株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求・お問い合わせ

intra-martとは?

システム共通基盤が、企業競争力を変える。
これまで、企業におけるIT 投資は社内業務の効率化や省力化に主眼が置かれたものでした。それが一巡した今 日、IT投資の狙いは「企業の競争力を高めるための活用」や「ビジネスへの直接的な貢献」へと移行しています。
企業を取り巻くステークホルダー、とくに最終接点である取引先や顧客とより密接なコミュニケーションを図り、新たな商機をつくる。いま、ITは新しいビジネスモデルを創出するためには欠かせない「道具」として捉えられています。しかし一方で、ビジネスのスピードにI Tがついていけないケースも多く、システムの成長を自社の成長につなぐことができる「システム共通基盤」が注目されているのです。

「intra-mart 」の特長
ビジネスに貢献できるシステム共通基盤/PaaS

[ アジャイル開発・システム共通基盤 ]
フレームワーク上に用意されているAPIコンポーネント群を組み合わせながら、複雑で大規模なWebシステムでも、短期間かつ高品質に構築できます。ツールを活用したノンコーディングのアジャイル開発から本格的なプログラミングの開発まで、ニーズに合わせた開発が可能です。また、ソースコードも公開されているので、自社独自の機能拡張フレームワークに発展させることができます。
[ クラウド/ソーシャル/モバイル ]
PaaSによるマルチテナント機能で、ひとつのアプリケーションを複数の会社で共同利用することができます。このPaaS機能により、オンプレミスもクラウドも、業務内容によって使い分ける「ハイブリッドクラウド」が構築できます。また、スマートフォン・タブレットでもPCと同じ操作性で利用することができます。


申請・承認ワークフローから複雑な業務プロセスまでシームレスに対応

[ ワークフロー市場でNo.1実績 ]
長年に渡りお客様のご要望を反映しながら機能改良を重ね、企業が求める多様なニーズを網羅した完成度の高いワークフローをご提供いたします。ワークフロー単体の他製品とは違い、幅広い業務プロセス処理、既存システム連携にも対応し、グローバル含めた全社規模の統一基盤としてご利用いただくことができます。
[ 業務プロセス管理/システム統合 ]
複雑なルールの管理、外部のERPシステムとの柔軟な接続など、ビジネスプロセスと既存システムを統合して業務の流れを一元管理することで、非効率なプロセスを洗い出しながら業務効率を向上させます。特にルールエンジンの活用で煩雑な手作業も大幅に自動化できます。

情報系から基幹系まで幅広いアプリケーションの提供

[ 豊富なアプリケーション/社内外とのコラボレーション ]
ユーザビリティの高いポータルやソーシャル機能により、社内はもちろん顧客や取引先とのコミュニケーションを促進します。また、情報系から基幹系までの各種アプリケーションは、同一基盤上で動作するため、統一したユーザインターフェースやスピーディで流れるような操作感、組み合わせてご利用いただくことで業務効率も上がり、ビジネスへの効果をもたらします。
[ 情報系~基幹系のシステム統合化 ]
SOA型の開発を可能にするERPモジュールによって、同一基盤上で基幹系システムまで構築することができます。ポータル・グループウェアといった情報系システムと会計・販売らの基幹システムの区別なく同一画面からアクセスできます。

TOP

資料請求