intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.26.4. 他の機能との関連について

  • 保留について

    • 保留中のノードに対して、処理対象者変更を実行すると、保留解除の通知メール、および IMBox メッセージが変更前のユーザに送信されます。
  • ノード編集画面について

    • 処理対象者変更処理の変更先に指定した処理対象者プラグインは、通常のノード編集画面で追加できるプラグインとは別のプラグインとして扱われます。
      そのため、通常のノード編集画面において、重複チェックの対象外として扱われます。
      • [例] 処理対象者変更画面の変更先に「ユーザ:青柳辰巳」を設定した場合に、案件操作の対象ノードの編集画面で「ユーザ:青柳辰巳」を追加すると2重で登録されます。
  • 処理対象者再展開ジョブについて

    • 処理対象者変更を行ったノードに対して、処理対象者再展開ジョブを実行した場合の基準日は以下の通りです。
      • 「baseDateType」が「matter」の場合 : システム日を基準日として処理対象者を再展開します。
      • 「baseDateType」が「specified-date」の場合 : 「baseDate」で指定された日付を基準日として処理対象者を再展開します。