intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

5.3.3.7.2. IM-Workflow 用設定ファイル (シーケンスオブジェクト採番機能を利用する場合)

シーケンスオブジェクト採番機能を利用する場合、プラグイン設定の変更が必要です。

5.3.3.7.2.1. シーケンスオブジェクト採番機能

IM-Workflow の WorkflowNumberingManager を利用して連続した番号を取得する際にデータベースのシーケンスオブジェクトを利用して採番処理を行う機能です。

注意

シーケンスオブジェクト採番機能は、2013 Winter(8.0.6) から利用可能です。

5.3.3.7.2.2. シーケンスオブジェクト採番機能の利用

シーケンスオブジェクト採番機能を利用する場合は、以下の手順でプラグインを作成します。

  1. IM-Juggling でプロジェクトを選択し、フォルダを作成します。
    フォルダは「plugin/jp.co.intra_mart.workflow.plugin.numbering_8.0.6」にしてください。
  2. 作成されたフォルダに「plugin.xml」を作成します。
    「plugin.xml」に以下の内容をコピーしてください。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<plugin>
  <extension point="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.numbering" >
    <numbering
      name="simpleNumberCounter"
      id="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.numbering.simpleNumberCounter"
      version="8.0.6"
      rank="0"
      enable="false">
      <extend>
        <java class="jp.co.intra_mart.system.workflow.plugin.numbering.SimpleNumberCounterEvent" />
      </extend>
    </numbering>
    <numbering
      name="databaseSequence"
      id="jp.co.intra_mart.workflow.plugin.numbering.databaseSequence"
      version="8.0.6"
      rank="0"
      enable="true">
      <extend>
        <java class="jp.co.intra_mart.system.workflow.plugin.numbering.DatabaseSequenceEvent" />
      </extend>
    </numbering>
  </extension>
</plugin>
  • プラグインを作成した後のプロジェクト構成
../../_images/im_workflow_sequence_plugin.png