intra-mart Accel Platform クイック セットアップガイド 第12版 2018-12-01

4.6.1. プロジェクトの作成とモジュールの選択

4.6.1.1. IM-Juggling とは

IM-Juggling はモジュールの管理、WARファイルのリモートデプロイを実行できる環境構築ツールです。
このツールを使用し、新しい機能の導入や不具合修正の適用をします。

4.6.1.2. IM-Juggling のインストール

環境に合わせた IM-Juggling を任意のパスに展開します。

コラム

TRY版利用などの場合、 IM-Juggling は次の「TRY版ダウンロードサイト」からダウンロードできます。


※アンケートへのご記入後、遷移後のページより下記をダウンロードをしてください。
→IM-Juggling(WARファイルを生成するツール)
IM-Juggling (Windows 32Bit)
IM-Juggling (Windows 64Bit)

注意

IM-Juggling で利用するリポジトリデータは以下の方法で取得できます。

IM-Juggling を製品版メディアイメージからコピーして起動した場合、この設定パスが適切な設定ではない場合があります。
IM-Juggling ウィンドウ内-ツールバー右端にある「設定」-「IM-Juggling」-「モジュールリポジトリ」より、ローカルリポジトリの参照先が正しい設定パスになっているかを確認してください。
インターネット接続の場合は、”http://”から始まるロケーションが有効(チェックがついている)となっている場合、外部のリポジトリを参照します。

注意

利用する環境でプロキシ設定などが必要な場合は、「設定」-「一般」-「ネットワーク接続」を開きます。
アクティブ・プロバイダとして「ネイティブ」を選択した場合、Internet Explorer のプロキシサーバの設定情報を引き継ぎます。
(Internet Explorerで「Alt」キーを押してメニューを表示し、「ツール」→「インターネットオプション」→「接続」タブ→「LANの設定」で 表示されるプロキシサーバの設定です)

アクティブ・プロバイダとして「手操作(マニュアル)」を選択し、プロキシ・エントリの「HTTP」の「編集」をクリックします。
プロキシ・エントリの編集」画面で「ホスト」、「ポート」、「認証情報」を設定して「OK」をクリックします。

注意

IM-Juggling を利用してプロジェクトの作成や、WARファイルの作成を行っている際にリポジトリ情報の取得等の
エラーが発生した場合、下記のディレクトリにあるデータを削除して再度、 IM-Juggling を起動して試行してください。

%OSユーザディレクトリ%/juggling/workspace/.repository ディレクトリ

古い情報が残っているためにエラーとなる場合があります。
この古いファイルを削除する事で、最新のデータが再取得され問題を回避します。

4.6.1.3. プロジェクトの新規作成

  1. 展開したディレクトリ直下にある、 juggling.exe を起動します。

  2. 初回起動時の場合、「使用許諾契約書の同意」が表示されます。
    「同意する」を選択し「OK」をクリックします。
  3. ダッシュボードが表示されます。
    「プロジェクトを新規に作成する」を選択します。
    ../../_images/create_project_1.png
  4. ポップアップ表示されたウィザード画面内の「プロジェクト名」に半角英数字の任意のプロジェクト名を入力します。
    入力後、「次へ(N)」 をクリックします。
    ../../_images/create_project_2.png
  5. 利用するプロダクトおよびバージョンを選択します。
    選択後、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_3.png

    コラム

    TRY版利用などの場合、より製品を体験頂くため Advanced Edition を選択する事を推奨します。
    Advanced Edition には、ワークフロー機能(IM-Workflow)が含まれています。
    各製品構成については、「イントロダクション」-「intra-martの製品構成」を参照してください。

    コラム

    同一プロダクトにおいて複数のバージョンが表示されている場合は最新のものを選択する事を推奨します。
  6. 利用するアプリケーションを選択します。
    選択後、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_4.png

    注意

    「移行ツール」、「互換機能」は version7.2 からの移行を行う場合に選択します。
    本書でのセットアップでは必要ありませんので、選択しないようにしてください。
  7. 利用するプラットフォーム用の追加リソース(設定ファイル等)を選択する画面が表示されますが、
    変更しないまま、「次へ(N)」をクリックします。
    ../../_images/create_project_5.png
  8. 最後に「終了(F)」をクリックします。

    ../../_images/create_project_6.png
  9. プロジェクトの作成処理が行われ、完了すると以下の画面が表示されます。

    ../../_images/create_project_7.png

4.6.1.4. モジュールの選択

  1. 利用するモジュールを選択します。
    ※ここでは、何も変更する必要はありません。

4.6.1.5. アプリケーションの追加

プロジェクト作成後、アプリケーションを追加できます。

  1. 「アプリケーション」タブをクリックし、「+」をクリックします。

    ../../_images/create_project_8.png
  2. 追加したいアプリケーションをクリックし、「OK」をクリックします。

    ../../_images/create_project_4.png

    注意

    「移行ツール」、「互換機能」は version7.2 からの移行を行う場合に選択します。
    本書でのセットアップでは必要ありませんので、選択しないようにしてください。

コラム

画面上部にエラーメッセージが表示される場合
モジュール単位・アプリケーション単位で依存関係を持っています。
../../_images/create_project_10.png
以下の手順で必要な設定を追加できます。
  1. メッセージをクリックします。
  2. 「依存関係の解決」画面で「OK」をクリックします。

次は、「 全文検索機能(IM-ContentsSearch)の設定 」へ進みます。