株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求・お問い合わせ

IM-RPA


個人のルーティン業務を自動化するRPAと、複数システムを跨る複雑な業務プロセスを可視化・効率化するBPM/ワークフローを組み合わせることで、業務全般の自動化・生産性向上を実現します。

定型的な作業及びルールに基づく人間の判断作業をロボットの自動実行に任せ、それらの実行結果をBPM/ワークフローによって業務プロセス全般へ受け渡すことができます。

業務オペレーションの大幅な効率化や自動化、業務品質向上・コスト削減など、ビジネス全般における効果が期待できます。
RPAとは?
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組み。
人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。

特 長
人とロボットの協調
RPA単体での活用では、個人のルーティン業務の自動化でとどまってしまいますが、intra-martの強みであるBPM/ワークフローを組み合わせると、その前後にある業務プロセス全般の自動化にまで拡張することが可能です。

ROI測定/PDCAサイクルによる改善
BPMのBAM機能によって、業務プロセスのパフォーマンス測定が可能です。業務の自動化だけでなく、業務改善効果も期待できます。

GUI機能で容易な実装
ロボットを呼び出すためのWeb画面、処理フロー、ロボットへの指示は、intra-martのGUIツールを活用すれば、コーディングレスに作成可能です。



「IM-RPA」の詳細については、別途お問い合わせください。

TOP

資料請求