し、「OK」をクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_13.png

    コラム

    • 更新画面の連携プログラムパス
      • forma/normal/view/edit_application_view/%アプリケーションID%
    • 参照画面の連携プログラムパス
      • forma/normal/view/refer_application_view/%アプリケーションID%
  10. カラム「imfr_sd_insert_id」に対するパラメータ名に小文字で「imfr_sd_insert_id(データベースのカラム名)」または「imfr_insert_id(リクエストのパラメータ名)」を設定してください。

    ../_images/vc_outside_link_14.png

    注意

    パラメータ名は大文字/小文字を区別します。
    データベースにOracleを利用している場合、カラム名に「IMFR_SD_INSERT_ID」と大文字に設定してください。
    そのため、必ずパラメータ名に小文字で「imfr_sd_insert_id」または「imfr_insert_id」を設定してください。
    ViewCreatorについての詳細は「 ViewCreator 管理者操作ガイド 」を参照してください。
  11. 「登録して一覧に戻る」をクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_15.png
  12. 対象データのリンクをクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_16.png

    注意

    • IM-FormaDesigner で作成された標準アプリケーションの参照画面を呼び出した際に、そのユーザが IM-FormaDesigner で管理されている参照権限がない場合、参照画面は表示されません。
    • 参照画面の「ボタン(戻る)」やヘッダの「戻る」(リンク)では、リスト集計画面には戻ることができません。
  13. リスト集計画面が表示されますので、「imfr_sd_insert_id」に設定されているリンクをクリックします。

    ../_images/vc_outside_link_17.png
  14. 連携の設定内容に基づいて IM-FormaDesigner の参照画面(更新画面)が表示されました。

    ../_images/vc_outside_link_18.png