intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.23.2.1. バージョンを持たないマスタ定義のインポート仕様

バージョンを持たないマスタ定義は、マスタ定義のID単位でインポートできます。
対象:代理管理者設定、案件プロパティ定義、一覧表示パターン定義、メール定義、 IMBox 定義、ルール定義、フローグループ定義、管理グループ定義
  • 同一IDが既存データに存在しないマスタ定義をインポートした場合、マスタ定義の新規登録として処理を行います。
  • 同一IDが既存データに存在するマスタ定義をインポートする場合、以下の通り動作します。

バージョンを持たないマスタ定義のインポート

../../../../_images/detail_guide_23_figure_1.png
インポートを行うと、マスタ定義を更新し、配下のデータをすべて置き換えます。
上記の図の例では、既存データのフローグループ定義 flow_group_1 をインポートファイルのデータで更新します。
また、フローグループ flow_group_1 に設定されているフローはすべて削除し、インポートファイルのデータにすべて置き換えます。

3.23.2.1.1. 一覧表示パターン定義インポートに関する注意事項

一覧表示パターン定義の「標準設定」は定義ごと(申請一覧、未処理一覧など)に設定されますので、インポートファイル内に、「標準設定」として設定されている定義が存在する場合、既存データの一覧表示パターン定義に対する「標準設定」は無効です。
インポートした一覧表示パターン定義の「標準設定」が有効なものとして扱われます。

3.23.2.1.2. 代理管理者設定インポートに関する注意事項

代理管理者設定は、既存データの登録状況に関わらず、必ず既存データを削除した上で、インポートファイルの内容がインポートされます。