株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求・お問い合わせ

intra-martとは?

システム共通基盤が、企業競争力を変える。
これまで、企業におけるIT 投資は社内業務の効率化や省力化に主眼が置かれたものでした。それが一巡した今 日、IT投資の狙いは「企業の競争力を高めるための活用」や「ビジネスへの直接的な貢献」へと移行しています。
企業を取り巻くステークホルダー、とくに最終接点である取引先や顧客とより密接なコミュニケーションを図り、新たな商機をつくる。いま、ITは新しいビジネスモデルを創出するためには欠かせない「道具」として捉えられています。しかし一方で、ビジネスのスピードにI Tがついていけないケースも多く、システムの成長を自社の成長につなぐことができる「システム共通基盤」が注目されているのです。

「intra-mart 」の導入実績
ビジネスに貢献できるシステム共通基盤/PaaS
アジャイル開発・システム共通基盤
クラウド/ソーシャル/モバイル
基幹業務から現場業務まで、「堅牢性」「俊敏性」を備えたシステム共通基盤として採用し、ものづくりから販売、それを支える業務プロセスをサポート。グローバルでのガバナンスを効かせる重要な役割を担う。
グループ全システムをアマゾン・クラウド「AWS」へ移行。
intra-martシステムはわずか3日でAWS移行に成功。AWSとオープンなPaaS基盤は、俊敏なビジネスを支えるベストな組み合わせだ。
東洋鋼鈑様
トヨタアドミニスタグループ様
・ メタウォーター様
・ あきんどスシロー様
・ 全国試験運営センター様
・ AGCロジスティクス様
申請・承認ワークフローから複雑な業務プロセスまでシームレスに対応
ワークフロー
業務プロセス管理/システム統合
「intra-mart+皆伝!」でSAPフロントシステムを構築。経費旅費の効率よい現場入力ワークフローと、戦略的な経費予実管理を実現して、全社員のコスト意識向上に成功。
ビルダー、調査会社を結ぶ業務プロセスを確立して、地盤業界を変革する原動力となる業務共有システムを構築。卓越したビジネスモデルをさらに磨きをかける。
情報系から基幹系まで幅広いアプリケーションの提供
豊富なアプリケーション/社内外とのコラボレーション
情報系~基幹系のシステム統合化
intra-mart Accel Platformで知識共有システムを構築。グループウェア、文書管理、ワークフローをポータルで統合してコミュニケーションスタイル、ワークスタイル改革を目指す。
14 年間使い続けた基幹システムをintra-mart基盤ERP「Biz∫」へリプレース。「Speed」を重視した経営方針に「Biz∫」がマッチし、最小限のカスタマイズでプロジェクト成功へと導いた。
・ ユーピーアール様
・ NTTデータ様( グループ会計 シェアードサービス)

TOP

資料請求