IM-PDFDirectPrint for Accel Platform 2019 Summer リリースノート 初版 2019-08-01

機能一覧

はじめに

IM-PDFDirectPrint for Accel Platform は、サーバ上でPDFファイルを直接印刷する機能を提供します。
PDFファイルを開かずに、サーバに接続されたプリンタにプログラムから直接印刷が可能です。
部数、縮尺、用紙サイズ、プリンタ等を指定して一括印刷が可能です。
IM-PDFDesigner for Accel Platform、IM-PDFAutoConverter for Accel Platform、IM-PDFCoordinator for Accel Platform と連携してご利用いただけます。特殊な要望につきましても、カスタマイズ等で対応できる場合があります。お気軽に営業までお問合せください。また、V7.x 以下のバージョンで機能を利用したい場合にも個別にご相談ください。
Windows以外のサーバ上で利用する場合、サーバではなくクライアント側に接続されたプリンタに出力したい場合には、個別に営業までお問い合わせください。
本製品をインストールするサーバのOSのロケールは以下に対応しています。
  • 日本語
以下、本製品の機能一覧を列挙します。
各機能の仕様や設定方法に関しては、各マニュアルまたはセットアップガイド等を参照してください。
機能一覧
No. 機能 説明
1 PDFファイルの直接印刷機能 サーバに接続されたプリンタにPDFファイルを直接出力します。
2 PDFファイル(セキュリティ付)の直接印刷機能 サーバに接続されたプリンタにPDFファイル(セキュリティ付)を直接出力します(制限事項参照)。
3 印刷オプション 用紙の中央指定 / 部単位での印刷 / 印刷部数の指定 / PDFファイルを画像に変換してから印刷 / 用紙の向きを設定 / 用紙サイズ設定 / プリンタ指定 / 印刷ページ範囲指定 / 縮尺指定 など…

呼び出し方法一覧

IM-PDFDirectPrint for Accel Platform は、以下の呼び出しが可能です。
性能を重視する場合には各APサーバにインストールする構成を、APサーバがLinuxの場合/費用を重視する場合にはリモート呼び出し(REST)の構成を選択ください。
機能 直接印刷機能
JavaEE開発モデル
スクリプト開発モデル ○(スクリプト機能からJavaのAPIを呼び出します)
リモート呼び出し(REST)