intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

5.3.3.9. 自動ログイン機能を利用する場合

intra-mart Accel Platform は、ログイン実行ページURLに対してリクエストパラメータを付与することにより、自動的にログインすることが可能です。
例えば、以下のURLでアクセスすると、ユーザ「ueda」でログインし「/imbox/mybox」に遷移します。
http://<HOST>:<PORT>/<CONTEXT_PATH>/certification?im_user=ueda&im_password=(パスワード)&im_url=/imbox/mybox
この自動ログイン機能は、セキュリティの観点からデフォルトでは無効化されています。
この章では、自動ログイン機能を有効にする方法を紹介します。

5.3.3.9.1. 自動ログイン機能の有効化

  • 「conf/token-filtering-target-config/im_certification.xml」ファイルの編集を行います。
    1. 設定ファイルを「ProjectNavigator」上に追加します。
      1. <(プロジェクト名)/juggling.im> ファイルをダブルクリックします。
      2. 「設定ファイル」タブをクリックします。
      3. 「認証機能」の「セキュア・トークンフィルタ設定(認証機能用)」を選択し、右側にある「出力」をクリックします。
    2. 「ProjectNavigator」内の <conf/token-filtering-target-config/im_certification.xml> ファイルをダブルクリックで開き、「ソース」タブを選択してください。
    3. 以下の設定をコメントアウトします。
      • 変更前
        <p:entry url="/certification" />
        
      • 変更後
        <!-- <p:entry url="/certification" /> -->