intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.2.2.1. 管理グループによる権限制御

「管理グループ」とはワークフローシステム管理者がワークフロー運用管理者に付与する権限の範囲のことです。
  • ワークフロー運用管理者にしたいユーザのアクセス権限を管理グループに設定すると、そのアクセス権限に所属するユーザはワークフロー運用管理者が設定されます。
  • ワークフロー運用管理者に管理させたい項目は、ワークフロー運用管理者が属する管理グループに設定します。
  • テナント単位設定「管理グループ機能の使用可否」で管理グループの機能の使用可否を制御できます。

管理グループとワークフロー運用管理者

../../../../_images/detail_guide_2_figure_3.png
  • 同じ管理グループに属する別のワークフロー運用管理者は、同じ項目を参照/編集することができます。
  • 管理グループに会社を設定した場合、ワークフロー運用管理者は設定した会社以外を参照できません。
  • 管理グループは下表の内容を管理します。

管理グループが管理する項目

  説明
管理する項目

メール定義

IMBox定義

コンテンツ定義

フロー定義

ルート定義

ルートテンプレート定義

権限 マスタ編集権限
管理する項目に対するマスタ編集権限
  • 参照可
  • 編集可
案件操作権限
案件に対する案件操作権限
  • 参照可
  • 操作可
* 案件操作権限はフロー定義にのみ設定できます。
その他
どの管理グループにも属さない項目はワークフローシステム管理者のみが管理できます。
ワークフロー運用管理者が新規作成した項目は、ワークフローシステム管理者が参照、編集することができます。