IM-BIS for Accel Platform IM-BIS 仕様書 第12版 2019-08-01

10. サブフローに関する仕様

サブフローの設定・利用に関する仕様は、以下の通りです。
サブフローを設定する手順については、「 IM-BIS 業務管理者操作ガイド 」を参照してください。

注意

サブフローを利用したい場合、IM-BPMの利用を推奨します。 今後BPM関連の新規機能の追加はIM-BPMに対してのみ実施を予定しています。 そのため、サブフローの利用については非推奨とし、IM-BPMの利用を推奨します。

10.1. サブフローの設定に関する仕様

サブフローを設定可能なノードは下記の通りです。
  • 申請ノード
  • 承認ノード

注意

動的承認ノード、縦配置ノード、横配置ノード、システムノードへの設定は行えません。

10.2. サブフローの実行に関する仕様

10.2.1. 申請ノードでサブフローを起動した場合

下記の図のように、メインフローとサブフローが作成されているときを例に説明します。
../../_images/sub_flow_application.png
  • サブフロー案件が承認された場合

    各項番で行われる処理を説明します。
    (1). メインフロー起票処理
    「サブフロー開始」画面にてサブフローを開始した際に、メインフローの申請ノードに対して、起票処理が行われます。
    申請者には、サブフローを起動したユーザが設定されます。
    (2). サブフロー起票処理
    メインフロー起票処理後、サブフローの起票が行われます。
    サブフローの処理対象者は、サブフローのルート定義で設定されている処理対象者です。
    (3). メインフローアクション処理
    サブフローの終了ノードの到達処理して実行されます。
    サブフロー終了時にメインフローの申請処理(再申請処理)を実行します。
    申請者は、サブフローを起動したユーザです。
    (4). サブフローステータス更新処理
    サブフローの案件終了処理として実行されます。
    メインフローとサブフロー紐付け情報のステータスを更新します。
    サブフロー案件が承認された場合、サブフローの完了ステータスは、「処理済」に変更します。

  • サブフロー案件が取止め、否認、または、案件操作で終了ノードに移動された場合

    項番(1)、(2)での処理は、正常系パターンと同じです。
    サブフローの処理内で、否認や取止めを行った場合、サブフローの終了ノードに到達しないため、(3)は実行されません。
    (4)では、サブフローの完了ステータスを取止め、否認、または、操作終了に変更します。

10.2.2. 承認ノードでサブフローを起動した場合

下記の図のように、メインフローとサブフローが作成されているときを例に説明します。
../../_images/sub_flow_approval.png
  • サブフロー案件が承認された場合

    各項番で行われる処理を説明します。
    (1). メインフロー処理対象者変更処理
    「サブフロー開始」画面にてサブフローを開始した際に、メインフローの承認ノードに対して、処理対象者の変更が行われます。
    承認者には、サブフローを起動したユーザが設定されます。
    (2). サブフロー起票処理
    メインフロー処理対象者変更処理後、サブフローの起票が行われます。
    サブフローの処理対象者は、サブフローのルート定義で設定されている処理対象者です。
    (3). メインフローアクション処理
    サブフローの終了ノードの到達処理して実行されます。
    サブフロー終了時にメインフローの承認処理を実行します。
    承認者は、サブフローを起動したユーザです。
    (4). サブフローステータス更新処理
    サブフローの案件終了処理として実行されます。
    メインフローとサブフロー紐付け情報のステータスを更新します。
    サブフロー案件が承認された場合、サブフローの完了ステータスは、「処理済」に変更します。

  • サブフロー案件が取止め、否認、または、案件操作で終了ノードに移動された場合

    項番(1)、(2)での処理は、正常系パターンと同じです。
    サブフローの処理内で、否認や取止めを行った場合、サブフローの終了ノードに到達しないため、(3)は実行されません。
    (4)では、サブフローの完了ステータスを取止め、否認、または、操作終了に変更します。

10.3. サブフローの完了ステータスについて

サブフローの完了ステータス(処理済、否認、取止め、操作終了(案件操作で終了ノードに移動))に応じて、 IM-Workflow の標準処理画面が表示可能となる「その他の処理」ボタンが表示されます。
「その他の処理」ボタンは、サブフローの完了ステータスが、以下の場合に表示されます。
  • 否認
  • 取止め
  • 操作終了
../../_images/sub_flow_start_abnormal.png

../../_images/sub_flow_start_abnormal_approval.png
再度、サブフローの起動を行う場合
  • 「サブフロー再処理」で処理する
次のタスクへ進める場合(申請ノード)
  • IMW標準処理画面の「申請」を選択します。
次のタスクへ進める場合(承認ノード)
  • IMW標準処理画面の「承認」を選択します。
前のタスクに戻す場合(申請ノード)
  • 対応方法はありません。
前のタスクに戻す場合(承認ノード)
  • IMW標準処理画面の「差戻し」を選択します。
フローを終了する場合(申請ノード)
  • IMW標準処理画面の「取止め」を選択します。
フローを終了する場合(承認ノード)
  • IMW標準処理画面の「否認」を選択します。

注意

サブフローの処理中は、メインフローの処理は行えません。
../../_images/sub_flow_warning.png