コンストラクタの概要

FormaApplyManager ()
コンストラクタ
FormaApplyManager (String localeId)
コンストラクタ

メソッドの概要

返却値の型 メソッド名
apply (ApplyParamInfo applyParam, Object userParam, FormaUserParam formaUserParam)
申請処理を実行します。
draft (DraftParamInfo draftParam)
起票案件を新規登録します。

コンストラクタの詳細

FormaApplyManager ()
コンストラクタ
申請マネージャを新しく生成します。
FormaApplyManager (String localeId)
コンストラクタ
引数で指定したロケールIDで申請マネージャを新しく生成します。
パラメータ
localeId : String
ロケールID

メソッドの詳細

apply (ApplyParamInfo applyParam, Object userParam, FormaUserParam formaUserParam)
申請処理を実行します。

詳細は ApplyManager#apply(...) を参照してください。
申請用パラメータ情報userDataId を設定する場合は必ず Identifier#get() の値を利用してください。 未指定の場合は内部で採番します。
パラメータ
applyParam : ApplyParamInfo
申請用パラメータ情報
userParam : Object
ユーザデータ保存用情報オブジェクト(プロパティ形式で定義)
formaUserParam : FormaUserParam
Forma用ユーザパラメータ
返却値
ResultObject 処理結果を返却します。
ResultObject のdata属性には、 申請結果情報オブジェクト が設定されます。
draft (DraftParamInfo draftParam)
起票案件を新規登録します。

詳細は ApplyManager#draft(...) を参照してください。
起票用パラメータ情報userDataId を設定する場合は必ず Identifier#get() の値を利用してください。 未指定の場合は内部で採番します。
パラメータ
draftParam : DraftParamInfo
起票用パラメータ情報
返却値
ResultObject 処理結果を返却します。
ResultObject のdata属性には、 申請結果情報オブジェクト が設定されます。