IM-FormaDesigner for Accel Platform 作成者 操作ガイド 第24版 2019-08-01

7.4. ワークフローの申請書を再利用する

IM-FormaDesignerで作成したワークフロー連携アプリケーションは、WF申請書の再利用機能を利用すると、過去に申請済みの申請書をコピーして申請することができます。
「WF申請書再利用」一覧、「ボタン(コピー新規)」のいずれかの方法で、申請済みの申請書からコピーして申請できます。
仕様については、「 IM-FormaDesigner 仕様書 」 - 「 WF申請書再利用の仕様 」を参照してください。

7.4.1. 「WF申請書再利用」一覧による再利用

7.4.1.1. 申請書を再利用するための手順

  1. メニューから「Formaアプリ」→「WF申請書再利用」をクリックします。

  2. ユーザ自身が申請した申請書の一覧が表示されます。
    コピー対象の申請書の「申請」をクリックします。
    ../_images/use_of_recycle_list_1.png
  3. 選択した申請書の内容をコピーした申請書の画面が表示されます。
    必要に応じて項目の内容を変更します。
    ../_images/use_of_recycle_list_2.png
  4. 「申請」をクリックすると、ワークフローの申請画面が表示されます。
    必要事項を入力して申請します。
    ../_images/use_of_recycle_list_3.png
  5. 以上で、「WF申請書再利用」一覧による申請処理が完了しました。

    ../_images/use_of_recycle_list_4.png

7.4.1.2. WF申請書再利用の利用権限を付与するための手順

「WF申請書再利用」一覧からコピーして申請を行う場合には、「WF申請書再利用」一覧に対する認可設定が必要です。
以下の手順で、「WF申請書再利用」一覧に対する認可を設定してください。
  1. メニューから「テナント管理」→「認可」をクリックします。

  2. 「権限設定を開始する」をクリックします。

    ../_images/authz_1.png
  3. リソースから「画面・処理」→「Forma」→「Formaユーザ」→「WF申請再利用」を表示します。

    ../_images/authz_2.png
  4. 先に表示したリソースと権限を付与したい対象(ユーザ、ロールなど)の交差する場所をクリックし、認可を設定します。

    ../_images/authz_3.png
  5. 「権限設定を終了する」をクリックします。

    ../_images/authz_4.png

以上で、WF申請書再利用の利用権限を設定できました。

コラム

認可設定の詳細については、「 テナント管理者操作ガイド 」を参照してください。

7.4.2. 「ボタン(コピー新規)」による再利用

7.4.2.1. 申請書を再利用するための手順

  1. ユーザ自身が申請(代理申請を含む)した申請書から再利用する場合は「処理済」一覧を表示してください。
    他のユーザが申請した申請書から再利用する場合は「参照」一覧を表示してください。
  2. 一覧に表示された案件の「詳細」をクリックしてください。
    ../_images/use_of_recycle_button_1.png
  3. 選択した申請書の詳細画面で、「コピー新規」ボタンをクリックしてください。
    ../_images/use_of_recycle_button_2.png
  4. コピーして申請を行うための申請基準日や申請者を選択し、「決定」をクリックしてください。
    ../_images/use_of_recycle_button_3.png
  5. 詳細画面で表示した申請書の内容がコピーされた申請画面が表示されます。
    必要に応じて入力内容を変更し、「申請」をクリックしてください。
    ../_images/use_of_recycle_button_4.png
  6. 「申請」をクリックすると、ワークフローの申請画面が表示されますので、
    必要事項を入力して申請してください。
    ../_images/use_of_recycle_button_5.png
  7. 以上で、「ボタン(コピー新規)」による申請処理が完了しました。

7.4.2.2. 「ボタン(コピー新規)」による再利用を設定するための手順

「ボタン(コピー新規)」を利用した再利用の申請を行うためには、以下の設定を行ってください。

フォームへのボタンの配置

  1. 「ボタン(コピー新規)」の利用対象のフローのフォーム編集画面を表示してください。

    ../_images/setting_recycle_button_1.png
  2. ツールキットから「ボタン(コピー新規)」を配置してください。

    ../_images/setting_recycle_button_2.png
  3. フォーム・デザイナ画面で「更新」をクリックして保存してください。

    ../_images/setting_recycle_button_3.png
  4. 以上で、申請書の詳細画面に「ボタン(コピー新規)」を設定できました。

申請書(案件)への参照権限の設定

「ボタン(コピー新規)」で他のユーザが申請した申請書(案件)を対象にコピーを行うためには、対象の申請書(案件)への参照者の設定が必要です。
申請書(案件)の参照者の設定方法については、「 IM-Workflow 管理者操作ガイド 」-「 参照を利用する 」を参照してください。