T.Aはパッケージの販売のみならず、付帯サービスの提案まで含めた提案に従事している社員。
現在は基幹系パッケージの提案も実施し、幅広い分野で活躍。後輩の育成にも積極的に取り組んでいる頼りがいのある社員。
いい意味でカタチにとらわれない会社
私がNTTデータイントラマートへの入社を決めた理由は成長過程にある企業色。もともとがNTTデータのベンチャー制度から生まれたということもあるのでしょうが、いい意味でカタチにとらわれていないというところです。それを強く感じたのは内定後、懇親会を初めとする先輩社員とのコミュニケーション。お互いを役職名で呼ばず、みんなが「さん」づけでフラットに呼び合うこともそうでしたが、社長の身近さにも驚きました。社長面談でさえ、緊張したのは最初だけ。中山さんはいわゆる「社長」の顔をしないんですよ。もちろん、お客様の前などではそういう顔もしますけれど。気が付いたら肩の力がすっかり抜けて、自然体で話をしていました。説明会の時に言われた「風通しの良い会社」の意味がよくわかりました。ああ、こういう会社で働きたいなと思いましたね。
SE志望から営業職へ
私は入社以来一貫して営業職に就いていますが、実は就職活動時にはSE職を志望していました。営業職を選んだ理由は、配属を決定する面談の際の上司の薦め。「お客様の要望を形にするだけに限らず、問題や課題を分析し、どの製品を使ってどうすれば解決できるのかも提案したい」という私の希望に、「それならば営業職も検討してみたら」という言葉がきっかけでした。そして、お客様であるユーザ企業と直接話をする機会が多い直販チームへ配属されました。そこはメーカでありつつもSIer(システムインテグレータ)と同じ動き、スキルが求められる部署。今ならわかりますが、私の希望は技術と言うよりは業務コンサルティングに近いイメージ。直販チームの営業職はまさに私の望んだ通りの仕事だったのです。NTTデータイントラマートは適性だけではなく、本人の希望をしっかり尊重してくれる社風なので、とてもよかったと思っています。
直販と代理販売サポートの双方を経験
NTTデータイントラマートの営業には、お客様へ直接アプローチしてご要望をお伺いし、当社のソリューションを活用したシステム開発をご提案する直販チームと、当社の製品を代理販売していただくパートナー企業を支援するパートナーセールスチームの2種類があります。現在は後者に所属していますが、ここでの仕事で重要なのはパートナー企業との協業領域の拡大です。直販とは異なり、当社製品をパートナー企業に販売してもらうパートナーセールスでは、パートナー企業がいかに売りやすい環境を整えられるか、協力体制が取れるかということがポイントとなります。私の場合はまず始めに直販チームで営業としてサービス提案を主軸に提案を続けていたことが大きな力となりました。エンドユーザ様に直接アプローチする直販営業で、パートナーが営業を行う場合に直面するであろう問題やトラブルなどを自ら知ることができたからです。また、入社して3年目に子会社のNTTデータイントラマートCSIへの出向を経験できたことも良かったことのひとつです。CSIではちょうどパートナーとのビジネスアライアンスを立ち上げるという段階でしたので、私はそれまでの直販チームと同じエンドユーザ様への営業を継続しつつ、新しくパートナー企業向け営業(パッケージ営業)を立ち上げるというミッションを受け持つことになりました。どのような提案支援や技術支援をすればパートナーが動きやすいかを知ることができましたので、その経験が現在の私の担当業務にとても役立っています。エンドユーザからの指摘を受けたパートナーはその情報を私たちへフィードバックしてくれますが、そこで上がってくる様々な意見の真意は、表面的な言葉の意味だけをとらえる場合と、パートナーが置かれている背景や状況を理解している場合とでは大きく変わってきます。杓子定規な対応と、ちゃんと理解した上での対応とではパートナーの心証も違いますし、何よりもその後の対応が全く変わってくると思います。
仕事と子育てをしっかり両立
営業は技術系に比べると比較的スケジュールを自分で管理しやすいとはいうものの、提案書の作成が重なれば残業が増えますし、お客様との懇親会などのお付き合いもあります。どうしても早く帰れない日はやむを得ませんが、息子がまだ小さいこともあり、そうでないときは極力早く帰るように心がけています。そのぶん、仕事への集中度も今まで以上に上がっている気がしますね。家事は基本的に妻がルールを決めているのであくまでもサポートに徹していますが、皿洗いと風呂掃除は私の担当。サッと終わらせて息子と遊ぶのが一番の楽しみです。休日もゴルフより今は息子が優先。おかげで最近は少しゴルフの腕が鈍って来たような気がします(笑)。ちなみに、朝、保育園へ息子を送って行くのも私の役目。毎朝ちょっと早めに家を出て保育園へ向かい、それから会社へ向かいます。私の所属する部署は朝9時半始業なのでだいぶ助かっています。
後輩へのメッセージ
私が一緒に仕事をしたいのは「自分で考える」習慣のある人。仕事をしていればわからないことは次から次へと出てきますし、私を含めた先輩社員はわからないことを訊かれればいつでも答える用意はあります。しかし、ただ訊くだけではそれ以上の成長は望めません。わからないこと自体を訊くのではなく、どう訊いたら答えを自分で導けるのか、と考える習慣を身につけて欲しいのです。NTTデータイントラマートにはその姿勢が何よりも大切ですし、私自身も上司や先輩からそう教えられて来ました。自分で導いた答えの結果、失敗しても良いのです。大切なのは失敗しても良いから経験すること。その失敗を活かせるように振り返って反省することで、足元の地盤がひとつ固まるのです。
ある1日の流れ
07:30
起 床
08:00
朝食
08:30
息子を保育園へ送る
09:00
通勤電車内でIT系のニュースをチェック
09:30
出社・メールチェック・タスク整理
10:30
事務作業(見積もり作成など)
12:00
外出、お客様の会社近くでランチ
13:00
お客様先で打ち合わせ
17:00
お客様先で打ち合わせ
18:00
顧客訪問の報告内容を整理。
19:00
Barカウンターで飲みニケーション
オフタイム

休日は子供と一緒にお散歩をしたりして、家族サービスを心がけています。
新卒採用 中途採用
TOP