intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第20版 2018-04-01

3.2. リクエストパラメータ

各種一覧画面から呼び出される申請および処理等の画面で、必要な情報をリクエストパラメータとして受け取る事ができます。
No パラメータ(物理名) パラメータ(論理名) 詳細
1 imwGroupId グループID
非推奨です。
過去との互換のために残されています。
2 imwUserCode 処理者CD(ログインユーザ本人のユーザコード)  
3 imwPageType
画面種別
表示された画面の種別
・申請画面
・一時保存画面
・申請(起票案件)画面
・再申請画面
・処理画面
・確認画面
・処理詳細
・参照詳細
・確認詳細
・過去案件詳細
・申請画面(スマートフォン用)
・一時保存画面(スマートフォン用)
・申請(起票案件)画面(スマートフォン用)
・再申請画面(スマートフォン用)
・処理画面(スマートフォン用)
・確認画面(スマートフォン用)
4 imwUserDataId ユーザデータID  
5 imwSystemMatterId システム案件ID  
6 imwNodeId 処理対象ノードID
処理対象のノードが縦配置・横配置ノードの場合は、展開後のノードIDが渡されます。
7 imwArriveType 到達種別  
8 imwAuthUserCode 権限者CD
ログインユーザが案件を処理する際に選択可能な権限者コードです。具体的には、ログインユーザ本人や、ログインユーザを代理先として代理設定されている場合は代理元ユーザコードが該当します。
権限者が複数存在する場合、当パラメータは配列で渡されます。※
ただし、権限者が複数存在する場合でも、申請/一時保存画面表示の際は一覧上で権限者が特定されているため、特定済みの権限者コードのみが渡されます。
9 imwApplyBaseDate 申請基準日 「yyyy/mm/dd」形式
10 imwContentsId コンテンツID  
11 imwContentsVersionId コンテンツバージョンID  
12 imwRouteId ルートID  
13 imwRouteVersionId ルートバージョンID  
14 imwFlowId フローID  
15 imwFlowVersionId フローバージョンID  
16 imwSerialProcParams
連続処理パラメータ
連続処理用のパラメータ
IM-Workflow バージョン8.0.2 より、当パラメータは無効になりました。
必ず空文字(””)が渡されるため、ユーザコンテンツ間での当パラメータの引き回しは不要です。
連続処理用の情報は「imwCallOriginalParams」に内包されます。
17 imwCallOriginalParams 呼出元パラメータ 呼出元ページのパラメータ
18 imwCallOriginalPagePath 呼出元ページパス 呼出元のページパス
19 imwSysDateTargetExpandFlag システム日で対象者を展開するフラグ “0”:無効、”1”:有効
20 imwShortCutFlag ショートカットフラグ
ショートカットアクセスURLから詳細画面が表示されたことを示すフラグです。
※IM-Workflow バージョン8.0.10より追加されました。
“0”:ショートカットアクセスURLからの遷移ではない
“1”:ショートカットアクセスURLからの遷移
※imwAuthUserCode(権限者CD)について、各開発モデルでの取得例は以下の通りです。
ここで記載している内容は、次の観点において共通です。
  • クライアントタイプ

    スクリプト開発モデル
    1
    2
    3
    function init(request) {
        var imwAuthUserCodeList = request.getParameterValues("imwAuthUserCode"); //権限者CDの配列
    }
    
    JavaEE開発モデル
    1
    2
    HttpServletRequest request = getRequest();
    String[] imwAuthUserCodeList = request.getParameterValues("imwAuthUserCode"); //権限者CDの配列
    

画面別取得可否一覧
No パラメータ
申請
一時
保存※
起票
再申請
処理
確認
処理
詳細
参照
詳細
確認
詳細
過去
案件
詳細
1 imwGroupId
2 imwUserCode
3 imwPageType
4 imwUserDataId -
5 imwSystemMatterId - -
6 imwNodeId - - - -
7 imwArriveType - - - - -
8 imwAuthUserCode - - - - -
9 imwApplyBaseDate
10 imwFlowId
11 imwFlowVersionId
12 imwContentsId
13 imwContentsVersionId
14 imwRouteId
15 imwRouteVersionId
16 imwSerialProcParams - - - - - - - - - -
17 imwCallOriginalParams - - - -
18 imwCallOriginalPagePath - - - -
19 imwSysDateTargetExpandFalg -
20 imwShortCutFlag - - - - - -
< 「○」 : 取得可能 / 「-」 : 取得不可能>
※スマートフォン用の場合も同様です。
ただし、「imwAuthUserCode」 のみ、スマートフォン用の起票、再申請、処理画面では取得することができません。

  • 再申請時の「imwAuthUserCode」

    リクエストパラメータの「imwAuthUserCode」は、基本的には特定の1ユーザコードを返却しますが、以下の図の例のような操作を行った場合には、複数のユーザコードを返却します。
    ../../_images/overview_2_figure_1.png

    ../../_images/overview_2_figure_2.png

    ../../_images/overview_2_figure_3.png

    ../../_images/overview_2_figure_4.png