株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求・お問い合わせ

intra-martとは?

システム共通基盤が、企業競争力を変える。
これまで、企業におけるIT 投資は社内業務の効率化や省力化に主眼が置かれたものでした。それが一巡した今 日、IT投資の狙いは「企業の競争力を高めるための活用」や「ビジネスへの直接的な貢献」へと移行しています。
企業を取り巻くステークホルダー、とくに最終接点である取引先や顧客とより密接なコミュニケーションを図り、新たな商機をつくる。いま、ITは新しいビジネスモデルを創出するためには欠かせない「道具」として捉えられています。しかし一方で、ビジネスのスピードにI Tがついていけないケースも多く、システムの成長を自社の成長につなぐことができる「システム共通基盤」が注目されているのです。

「intra-mart 」の導入効果
集約により効率的なIT投資を実現
社内にさまざまな技術が乱立し、要員のスキルが追いつかないことで、開発・運用・保守の負荷が高くなり、標準化も進まないという悪循環に陥っている企業も数多く存在しています。これらの場合、システム基盤の共通化と全体を最適化することで、コスト削減と標準化を両立できるようになります。


アジャイル開発を可能にするPaaS基盤
複雑化するアプリケーションを迅速に開発することは、企業の大きな課題になっています。i n t r a - m a r t なら、アジャイルで短期間にユーザビリティの高いシステムを開発できるだけでなく、開発したシステムをグループ企業全体で共同利用でき、PaaS基盤としても力を発揮します。


業務プロセスの最適化と付加価値向上
BPM/ワークフロー/ルールエンジンにより、既存システムと連携しながら業務の流れをワンストップで一元管理し、自動化・効率化も進めるとともに内部統制を強化します。また、グループウェア機能をはじめ、ポータル・ソーシャル機能も備わっており、顧客や取引先との情報連携を円滑にします。

TOP

資料請求