IM-SecureSignOn for Accel Platform セットアップガイド 第6版 2017-12-01

intra-mart Accel Platform のインストールと設定

intra-mart Accel Platform を IM-SecureSignOn for Accel Platform のシステムへ参加させるためのインストールと設定方法について説明します。

インストールおよび設定は、 IM-Juggling で行います。

以下の手順を行うことで、 intra-mart Accel Platform を認証用サーバとしても利用できるようになります。
認証用サーバを利用することで、 intra-mart Accel Platform のアカウントを利用したシングルサインオンが可能となります。

intra-mart Accel Platform のインストール

  1. intra-mart Accel Platform を IM-SecureSignOn for Accel Platform へ参加させるために、IM-Juggling で 「アプリケーション」タブの右上の[+]ボタンから
    「アプリケーションモジュール選択」ダイアログを開きます。
  2. 「アプリケーションモジュール選択」ダイアログから 「 IM-SecureSignOn for Accel Platform 」を追加します。
    ../../../_images/platform_install_01.png

  3. 「 IM-SecureSignOn 」を追加すると、 IM-Juggling プロジェクトに conf/im-sso-config.xml が 追加されます。

設定ファイルの設定

IM-Juggling プロジェクトの conf/im-sso-config.xml ファイルをエディタで開き、im-sso-config/logout-linkage タグを編集します。

url 属性には、intra-mart Accel Platform からログアウトした後に表示されるページ(URL)を指定します。

標準の設定では、VANADIS® SSO Login Server のログアウト画面を設定します。
  • VANADIS® SSO Login Server のログアウト画面のURLは以下の通りです。
    http://<VANADIS® SSO Login Serverのホスト名>:<ポート番号>/sso/logout.do
    
  • VANADIS® SSO Login Server にSSLを適用する場合は、以下の通りです。
    https://<VANADIS® SSO Login Serverのホスト名>/sso/logout.do
    
    また、SSLを適用する場合は、 VANADIS® SSO Login Server のホスト名 にIPアドレスは指定できません。
    SSL証明書に登録したドメイン名を使用してください。
記述例:

各サーバの情報の仮定義」の場合は以下のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<im-sso-config
    xmlns="http://www.intra-mart.jp/sso/config/im-sso-config"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/sso/config/im-sso-config ../schema/im-sso-config.xsd">

    <logout-linkage enable="true" url="https://auth.intra-mart.jp/sso/logout.do"/>

</im-sso-config>

コラム

HTTP接続において、ポート番号が 80 である場合、ポート番号は省略可能です。
HTTPS接続(SSL)において、ポート番号が 443 である場合、ポート番号は省略可能です。
実際の利用の際には、各ホストに対応するポート番号を必要に応じて付加してください。

設定ファイルの詳細については IM-SecureSignOn 設定ファイル を参照してください。

warの生成とデプロイ

IM-Juggling より warファイルを作成し、デプロイを行います。