intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.25.2.4. 申請基準日以外での案件操作権限者の展開/再展開

フロー定義の機能の「対象者を展開する日」を “システム日”としたフロー定義で申請された案件の場合、案件操作権限者は現在日付で展開します。
また、案件操作権限者の再展開は、ジョブ「参照者再展開」を使用することで一括に再展開することができます。
当該ジョブは3つのモードが存在します。
各案件が開始したときに、コピーしたフロー定義の「対象者を展開する日」の日付を基準日としてノードに設定されている対象者を再展開するモード(baseDateType=matter)
現在日付を基準日としてノードに設定されている対象者を再展開するモード(baseDateType=sys-date)
任意の日付を指定し、その日付を基準日として再展開するモード(baseDateType=specified-date)
※詳細は「4.1 ジョブ一覧」の「確認対象者」を参照。
また、当該ジョブには注意事項「4.2 参照者再展開ジョブ」が存在します。