intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

8.3. テナント環境情報

  1. テナントの環境情報 を設定します。

コラム

「Resinデータソース設定」モジュールまたは「Payaraデータソース設定」モジュールを適用している場合、リソース参照名にセレクトボックスが表示されます。
モジュールが適用されていない場合はリソース参照名は表示されません。
../../_images/setup_to_tenant_env.png

項目 必須/任意 説明
リソース参照名 任意 リソース参照名を選択します。
ストレージパス 任意 ストレージパスを入力します。
ベースURL 任意 ベースURLを入力します。
グローバルナビ最大表示数 任意 グローバルナビの最大表示件数を入力します。
日付の入力形式の変更 必須
「許可する」を選択した場合、「日付と時刻の形式」にて日付の入力形式の変更が可能です。
初期値は「許可しない」です。
時刻の入力形式の変更 必須
「許可する」を選択した場合、「日付と時刻の形式」にて時刻の入力形式の変更が可能です。
初期値は「許可しない」です。

コラム

ストレージパスに storage-config.xml の <storage-directory-name>を付加したパスが
パブリックストレージパス %PUBLIC_STORAGE_PATH% です。
(例)
ストレージパスに /var/imart と入力し
設定ファイル storage-config.xml の <storage-directory-name> に storage
と設定した場合、%PUBLIC_STORAGE_PATH% は /var/imart/storage です。

コラム

未指定の場合は、それぞれの設定ファイルの内容が有効です。