intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.23.2.5. ロケール情報のインポート仕様

インポート元・インポート先のシステムで利用可能なロケールに差異がある場合、以下の通りにロケール情報の補完、または削除を行います。
  • インポート先のシステムで利用可能なロケールの数 > インポートファイルのロケール数

    • インポートファイルのロケール数が1つの場合、インポートファイルのロケール情報を不足しているロケールにコピーして設定します。

    • インポートファイルのロケール数が2つ以上の場合、インポートを実行しているログインユーザのロケールに合致したインポートファイルのロケール情報を不足しているロケールにコピーして設定します。
      (ログインユーザのロケールと合致しない場合、インポートファイルに含まれるロケールの1つを不足しているロケールに設定します。)
  • インポート先のシステムで利用可能なロケールの数 < インポートファイルのロケール数

    • インポートファイル内のロケール情報のうち、インポート先にないロケールの情報は削除されます。