intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.24.1. 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュとは

処理対象者標準プラグイン結果キャッシュとは、製品標準で提供している処理対象者プラグインの実行処理結果をキャッシュとして保存する機能です。
処理対象者プラグイン実行処理を減らすことで、システム全体の負荷を軽減することを目的とする機能です。
処理対象者標準プラグイン結果キャッシュの設定方法は「 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定 」を参照してください。