intra-mart Accel Platform IM-Workflow ユーザ操作ガイド 第11版 2019-08-01

3.4.1. 検索条件を利用する

一覧に表示する内容を、キーワードや日付などで絞り込みます。
未処理一覧を例に説明します。
  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「未処理」をクリックします。

  2. 「表示条件」をクリックします。

    ../../../_images/basic_guide_10_1.png
  3. 検索条件を設定します。

  4. 「検索」をクリックします。

    ../../../_images/basic_guide_10_2.png
  5. 案件の検索ができました。

    ../../../_images/basic_guide_10_3.png

3.4.1.1. 検索条件に指定できる項目

一覧で指定できる検索条件は、画面によって異なります。
各一覧画面で指定できる検索条件の項目は、以下の通りです。
  • 申請画面

    ../../../_images/basic_guide_10_4.png
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 備考(フローバージョン)

      備考に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フローのバージョンについての備考の内容と部分一致するフローを表示します。
  • 一時保存画面

    ../../../_images/basic_guide_10_5.png
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      申請情報の申請者を検索条件として指定します。
    • 案件名

      申請情報の案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • コメント

      一時保存時のコメントを検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。
  • 未処理画面

    ../../../_images/basic_guide_10_6.png
    • 絞込み条件

      絞込み条件を指定します。
      押下ごとに表示/非表示が切り替わります。トグルがオン(緑)の状態のとき、対象の案件が表示される状態です。
      • 本人:

        ログインユーザが処理できる(処理権限がある)案件です。
        • 申請

          ログインユーザが処理できる案件に対して、状態が「申請待ち」「再申請待ち」である案件の表示/非表示を選択します。
        • 承認

          ログインユーザが処理できる案件に対して、状態が「承認待ち」「保留状態」である案件の表示/非表示を選択します。
      • 代理:

        ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる(処理権限がある)案件です。
        ワークフロー管理者が代理機能の利用を不可としている場合、この条件設定欄は表示されません。
        • 申請

          ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる案件に対して、状態が「申請待ち」「再申請待ち」である案件の表示/非表示を選択します。
        • 承認

          ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる案件に対して、状態が「承認待ち」「保留状態」である案件の表示/非表示を選択します。
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • 優先度

      案件で指定されている優先度を検索条件として指定します。プルダウンから「通常」「高」「低」のいずれかを選択します。
    • 案件番号

      案件番号を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件名

      案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請日

      案件の申請日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      案件の申請者を検索条件として指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、申請者検索画面がポップアップ表示されます。
      検索条件としたい申請者を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • ノード名

      ノード名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 状態

      案件の状態を検索条件として指定します。「申請待ち」「承認待ち」「再申請待ち」「保留状態」のいずれかを選択します。
    • 到達日

      案件の到達日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 処理期限

      案件の処理期限日付を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。
  • 処理済画面

    <未完了案件>
    ../../../_images/basic_guide_10_7.png
    <完了案件>
    ../../../_images/basic_guide_10_8.png
    • 絞込み条件

      絞込み条件を指定します。
      押下ごとに表示/非表示が切り替わります。トグルがオン(緑)の状態のとき、対象の案件が表示される状態です。
      • 自案件:

        「自案件」は、ログインユーザが処理できる(処理権限がある)案件です。
        • 本人

          ログインユーザが処理できる案件に対して、ログインユーザが処理を行った案件です。
          • 申請済

            ログインユーザが申請、再申請を行った案件の表示/非表示を選択します。
          • 処理済

            ログインユーザが承認等を行った案件の表示/非表示を選択します。
        • 代理先

          ログインユーザが処理できる案件に対して、ログインユーザの代理先として他のユーザが処理を行った案件です。
          ワークフロー管理者が代理機能の利用を不可としている場合、この条件設定欄は表示されません。
          • 申請済

            ログインユーザ以外の他のユーザ(代理先)が申請、再申請を行った案件の表示/非表示を選択します。
          • 処理済

            ログインユーザ以外の他のユーザ(代理先)が承認等を行った案件の表示/非表示を選択します。
      • 他者案件:

        「他者案件」は、ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる(処理権限がある)案件です。
        ワークフロー管理者が代理機能の利用を不可としている場合、この条件設定欄は表示されません。
        • 本人

          ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる案件に対して、ログインユーザが処理を行った案件です。
          • 申請済

            ログインユーザが他のユーザの代理先として、申請、再申請を行った案件の表示/非表示を選択します。
          • 処理済

            ログインユーザが他のユーザの代理先として、承認等を行った案件の表示/非表示を選択します。
        • 代理元

          ログインユーザが他のユーザの代理先として処理できる案件に対して、ログインユーザ以外の他のユーザが処理を行った案件です。
          • 申請済

            ログインユーザ以外の他のユーザ(代理元も含む)が、申請、再申請を行った案件の表示/非表示を選択します。
          • 処理済

            ログインユーザ以外の他のユーザ(代理元も含む)が、承認等を行った案件の表示/非表示を選択します。
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • 優先度

      案件で指定されている優先度を検索条件として指定します。プルダウンから「通常」「高」「低」のいずれかを選択します。
    • 案件番号

      案件番号を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件名

      案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請日

      案件の申請日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      案件の申請者を検索条件として指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、申請者検索画面がポップアップ表示されます。
      検索条件としたい申請者を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 最終処理日

      案件の最終処理日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
      ※「未完了案件」表示の検索条件指定の場合のみ表示される項目です。
    • 案件終了日

      案件の終了日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
      ※「完了案件」表示の検索条件指定の場合のみ表示される項目です。
    • 完了状態

      案件の完了状態を検索条件として指定します。プルダウンから「終了ノード到達」「承認終了」「取止め」「否認」「案件操作」のいずれかを選択します。
      ※「完了案件」表示の検索条件指定の場合のみ表示される項目です。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。
  • 参照画面

    <未完了案件>
    ../../../_images/basic_guide_10_9.png
    <完了案件>
    ../../../_images/basic_guide_10_10.png
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • 優先度

      案件で指定されている優先度を検索条件として指定します。プルダウンから「通常」「高」「低」のいずれかを選択します。
    • 案件番号

      案件番号を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件名

      案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請日

      案件の申請日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      案件の申請者を検索条件として指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、申請者検索画面がポップアップ表示されます。
      検索条件としたい申請者を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 案件終了日

      案件の終了日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
      ※「完了案件」表示の検索条件指定の場合のみ表示される項目です。
    • 完了状態

      案件の完了状態を検索条件として指定します。プルダウンから「終了ノード到達」「承認終了」「取止め」「否認」「案件操作」のいずれかを選択します。
      ※「完了案件」表示の検索条件指定の場合のみ表示される項目です。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。
  • 過去案件画面

    ../../../_images/basic_guide_10_11.png
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • 優先度

      案件で指定されている優先度を検索条件として指定します。プルダウンから「通常」「高」「低」のいずれかを選択します。
    • 案件番号

      案件番号を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件名

      案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請日

      案件の申請日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      案件の申請者を検索条件として指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、申請者検索画面がポップアップ表示されます。
      検索条件としたい申請者を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 案件終了日

      案件の終了日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 完了状態

      案件の完了状態を検索条件として指定します。プルダウンから「終了ノード到達」「承認終了」「取止め」「否認」「案件操作」のいずれかを選択します。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。
  • 確認画面

    ../../../_images/basic_guide_10_12.png
    • 絞込み条件

      絞込み条件を指定します。
      押下ごとに表示/非表示が切り替わります。トグルがオン(緑)の状態のとき、対象の案件が表示される状態です。
      • 未確認:

        ログインユーザが確認を行っていない案件の表示/非表示を選択します。
      • 確認済:

        ログインユーザが確認を行った案件の表示/非表示を選択します。
    • フローグループ

      検索したい案件のフローの属するフローグループを検索条件として指定します。定義されているフローグループが階層ごとにプルダウンで表示されます。
      ワークフロー管理者がフローグループを使用しない設定にしている場合は表示されません。
    • 優先度

      案件で指定されている優先度を検索条件として指定します。プルダウンから「通常」「高」「低」のいずれかを選択します。
    • 案件番号

      案件番号を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 案件名

      案件名を検索条件として指定します。入力値の部分一致で検索します。
    • 申請基準日

      申請情報の申請基準日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請日

      案件の申請日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 申請者

      案件の申請者を検索条件として指定します。
      image_common_19 <検索>を押下すると、申請者検索画面がポップアップ表示されます。
      検索条件としたい申請者を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 <解除>を押下します。
    • 到達日

      案件の到達日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • フロー名

      フロー名に対する検索条件を指定します。
      指定した内容が、フロー名と部分一致するフローを表示します。
    • 案件終了日

      案件の終了日を検索条件として範囲指定します。 image_common_44 を押下して、表示されるカレンダーから日付を選択します。
      指定した値を解除したい場合は、 image_common_39 を押下します。
    • 完了状態

      案件の完了状態を検索条件として指定します。プルダウンから「終了ノード到達」「承認終了」「取止め」「否認」「案件操作」のいずれかを選択します。
    • 案件プロパティで設定した項目

      案件プロパティに設定した項目で、「一覧表示項目の項目として使用する」が有効、かつ一覧表示パターンで表示項目に設定しているとき、案件プロパティの値に基づいて検索できます。
      検索範囲は、案件プロパティ定義の設定で「単一検索」、「範囲検索」のどちらが設定されているかによって異なります。
      単一値の場合、入力値の部分一致で検索します。範囲検索の場合、入力値以上、または入力値以下で検索します。

コラム

検索条件の利用について
IM-Workflow の各種一覧画面で設定できる検索条件では、以下の条件で検索を行います。
  • フリーワード入力が可能な項目に関しては、入力された文字全てを1つの単語として検索を行います。
    半角スペースなどを含めた文字列を設定した場合は、半角スペースなども含めた1つの単語とみなします。
    2つの単語によるAND/OR検索はできません。
  • フリーワード入力が可能な項目に関して、入力された文字の大文字・小文字を区別して検索を行います。

コラム

一覧表示パターン定義画面で、各パターン定義に初期検索条件が設定されている場合、初期表示時にその条件が設定された状態で表示されます。