intra-mart Accel Platform クイック セットアップガイド 第12版 2018-12-01

4.1. JDK

intra-mart Accel Platform を利用するには、JDK が必要です。

4.1.1. JDK のダウンロード

Resin の場合、リリースノートに記載されているシステム要件を満たす JDK を入手し、セットアップを行います。
詳細は「 リリースノート 」-「 システム要件 」を参照してください。
Resin 以外の Web Application Server の場合、各製品のドキュメントを参照してください。
以下では例として、Oracle Java(JDK)をダウンロードした場合の手順を記載します。
Oracle Java(JDK)を入手する場合は下記のURLを参考に、環境に適した JDK をダウンロードしてください。
実際のインストール時は、上述したリリースノートに記載されているシステム要件を満たすものをダウンロードしてください。

4.1.2. Oracle Java(JDK)のインストール

  1. ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックします。
  2. 以下の画面が表示されるまで「次へ」をクリックします。
    「変更」をクリックします。
  3. 「ローカルディスク」を選択します。
  4. 「ローカルディスク」を選択していることを確認し、「新しいフォルダーの作成」アイコンをクリックします。
  5. 新しいフォルダー名に「Java」と入力します。
  6. 「Java」が選択されていることを確認し、もう一度「新しいフォルダーの作成」アイコンをクリックします。
  7. 「jdk1.8」と入力し、「OK」をクリックします。
  8. インストール先が作成したフォルダーのパスに変更されていることを確認し、「次へ」をクリックします。
  9. 「次へ」をクリックします。
  10. 「閉じる」をクリックします。 JDK のインストールは完了です。

4.1.3. 環境変数の設定

Windows環境変数に JDK をインストールしたホームディレクトリを追加します。
WindowsOSのマニュアルにしたがい、以下を設定します。
変数
PATH JDK をインストールしたホームディレクトリ内の「bin」ディレクトリ
JAVA_HOME JDK をインストールしたホームディレクトリ
  1. 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの詳細設定」の順に進み、システムのプロパティを表示します。

    注意

    OSにより表示方法は異なります。本書ではWindows 7での表示方法を記載しています。

  2. 「環境変数」をクリックします。
  3. 「システム環境変数」の変数「Path」を選択し、「編集」をクリックします。
  4. 「変数値」の最後に JDK をインストールしたホームディレクトリ内の「bin」ディレクトリパスを入力し、「OK」をクリックします。

    注意

    既に設定されている値の変更や削除をしないように注意してください。
    変更や削除をしてしまった場合は、「キャンセル」をクリックし、もう一度やり直してください。
    変数値の最後に「;」セミコロンがない場合は、「;」で既存の値を区切ってから入力してください。
  5. 「システム環境変数」の変数「JAVA_HOME」を選択し、「編集」をクリックします。
    「JAVA_HOME」がない場合は、「新規」をクリックします。
  6. 新規の場合は、「変数名」に「JAVA_HOME」と入力します。
    「変数値」に JDK をインストールしたホームディレクトリパスを入力し、「OK」をクリックします。

    注意

    JAVA_HOMEの値には「;」セミコロンをつけずに設定してください。
    設定値の最後に「;」をつけると、Apache Cassandra が正常に起動しない場合があります。
  7. 「OK」をクリックします。環境変数の設定は完了です。

4.1.4. 設定の確認

  1. コマンドプロンプトを起動します。

    コラム

    コマンドプロンプトの起動方法

    • Windowsマークまたはスタートをクリック
    • プログラムとファイルの検索に「cmd」と入力し、エンターキーを押下します。

    コマンドプロンプトの終了方法

    • 「exit」と入力し、エンターキーを押下します。
  2. 「set path」と入力しエンターキーを押下します。
    • 環境変数設定で入力したパスが表示されていれば、「Path」の設定は完了しています。
  3. 「set java_home」と入力しエンターキーを押下します。
    • 環境変数設定で入力したパスが表示されていれば、「JAVA_HOME」の設定は完了しています。

次は、「 Web Application Server 」へ進みます。