intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第29版 2019-08-01

11.10.1. IM-Juggling を利用せず、CUIでWARファイルを作成する方法

intra-mart Accel Platform は IM-Juggling を利用してWARファイルを作成しますが、このWARファイルの作成をCUIで行うことが可能です。

IM-Juggling をインストールしたディレクトリのpluginsディレクトリ配下に下記形式のディレクトリが存在します。

jp.co.intra_mart.flashcat.ant_1.0.0.XXXXXXXXXXXX/ant

※XXXXXXXXXXXX はタイムスタンプが入ります。
※自動更新適用後の場合、複数ディレクトリが存在することがあります。
複数存在する場合は最新のタイムスタンプのディレクトリをご利用ください。

ディレクトリ内の構造は下記の通りです。

jp.co.intra_mart.flashcat.ant_1.0.0.XXXXXXXXXXXX/ant
├── build.xml  // WAR作成用のantスクリプト
└── lib  // WAR作成に必要なライブラリ群
    ├── commons-compress-1.3.jar
    ├── im_commons-8.0.3.jar
    ├── im_core_base-8.0.3.jar
    ├── im_j2ee_assist-8.0.2.jar
    ├── im_j2ee_assist_base-8.0.2.jar
    ├── im_j2ee_assist_impl-8.0.2.jar
    ├── im_jackling_core-0.0.2.jar
    ├── im_jackling_toolkit-0.0.2.jar
    ├── im_jdk_assist-8.0.2.jar
    ├── im_juggling_ant-1.0.0.jar
    ├── im_modules-8.0.5.jar
    ├── javassist-3.7.ga.jar
    ├── ognl-2.7.3.jar
    ├── slf4j-api-1.6.6.jar
    └── xalan-2.7.0.jar

このantディレクトリ直下に、projectという名称のディレクトリを作成し、その中に IM-Juggling プロジェクトのファイル群を配置します。 その後、コマンドラインから 以下のantコマンドを実行することによりWARファイルが作成されます。

ant clean make

また、コマンドラインから 以下のantコマンドを実行することによりWARファイルとあわせて静的ファイルも作成できます。

ant clean make static

デフォルトの設定では試用版のWARファイル、静的ファイルの作成が可能です。 製品版を作成する際には、 antディレクトリ直下にある <build.xml> ファイルに追記する必要があります。

以下のように <build.xml> の juggling タグ内に trial=”false” を追記してから ant コマンドを実行することで、製品版のWARファイル、静的ファイルの作成が可能です。

1
2
3
4
5
<!-- warファイルの内容を展開します -->
<juggling trial="false" type="war" sample="${juggling.sample}" runtime="${juggling.runtime}" project="${juggling.project}" env="${juggling.env}" dest="${juggling.dest}" work="${juggling.work}">
    <repository name="base" path="${juggling.repository.base}" />
    <repository name="app" path="${juggling.repository.app}" />
</juggling>
1
2
3
4
5
<!-- 静的ファイルの内容を展開します -->
<juggling trial="false" type="static" sample="${juggling.sample}" runtime="${juggling.runtime}" project="${juggling.project}" env="${juggling.env}" dest="${juggling.dest}" work="${juggling.work}">
    <repository name="base" path="${juggling.repository.base}" />
    <repository name="app" path="${juggling.repository.app}" />
</juggling>

注意

CUIでWARファイルを作成する際、使用許諾の同意確認が表示されません。
WARファイルを「製品版」で作成した場合、使用許諾に同意したものと見なします。予めご了承ください。