株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求・お問い合わせ



このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

intra-mart認定資格試験 受験規約

intra-mart認定資格試験 受験規約

以下のintra-mart認定資格試験受験規約(以下、「本規約」といいます。) を注意してお読みください。

本規約は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(以下「IM」といいます。)が実施するintra-mart認定資格の試験 (以下、単に「認定試験」といいます。)の権利および義務が規定されています。申込者および受講者は、本規約にご同意いただく必要があります。 そのため、本規約をご一読いただき、ご承諾の上でお申し込みください。

第1条 定義

本規約における「試験会場」とは、IMが設置あるいは指定する試験会場を指します。本規約における「申込者」とは、認定試験を申込んだ法人あるいは個人を指します。

第2条 受験資格

1.認定試験を受講するには条件があります。別途、IMが提示する受験資格を確認の上申込みください。
2.上記とは別に、IMは、申込者あるいは受験者が次に掲げる事由に該当する場合には、申し込みを承諾しないことがあります。
(1)申込者が申込内容に虚偽の内容を記載したとき。
(2)申込者が受験料の支払を現に怠り、または怠るおそれがあるとIMが判断したとき。
(3)申込者あるいは受験者が、認定試験を利用して第三者の権利を侵害し、または違法行為をなすおそれがあるとIMが判断したとき。
(4)その他IMが不適切と判断したとき。

第3条 申込方法等

1.認定試験の種類、費用、日程、本規約、およびその他注意事項等を確認の上、IMが提示する各申込方法の手順に従い申し込みを行ってください。
2.一度申込手続きを完了した場合、理由のいかんを問わず返金できません。また、受験者、認定試験の種類及び日程等の変更もできません。

第4条 受験準備について

1.試験日の約7日前までに申込者宛に受験票をお送りします。必ず試験日までに受験票に記載の志願者情報、注意事項を受験者本人が確認してください。
2.受験票の未着等に関するお問い合わせは試験日の前日までとし、試験日以降は一切応じられません。当日、受験票を必ずお持ちください。受験票を忘れると、受験できない場合があります。
3.IMが提示する受験に関する注意事項・禁止事項を必ず確認の上、遵守ください。

第5条 受験時の注意事項について

1.試験当日は受験票及び会場に掲示および会場にて提供した注意事項・禁止事項を確認し厳守ください。
2.受験することができる権利は申込時に登録した受験者のみであり、第三者による代理受験および受験権利の譲渡は禁止されています。試験当日に本人確認ができないとき、または申し込みの事実が確認できないときは、受験をお断りする場合があります。
3.貴重品、現金、手荷物等所持品の管理は、受験者自らが行い、IMは盗難、紛失その他について一切責任を負いかねます。
4.IMが定める受験時必須持参物(受験票、名刺、筆記用具を含む。)及び持ち込み許可品以外を試験会場に持ち込むことはできません。健康上の理由等やむを得ない理由により使用を希望する場合には、事前にIMへ申し出を行い使用許可を得てください。

第6条 問題漏えいについて

1.試験問題の複製および試験問題の一部または全部をIMの許可なく他に伝え、漏えい(インターネット等への掲載を含む)することは、IMの事前の許可がある場合を除き、一切できません。
2.試験会場内での録音・撮影行為、また試験に関して知り得た情報全般を他者に開示し公開することは一切できません。
3.試験開始後の入室は一切できません。理由のいかんにかかわらず、試験開始時間を過ぎた場合には受験できません。なお、その場合、他の試験への変更等措置は一切行いません。
4.試験中の途中退室および再入室は禁止されています。試験開始後に途中退室した場合、再入室して試験を続行することができません。
5.問題及び解答用紙、データはいかなる理由においても試験教室から持ち出すことを禁止します。
6.以下の行為に該当する場合またはその他本規約に違反する行為が認められる場合は、注意喚起を行うことがあります。注意があったにも関わらず改善が見られなかった場合、退場・失格となり、それ以降受験できません。また受験費用の返金もいたしません。
(1)受験者が、IMの指示に従わない。
(2)他の受験者に迷惑をかける行為や試験を妨害する行為。
(3)試験中に携帯電話・スマートフォン、およびその他電子機器の電源を切らずに使用した
(4)試験中に携帯電話・スマートフォンの着信音・バイブ音等、およびその他持ち込み機器により音を発生させた
(5)不正行為をした(カンニング行為、試験問題の漏えい、他人の代わりに受験、試験中に援助を他人に与えたり他人から受けたりすること等)

第7条 機密保持

1.申込者および受験者は、認定試験の申込及び受験にあたってIMより開示された、または知り得た営業上または技術上の情報を機密として保持し、第三者に開示・漏えいしてはならないものとします。
2. 前項の規定は、認定試験が終了した後も有効に存続するものとします。

第8条 責任の制限について

1.IMは、台風や大雪等の天変地異や伝染病の流行等、不測の事態発生時は試験を中止する場合があります。その場合はウェブサイトへの掲載等を通じて受験者、および申込者へ通知いたします。IMは、申込者が認定試験を受験したことにより、または受験できなかったことにより発生した一切の損害について、認定試験の費用の返金を含め、いかなる責任も負わないものとします。試験の変更、遅滞、中止等に基づく損害についても同様とします。
2.申込者あるいは受験者による不正等が発覚し、IMの判断により認定試験を無効とした場合、IMは一切の責任を負わないものとします。
3.本規約に別途定める場合を除き、いかなる場合においてもIMが申込者(受験者も含む。)に対して負う責任は、当該申込者が実際に支払った認定試験料総額を上回るものではありません。

第9条 個人情報の利用

1.IMは、認定試験の申込みその他により知り得た個人情報について、IMの認定試験の円滑な提供、申込者および受験者の管理、料金の請求ならびにIMの製品及びサービスの向上を目的とした調査、検討、企画等の目的のためにのみ利用するものとし、その他の目的には一切使用しないものとします。
2.なお、個人情報の定義その他については、「プライバシポリシー」のとおりとします。

第10条 準拠法等

1.本規約は日本国の法律に従い解釈されるものとします。
2.本規約に関するお客様とIMの間の訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

TOP

資料請求