intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

5.1. プロジェクトの作成とモジュールの選択

5.1.1. IM-Juggling とは

IM-Juggling はモジュールの管理、WARファイルを出力できる環境構築ツールです。
このツールを使用し、新しい機能の導入や不具合修正の適用をします。

5.1.2. IM-Juggling のインストール

製品に同梱されているディレクトリより、環境に合わせた IM-Juggling を任意のパスに展開します。

注意

IM-Juggling を利用してプロジェクトの作成や、WARファイルの作成を行っている際にリポジトリ情報の取得等の
エラーが発生した場合、下記のディレクトリにあるデータを削除して再度、 IM-Juggling を起動して試行してください。

%OSユーザディレクトリ%/juggling/workspace/.repository ディレクトリ

古い情報が残っているためにエラーとなる場合があります。
この古いファイルを削除する事で、最新のデータが再取得され問題を回避します。

5.1.2.1. インターネットに接続できない環境で IM-Juggling を利用する場合

IM-Juggling で利用するリポジトリデータは以下の方法で取得できます。

リポジトリデータをコピーし、 IM-Juggling のモジュールリポジトリとして設定することで、インターネットに接続できない環境でも IM-Juggling を利用できます。
以下の方法で、「platform」「products」のそれぞれのリポジトリデータをモジュールリポジトリとして設定してください。
  1. IM-Juggling ウィンドウ内-ツールバー右端にある「設定」アイコンをクリックします。

    ../../_images/create_project_12.png
  2. 「IM-Juggling」-「モジュールリポジトリ」を選択します。

    ../../_images/create_project_13.png
  3. 「追加」をクリックします。

    ../../_images/create_project_14.png
  4. モジュールリポジトリの追加画面が表示されます。

  5. 「ロケーション」にコピーしたリポジトリデータの場所を設定します。

    ../../_images/create_project_15.png
  6. 「名称」「説明」を記入し、「OK」をクリックします。

    ../../_images/create_project_16.png
  7. 追加したモジュールリポジトリにチェックがついていることを確認し、「OK」をクリックします。

    ../../_images/create_project_17.png

5.1.2.2. プロキシ設定が必要な環境で IM-Juggling を利用する場合

  1. IM-Juggling ウィンドウ内-ツールバー右端にある「設定」アイコンをクリックします。

    ../../_images/create_project_18.png
  2. 「一般」-「ネットワーク接続」を選択します。

    ../../_images/create_project_19.png
  3. アクティブ・プロバイダに「手操作(マニュアル)」を選択します。

    ../../_images/create_project_20.png
  4. プロキシー・エントリーの「HTTP」の「編集」をクリックします。

    ../../_images/create_project_21.png
  5. プロキシー・エントリーの編集」画面で「ホスト」、「ポート」、「認証情報」を設定して「OK」をクリックします。

    ../../_images/create_project_22.png

    注意

    アクティブ・プロバイダとして「ネイティブ」を選択した場合、Internet Explorer のプロキシサーバの設定情報を引き継ぎます。
    (Internet Explorerで「Alt」キーを押してメニューを表示し、「ツール」→「インターネットオプション」→「接続」タブ→「LANの設定」で表示されるプロキシサーバの設定です)

5.1.3. プロジェクトの新規作成

  1. 展開したディレクトリ直下にある、 juggling.exe を起動します。

  2. 初回起動時の場合、「使用許諾契約書の同意」が表示されます。
    「同意する」を選択し「OK」をクリックします。
  3. ダッシュボードが表示されます。
    「プロジェクトを新規に作成する」を選択します。
    ../../_images/create_project_1.png
  4. ポップアップ表示されたウィザード画面内の「プロジェクト名」に半角英数字の任意のプロジェクト名を入力します。
    入力後、「次へ(N)」 をクリックします。
    ../../_images/create_project_2.png
  5. 利用するプロダクトおよびバージョンを選択します。
    選択後、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_3.png

    注意

    intra-mart Accel Platformには、以下の3つの構成が用意されています。
    各構成の選択方法は次の通りです。

    スタンダード

    < intra-mart Accel Platform Standard Edition >のツリーから選択します。

    アドバンスト

    < intra-mart Accel Platform Advanced Edition >のツリーから選択します。

    エンタープライズ

    < intra-mart Accel Platform Advanced Edition >のツリーから選択します。
    次の「アプリケーションの選択」より
    IM-FormaDesigner for Accel Platform 、 IM-BIS for Accel Platform を選択します。
    ご購入頂いたライセンスは、全ての製品構成とも、「 ライセンスの登録 」にて登録を行います。
    製品構成の詳細については、「Introduction 」を参照してください。

    コラム

    同一プロダクトにおいて複数のバージョンが表示されている場合は最新のものを選択する事を推奨します。
  6. 利用するアプリケーションを選択します。
    選択後、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_4.png

    注意

    「移行ツール」は intra-mart WebPlatform v7.2 からの移行を行う場合に選択します。
    新規で intra-mart Accel Platform を構築する場合は、「移行ツール」は 選択しないようにしてください。
    移行を行う場合は、別途公開されている「移行ガイド」を参照してください。
    「互換機能」は 互換APIや互換機能を利用する場合に選択します。
    新規または移行によって選択するモジュールが異なりますので、 「互換ガイド」を参照して必要なものだけ選択してください。
    互換APIや互換機能の利用についても「互換ガイド」を参照してください。
  7. 利用するプラットフォーム用の追加リソース(設定ファイル等)を選択します。
    選択後、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_5.png

    注意

    WARファイルを Oracle WebLogic Server 12c R2(12.2.1) へデプロイする場合は、必ず「 Weblogic 12c用設定ファイル 」を選択してください。
    この設定ファイルを配置していない場合、WebLogicへデプロイする際にエラーが発生します。

    コラム

    SAStruts+S2JDBCにてデータベースを利用する場合は、 使用するWebアプリケーションサーバに応じた「 SAStruts用設定ファイル 」にチェックをつけてください。

    コラム

    TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) を利用する場合は、「 TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) 用設定ファイル 」にチェックをつけてください。

    リポジトリ層にMyBatis3を利用する場合は、「 TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) for MyBatis3用設定ファイル 」にチェックをつけてください。
  8. 最後に「終了(F)」をクリックします。

    ../../_images/create_project_6.png
  9. プロジェクトの作成処理が行われ、完了すると以下の画面が表示されます。

    ../../_images/create_project_7.png

    注意

    WAR ファイルを Resin 以外のサーバへデプロイする場合は、下記のモジュールを選択しないでください。
    これらのライブラリは Resin 以外のサーバで利用できないためデプロイまたは起動時にエラーが発生します。
    • ライブラリ > サードパーティ製ライブラリ > Metro
    • ライブラリ > サードパーティ製ライブラリ > OpenPortal WSRP

    注意

    開発フレームワーク「 TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) for Accel Platform 」モジュールは WebSphere Application Server 8.5.5 では利用できません。
    そのため、WARファイルを WebSphere Application Server 8.5.5 へデプロイする場合は、開発フレームワーク「 TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) for Accel Platform 」モジュールを選択しないでください。

    注意

    外部ソフトウェアとの連携は Web API Maker または IM-LogicDesigner を利用してください。
    • 標準機能 > 基盤機能 > Web API Maker
    • 標準機能 > 基盤機能 > IM-LogicDesigner
    外部ソフトウェア接続モジュールはセキュリティ面での懸念があるため非推奨です。
    下記のモジュールを利用する場合は十分な注意が必要です。
    • 追加機能 > 外部連携クライアント
    • 追加機能 > 外部連携 認証・認可

5.1.4. モジュールの選択

  1. プロジェクト内に表示されているモジュールの右クリックメニューで表示されるサブメニューより、
    一括で関連するモジュールの選択、選択解除を行う事ができます。

コラム

例として、 IMBox を構成に含めない場合、 IMBox モジュールを外す必要があります。
詳細は、「 IMBox モジュールを外す方法 」を参照してください。

5.1.5. アプリケーションの追加

プロジェクト作成後、アプリケーションを追加できます。

  1. 「アプリケーション」タブをクリックし、「+」をクリックします。

    ../../_images/create_project_8.png
  2. 追加したいアプリケーションをクリックし、「OK」をクリックします。

    ../../_images/create_project_9.png

    注意

    「移行ツール」は intra-mart WebPlatform v7.2 からの移行を行う場合に選択します。
    新規で intra-mart Accel Platform を構築する場合は、「移行ツール」は 選択しないようにしてください。
    移行を行う場合は、別途公開されている「移行ガイド」を参照してください。
    「互換機能」は 互換APIや互換機能を利用する場合に選択します。
    新規または移行によって選択するモジュールが異なりますので、 「互換ガイド」を参照して必要なものだけ選択してください。
    互換APIや互換機能の利用についても「互換ガイド」を参照してください。

コラム

画面上部にエラーメッセージが表示される場合
モジュール単位・アプリケーション単位で依存関係を持っています。
../../_images/create_project_10.png
以下の手順で必要な設定を追加できます。
  1. メッセージをクリックします。
  2. 「依存関係の解決」画面で「OK」をクリックします。

コラム

モジュールIDが重複した場合
以下のようなエラーメッセージが表示されます。
../../_images/create_project_23.png
モジュールID が重複しているモジュールを削除してください。
なお、削除実施後は<juggling.im>ファイルを開きなおしてください。