intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

11.15.5.2. テナント環境セットアップ中にタイムアウトが発生した場合

  • タイムアウトが発生した場合の原因と対応方法を説明します。

11.15.5.2.1. 現象・条件

テナント環境セットアップを実施中、Web Application Server 側のログ更新が停止しているのにも関わらず、ラウザが処理中のステータスのままとなっている(例えば1時間以上経過しているにも関わらず状況が変わらないなど)。

コラム

Web Server 、ブラウザのタイムアウトに限らず、仮にブラウザを閉じてしまっても、テナント環境セットアップ処理はそのまま継続され、Web Application Server 側のログ更新が継続されます。
このような場合は、Web Application Server 側のログ更新が完了するまで待機します。

11.15.5.2.2. 原因

Web Server 、ブラウザのタイムアウトにより結果画面に遷移していない可能性があります。

コラム

Web Application Server や データベース 側でエラーが発生する場合、Web Application Server や データベース 側のタイムアウトが原因である可能性があります。
Web Application Server については下記を参照してください。
データベース については、製品元のドキュメントを参照してください。

11.15.5.2.3. 対応方法

  • テナント環境セットアップが正常に完了しているかを確認します。

    システム管理者の「メニュー」画面を表示します。
    メニューから「テナント環境セットアップ」をクリックします。
    ../../_images/system_admin_menu_sample.png
    下図のように、「テナント環境は最新です。セットアップが必要なモジュールはありません。」という旨のメッセージが
    表示されていれば、テナント環境セットアップは正常に完了しています。
    下図のように、「テナント環境セットアップ」ボタンが表示されている場合、テナント環境セットアップは未完了です。「テナント環境セットアップ」ボタンをクリックしセットアップを再度実施します。

    注意

    再度セットアップを実施する前に、現象が再発しないよう Web Server 等のタイムアウト設置値を変更します。
    または、Web Application Server 経由でセットアップを実施する事を推奨します。

    コラム

    サンプルをセットアップするボタンは処理結果に関わらず、常に表示される仕様です。
    このため、サンプルデータ投入中にエラーが発生した場合、再度セットアップを実施すると
    データベース で一意制約違反が発生します。
    この場合は、「アンインストール」を行い、改めてセットアップからやり直す事を推奨します。