intra-mart Accel Platform IM-Propagation 送受信設定一覧 第6版 2019-08-01

4. IM-Propagation 送信側一覧

intra-mart Accel Platform が標準で提供している送信側の一覧と、その利用方法について説明します。

送信側一覧の利用方法

この章では、送信側一覧を利用したデータの受け取り方と、一覧の参照方法について説明します。

データの受け取り方

データを受け取る場合の手順は、以下の通りです。
一例として、アカウント情報の変更の受け取り方を説明します。
  1. 受け取りたいデータを一覧からピックアップする

    始めに、「送信側一覧 」から受信したいデータの項を参照して、以下の情報を取得してください。
    以下に、アカウント情報の変更を受け取りたい場合の各項目値を例示します。
    • 独自モデルの完全修飾子

      例) jp.co.intra_mart.foundation.admin.account.model.AccountInfo
    • データ受信のための送受信モデル

      例) jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAccount
    • 取得したいタイミングに合致するデータの操作種別

      例) DATA_UPDATED (アカウント情報が更新された)
    • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

      例)詳細は、「アカウント情報 」を参照してください。
    一覧項目の詳細は、「送信側一覧の参照方法 」を参照してください。
  2. マッピング設定を作成する

    次に、一覧の情報をもとにマッピング設定を作成します。
    以下に、「アカウント情報が更新されたこと」を受け取るマッピング設定を例示します。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <propagation-receivers-config xmlns="http://www.intra-mart.jp/propagation/receivers-config"
        xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
        xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/propagation/receivers-config propagation-receivers-config.xsd">
      <receiver source="jp.co.intra_mart.foundation.admin.account.model.AccountInfo" operationType="DATA_UPDATED">
        <decoder class="jp.co.intra_mart.module_name.function_name.propagation.decoder.SampleAccountDecoder" />
        <procedure class="jp.co.intra_mart.module_name.function_name.propagation.procedure.SampleAccountProcedure" />
      </receiver>
    </propagation-receivers-config>
    
    各タグの設定についての説明は、以下の通りです。
    • receiver タグ

      source 属性には、一覧の中で「独自モデルの完全修飾子」として定義されているクラスの完全修飾子(FQCN)を指定します。
      アカウント情報の「独自モデルの完全修飾子」である jp.co.intra_mart.foundation.admin.account.model.AccountInfo を指定します。
      operationType 属性には、一覧の中で「データの操作種別とデータ送信のタイミング」として定義されている表から必要とするものを選択し、指定します。
      アカウント情報の「更新されたこと」を受け取る場合は、データの操作種別は DATA_UPDATED を指定します。
    • decoder タグ

      class 属性には、「データ変換クラス」の完全修飾子(FQCN)を指定します。
    • procedure タグ

      class 属性には、「データ処理クラス」の完全修飾子(FQCN)を指定します。

送信側一覧の参照方法

送信側に記載されている各項目の詳細は、以下の通りです。
  • 独自モデルの完全修飾子

    送信する「独自モデル」の完全修飾子(FQCN)を表しており、マッピング設定で使用します。
  • データ受信のための送受信モデル

    送信したデータを受信側が取得できるようにするための「送受信モデル(Generic)」の完全修飾子(FQCN)を表しています。
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    送信側が提供しているデータの操作種別と、送信されるタイミングの紐付けを表しており、マッピング設定で使用します。
    詳細は「IM-Propagation 仕様書」-「処理仕様」を参照してください。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    項目 詳細
    プロパティ データ受信のための送受信モデルが持つプロパティ名を表しています。
    参照元
    送受信モデルのプロパティへ値を渡す実際の独自モデル名とメソッド名を表しています。
    プロパティへ渡す値が独自モデルなどを介さない(引数によって直接指定されるなど)場合には、利用される型情報が代わりに記載されます。
    データの操作種別
    送信側にて提供されている「データの操作種別」を指定した際に、どのように値が渡されるかを表しています。
    詳細は、以下の通りです。
    表記 説明
    該当クラス、メソッドを利用して値が渡される。
    - 値の格納無し。
    説明 送受信モデルのプロパティに格納される値の説明を表しています。

送信側一覧

システム管理・テナント管理

システム、および、テナントに関する管理情報についての送信側設定一覧です。

テナント環境セットアップ

  • 概要

    テナント環境セットアップが完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.service.provider.updater.propagation.UpdatedTenant
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericUpdatedTenant
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    PROC_COMPLETED テナント環境セットアップが完了した。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    PROC_COMPLETED
    説明
    moduleInfoList (List<GenericUpdatedModule>)
    モジュール毎のスキーマバージョンリスト

テナント情報

  • 概要

    テナント情報への、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.admin.tenant.model.TenantInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericTenant
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    テナント情報の作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだテナント情報は作成されていません。
    DATA_CREATED
    テナント情報が作成された。

    DATA_UPDATING
    テナント情報の更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだテナント情報は更新されていません。
    DATA_UPDATED
    テナント情報が更新された。

    DATA_DELETING
    テナント情報の削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだテナント情報は削除されていません。
    DATA_DELETED
    テナント情報が削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    tenantId
    TenantInfo#
    getTenantId()
    テナントID
    dateTimeFormats
    TenantInfo#
    getDateTimeFormats()
    -
    日付表示形式
    emailAddress
    TenantInfo#
    getEmailAddress()
    -
    Eメールアドレス
    encoding
    TenantInfo#
    getEncoding()
    -
    エンコーディング
    firstDayOfWeek
    TenantInfo#
    getFirstDayOfWeek()
    -
    週の開始曜日の値
    homeUrl
    TenantInfo#
    getHomeUrl()
    -
    ホームURL
    locale
    TenantInfo#
    getLocale()
    -
    ロケール
    lockCount
    TenantInfo#
    getLockCount()
    -
    アカウントロック閾値
    lockTerm
    TenantInfo#
    getLockTerm()
    -
    アカウントロック期間(分)
    themeIds
    TenantInfo#
    getThemeIds()
    -
    テーマIDリスト
    timeZoneId
    TenantInfo#
    getTimeZoneId()
    -
    タイムゾーンID
    calendarId
    TenantInfo#
    getCalendarId()
    -
    デフォルトカレンダーID
    defaultTenant
    TenantInfo#
    isDefaultTenant()
    -
    デフォルトテナントフラグ
    attributes
    TenantInfo#
    getAttributes()
    -
    拡張属性情報

システム管理者

  • 概要

    システム管理者情報への、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.admin.tenant.model.Administrator
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAdministrator
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    システム管理者情報の作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報は作成されていません。
    DATA_CREATED
    システム管理者情報が作成された。

    DATA_UPDATING
    システム管理者情報の更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報は更新されていません。
    DATA_UPDATED
    システム管理者情報が更新された。

    DATA_DELETING
    システム管理者情報の削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだシステム管理者情報は削除されていません。
    DATA_DELETED
    システム管理者情報が削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    userCd
    Administrator#
    getUserCd()
    ユーザコード
    password
    Administrator#
    getPassword()
    -
    パスワード
    locale
    Administrator#
    getLocale()
    -
    ロケール
    encoding
    Administrator#
    getEncoding()
    -
    エンコーディング
    timeZoneId
    Administrator#
    getTimeZoneId()
    -
    タイムゾーンID
    emailAddress
    Administrator#
    getEmailAddress()
    -
    Eメールアドレス
    telephoneNumber
    Administrator#
    getTelephoneNumber()
    -
    電話番号

アカウント情報

  • 概要

    アカウント情報への、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.admin.account.model.AccountInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAccount
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    アカウント情報の作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント情報は作成されていません。
    DATA_CREATED
    アカウント情報が作成された。

    DATA_UPDATING
    アカウント情報の更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント情報は更新されていません。
    DATA_UPDATED
    アカウント情報が更新された。

    DATA_DELETING
    アカウント情報の削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント情報は削除されていません。
    DATA_DELETED
    アカウント情報が削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    ※ マッピングテーブルでは データの操作種別 を以下のように省略しています。

    • CREATE

      DATA_CREATING、および、DATA_CREATED

    • UPDATE

      DATA_UPDATING、および、DATA_UPDATED

    • DELETE

      DATA_DELETING、および、DATA_DELETED

    プロパティ
    参照元
    CREATE
    UPDATE
    DELETE
    説明
    userCd
    AccountInfo#
    getUserCd()
    ユーザコード
    dateTimeFormats
    AccountInfo#
    getDateTimeFormats()
    -
    日付表示形式リスト
    encoding
    AccountInfo#
    getEncoding()
    -
    エンコーディング
    calendarId
    AccountInfo#
    getCalendarId()
    -
    カレンダーID
    firstDayOfWeek
    AccountInfo#
    getFirstDayOfWeek()
    -
    週の開始曜日の値
    locale
    AccountInfo#
    getLocale()
    -
    ロケール
    lockDate
    AccountInfo#
    getLockDate()
    -
    アカウントロック日付
    loginFailureCount
    AccountInfo#
    getLoginFailureCount()
    -
    ログイン失敗回数
    notes
    AccountInfo#
    getNotes()
    -
    説明
    password
    AccountInfo#
    getPassword()
    [1] -
    パスワード
    themeIds
    AccountInfo#
    getThemeIds()
    -
    テーマ情報一覧のIDリスト
    timeZoneId
    AccountInfo#
    getTimeZoneId()
    -
    タイムゾーンID
    validStartDate
    AccountInfo#
    getValidStartDate()
    -
    アカウント有効開始日
    validEndDate
    AccountInfo#
    getValidEndDate()
    -
    アカウント有効終了日
[1]
2016 Spring(Maxima) 以降のバージョンの場合、 UPDATE 時にpasswordプロパティが伝搬されないことがあります。
AccountInfoManager#updateAccountInfo() で、passwordプロパティを含めて更新を行った場合は更新を行ったパスワード値が伝搬されます。
AccountInfoManager#updateAccountInfo() で、passwordプロパティ以外の更新を行った場合はパスワード値が伝搬されません。nullが設定されています。

アカウント付与ロール

  • 概要

    アカウント付与ロールへの、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.admin.propagation.model.PropagationAccountRole
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAccountRole
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    アカウント付与ロールの作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント付与ロールは作成されていません。
    DATA_CREATED
    アカウント付与ロールが作成された。

    DATA_UPDATING
    アカウント付与ロールの更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント付与ロールは更新されていません。
    DATA_UPDATED
    アカウント付与ロールが更新された。

    DATA_DELETING
    アカウント付与ロールの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだアカウント付与ロールは削除されていません。
    DATA_DELETED
    アカウント付与ロールが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    userCd (String)
    ユーザコード
    roleId
    AccountRoleInfo#
    getRoleId()
    ロールID
    roleValidStartDate
    AccountRoleInfo#
    getRoleValidStartDate()
    -
    ロール有効開始日
    roleValidEndDate
    AccountRoleInfo#
    getRoleValidEndDate()
    -
    ロール有効終了日

アカウントライセンス

  • 概要

    アカウントライセンスの付与、および、剥奪が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.secure.license.model.AccountLicenseInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAccountLicense
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED アカウントライセンスが付与された。
    DATA_DELETED アカウントライセンスが剥奪された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_DELETED
    説明
    userCd
    AccountLicenseInfo#
    getUserCd()
    ユーザコード

アプリケーションライセンス

  • 概要

    アプリケーションライセンスの付与、および、剥奪が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.secure.license.model.ApplicationLicenseInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericApplicationLicense
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED アプリケーションライセンスが付与された。
    DATA_DELETED アプリケーションライセンスが剥奪された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_DELETED
    説明
    userCd
    ApplicationLicenseInfo#
    getUserCd()
    ユーザコード
    applicationId
    ApplicationLicenseInfo#
    getApplicationId()
    アプリケーションID

テナントライセンス

  • 概要

    テナントライセンスの付与、および、剥奪が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Winter(Felicia)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.secure.license.model.TenantAccountLicenseInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericTenantAccountLicense
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED テナントライセンスが付与された。
    DATA_DELETED テナントライセンスが剥奪された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_UPDATED
    説明
    tenantId
    TenantAccountLicenseInfo#
    getTenantId()
    テナントID
    maxLicense
    TenantAccountLicenseInfo#
    getMaxLicense()
    最大ライセンス数

ロール

  • 概要

    ロールへの、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.admin.role.model.RoleInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericRole
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    ロールの作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだロールは作成されていません。
    DATA_CREATED
    ロールが作成された。

    DATA_UPDATING
    ロールの更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだロールは更新されていません。
    DATA_UPDATED
    ロールが更新された。

    DATA_DELETING
    ロールの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだロールは削除されていません。
    DATA_DELETED
    ロールが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    roleId
    RoleInfo#
    getRoleId()
    ロールID
    roleName
    RoleInfo#
    getRoleName()
    -
    ロール名
    category
    RoleInfo#
    getCategory()
    -
    ロールカテゴリ
    notes
    RoleInfo#
    getNotes()
    -
    ロールの詳細
    nameMap
    RoleInfo#
    getLocales()
    RoleInfo#
    getDisplayName()
    -
    ロール表示名 [2]

    補足説明

    [2]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にロール表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくロール表示名が格納されます。
    (RoleInfo#getLocales(), RoleInfo#getCalendarName() → Map<Locale, String>)

サブロール

  • 概要

    サブロールへの、追加・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.admin.propagation.model.PropagationSubRole
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericParentChild
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    サブロールの追加要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだサブロールは追加されていません。
    DATA_CREATED
    サブロールが追加された。

    DATA_DELETING
    サブロールの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだサブロールは削除されていません。
    DATA_DELETED
    サブロールが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    parentId (String)
    ロールID
    childId (String)
    サブロールID

IM-Authz(認可)

IM-Authz(認可)が持つ情報(サブジェクト/リソース/ポリシー)についての送信側設定一覧です。

リソースグループ

  • 概要

    リソースグループへの、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.resources.ResourceGroup
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAuthzResourceGroup
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED リソースグループが作成された。
    DATA_UPDATED リソースグループが更新された。
    DATA_DELETED リソースグループが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    resourceGroupSetId (String)
    リソースグループセットID
    resourceGroupId
    ResourceGroup#
    getResourceGroupId()
    リソースグループID
    nameMap
    ResourceGroup#
    getDisplayName()
    -
    リソースグループ表示名 [3]
    descMap
    ResourceGroup#
    getDescription()
    -
    説明 [4]
    parentResourceGroupId (String) -
    親リソースグループID

    補足説明

    [3]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にリソースグループ表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくリソースグループ表示名が格納されます。
    (I18nValue<String> → Map<Locale, String>)
    [4]
    送受信モデルの「descMap」は、key に説明のロケールが格納され、value にロケールに紐づく説明が格納されます。
    (I18nValue<String> → Map<Locale, String>)

リソース

  • 概要

    リソースへの、作成・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.resources.Resource
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAuthzResource
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED リソースが作成された。
    DATA_DELETED リソースが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_DELETED
    説明
    resourceGroupId (String)
    リソースグループID
    resourceId
    Resource#
    getResourceId()
    リソースID
    resourceTypeId
    Resource#
    getType()#
    getResourceTypeId()
    リソースタイプID [5]
    uri
    Resource#
    getUri()
    URI

    補足説明

    [5]
    送受信モデルの「resourceTypeId」は、対象のリソースにリソースタイプIDが指定されている場合はその値が、指定されていない場合はURIをもとに、該当するリソースタイプIDの値が設定されます。

リソースグループ汎用属性

  • 概要

    リソースグループ汎用属性への、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.resources.ResourceGroupAttribute
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAuthzResourceGroupAttribute
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED リソースグループ汎用属性が作成された。
    DATA_UPDATED リソースグループ汎用属性が更新された。
    DATA_DELETED リソースグループ汎用属性が削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETED
    説明
    resourceGroupId
    ResourceGroupAttribute#
    getResourceGroupId()
    リソースグループID
    attributeKey
    ResourceGroupAttribute#
    getAttributeKey()
    属性キー
    attributeValue
    ResourceGroupAttribute#
    getAttributeValue()
    属性値

サブジェクトグループ

  • 概要

    サブジェクトグループへの、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.subjects.SubjectGroup
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAuthzSubjectGroup
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED サブジェクトグループが作成された。
    DATA_UPDATED サブジェクトグループが更新された。
    DATA_DELETED サブジェクトグループが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    subjectGroupId
    SubjectGroup#
    getSubjectGroupId()
    サブジェクトグループID
    nameMap
    SubjectGroup#
    getDisplayName()
    -
    サブジェクトグループ表示名 [6]
    descMap
    SubjectGroup#
    getDescription()
    -
    説明 [7]

    補足説明

    [6]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にサブジェクトグループ表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくサブジェクトグループ表示名が格納されます。
    (I18nValue<String> → Map<Locale, String>)
    [7]
    送受信モデルの「descMap」は、key に説明のロケールが格納され、value にロケールに紐づく説明が格納されます。
    (I18nValue<String> → Map<Locale, String>)

ポリシー

  • 概要

    ポリシーへの、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.policies.Policy
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericAuthzPolicy
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ポリシーが作成された。
    DATA_UPDATED ポリシーが更新された。
    DATA_DELETED ポリシーが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETED
    説明
    policyId
    Policy#
    getPolicyId()
    ポリシーID
    resourceGroupId
    Policy#
    getResourceGroupId()
    リソースグループID
    resourceTypeId
    Policy#
    getResourceTypeId()
    リソースタイプID
    actionId
    Policy#
    getAction()
    アクション
    subjectGroupId
    Policy#
    getSubjectGroupId()
    サブジェクトグループID
    effect
    Policy#
    getEffect()
    エフェクト [8]

    補足説明

    [8]
    送受信モデルの「effect」には、以下のいずれかの値が格納されます。
    値の定義は、jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.policies.Effect を参照してください
    • “permit”
    • “deny”

ポリシー(全件削除)

  • 概要

    ポリシーが全件削除されたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.authz.model.policies.Policy
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.EmptyObject
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_ALL_DELETED ポリシーが全て削除された。

メニュー/メニューグループ

メニュー、および、メニューグループの情報についての送信側設定一覧です。

メニューグループ

  • 概要

    メニューグループへの、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.menu.model.MenuGroup
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericMenuGroup
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED メニューグループが作成された。
    DATA_UPDATED メニューグループが更新された。
    DATA_DELETED メニューグループが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETED
    説明
    menuGroupId
    MenuGroup#
    getMenuGroupId()
    メニューグループID
    clientType - -
    クライアントタイプ
    childMenuItemId
    MenuGroup#
    getMenuId()
    配下のメニューアイテムID
    nameMap
    MenuGroup#
    getMenuTree()#
    getMenuItem()#
    getDisplayNames()
    メニュー表示名 [9]
    noteMap - -
    備考

    補足説明

    [9]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にメニュー表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくメニュー表示名が格納されます。
    (DisplayNames(Map<String, DisplayName>) → Map<Locale, String>)

メニューアイテム

  • 概要

    メニューアイテムへの、作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Spring(Climbing)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.menu.propagation.HierarchicalMenuItem
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericMenuItem
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED メニューアイテムが作成された。
    DATA_UPDATED メニューアイテムが更新された。
    DATA_DELETED メニューアイテムが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    menuId
    MenuItem#
    getId()
    メニューID
    type
    MenuItem#
    getType()
    -
    メニューデータ種別 [10]
    description
    MenuItem#
    getDescription()
    -
    説明
    sortNumber
    MenuItem#
    getSortNumber()
    -
    ソート番号
    url
    MenuItem#
    getUrl()
    -
    URL
    menuGroupId (String) -
    メニューグループID
    parentMenuId (String) -
    親メニューID
    originalMenuId
    MenuItem#
    getOriginalMenuId()
    -
    コピー元メニューID
    method
    MenuItem#
    getMethod()
    -
    呼び出し方法
    useIframe
    MenuItem#
    isUseIframe()
    -
    Iframe表示/非表示フラグ
    usePopup
    MenuItem#
    isUsePopup()
    -
    ポップアップ表示/非表示フラグ
    imagePath
    MenuItem#
    getImagePath()
    -
    画像ファイルパス
    icon16
    MenuItem#
    getIcon16()
    -
    16x16サイズ用アイコンのアイコンID
    icon32
    MenuItem#
    getIcon32()
    -
    32x32サイズ用アイコンのアイコンID
    icon48
    MenuItem#
    getIcon48()
    -
    48x48サイズ用アイコンのアイコンID
    arguments
    MenuItem#
    getArguments()
    -
    引数 [11]
    nameMap
    MenuItem#
    getDisplayNames()
    -
    メニュー表示名 [12]

    補足説明

    [10]
    送受信モデルの「type」には、以下のいずれかの値が格納されます。
    値の定義は、jp.co.intra_mart.foundation.menu.model.MenuItemType を参照してください
    • “folder”
    • “item”
    • “external”
    [11]
    送受信モデルの「arguments」は、key に引数キー名が格納され、value に引数の値が格納されます。
    (Map<String, String> → Map<String, String>)
    [12]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にメニュー表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくメニュー表示名が格納されます。
    (DisplayNames(Map<String, DisplayName>) → Map<Locale, String>)

メニューIDの変更

  • 概要

    メニューIDが変更されたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Spring(Climbing)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.menu.propagation.ChangeMenuId
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericFromTo
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    ID_CHANGED メニューアイテムのIDが変更された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    ID_CHANGED
    説明
    from (String)
    変更前のメニューグループID/メニューアイテムID
    to (String)
    変更後のメニューグループID/メニューアイテムID

カレンダー

カレンダーの持つ情報についての送信側設定一覧です。

カレンダー

  • 概要

    カレンダーへの、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.calendar.model.CalendarInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericCalendar
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    カレンダーの作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだカレンダーは作成されていません。
    DATA_CREATED
    カレンダーが作成された。

    DATA_UPDATING
    カレンダーの更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだカレンダーは更新されていません。
    DATA_UPDATED
    カレンダーが更新された。

    DATA_DELETING
    カレンダーの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだカレンダーは削除されていません。
    DATA_DELETED
    カレンダーが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    calendarId
    CalendarInfo#
    getCalendarId()
    カレンダーID
    nameMap
    CalendarInfo#
    getLocales()
    CalendarInfo#
    getCalendarName()
    カレンダー表示名 [13]
    sortKey
    CalendarInfo#
    getSortKey()
    ソートキー

    補足説明

    [13]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にカレンダー表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくカレンダー表示名が格納されます。
    (CalendarInfo#getLocales, CalendarInfo#getCalendarName → Map<Locale, String>)

カレンダーに紐づく日付情報セット

  • 概要

    カレンダーに紐づく日付情報セットへの、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.calendar.propagation.CalendarDaySetAttach
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericCalendarDaySetAttach
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    日付情報セットの紐付けの作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セット紐付けは作成されていません。
    DATA_CREATED
    日付情報セットの紐付けが作成された。

    DATA_UPDATING
    日付情報セットの紐付けの更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セットの紐付けは更新されていません。
    DATA_UPDATED
    日付情報セットの紐付けが更新された。

    DATA_DELETING
    日付情報セットの紐付けの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セットの紐付けは削除されていません。
    DATA_DELETED
    日付情報セットの紐付けが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    calendarId
    CalendarDaySetAttach#
    getCalendarId()
    カレンダーID
    dayInfoSetIds
    CalendarDaySetAttach#
    getDayInfoSetIds()
    日付情報セットIDリスト

曜日情報

  • 概要

    カレンダーの曜日情報への、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.calendar.model.CalendarWeekDayInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericCalendarWeekDay
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    曜日情報の作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ曜日情報は作成されていません。
    DATA_CREATED
    曜日情報が作成された。

    DATA_UPDATING
    曜日情報の更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ曜日情報は更新されていません。
    DATA_UPDATED
    曜日情報が更新された。

    DATA_DELETING
    曜日情報の削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ曜日情報は削除されていません。
    DATA_DELETED
    曜日情報が削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    calendarId
    CalendarWeekDayInfo#
    getCalendarId()
    カレンダーID
    dayOfWeek
    CalendarWeekDayInfo#
    getDayOfWeek()
    対象曜日の値
    color
    CalendarWeekDayInfo#
    getColor()
    表示色
    holiday
    CalendarWeekDayInfo#
    isHoliday()
    休日フラグ

日付情報セット

  • 概要

    カレンダーの日付情報セットへの、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.calendar.model.DayInfoSet
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericDaySet
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    日付情報セットの作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セットは作成されていません。
    DATA_CREATED
    日付情報セットが作成された。

    DATA_UPDATING
    日付情報セットの更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セットは更新されていません。
    DATA_UPDATED
    日付情報セットが更新された。

    DATA_DELETING
    日付情報セットの削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報セットは削除されていません。
    DATA_DELETED
    日付情報セットが削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    dayInfoSetId
    DayInfoSet#
    getDayInfoSetId()
    日付情報セットID
    firstDayOfWeek
    DayInfoSet#
    getFirstDayOfWeek()
    週の開始曜日の値
    nameMap
    DayInfoSet#
    getLocales()
    DayInfoSet#
    getDayInfoSetName()
    日付情報セット表示名 [14]
    mergeSortKey
    DayInfoSet#
    getMergeSortKey()
    マージソートキー
    sortKey
    DayInfoSet#
    getSortKey()
    ソートキー

    補足説明

    [14]
    送受信モデルの「nameMap」は、key に日付情報セット表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づく日付情報セット表示名が格納されます。
    (DayInfoSet#getLocales, DayInfoSet#getDayInfoSetName → Map<Locale, String>)

日付情報

  • 概要

    カレンダーの日付情報への、作成・更新・削除の操作要求の受付と、変更処理が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.calendar.model.DayInfo
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericDay
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATING
    日付情報の作成要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報は作成されていません。
    DATA_CREATED
    日付情報が作成された。

    DATA_UPDATING
    日付情報の更新要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報は更新されていません。
    DATA_UPDATED
    日付情報が更新された。

    DATA_DELETING
    日付情報の削除要求が受け付けられた。
    ※ この段階では、まだ日付情報は削除されていません。
    DATA_DELETED
    日付情報が削除された。

  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATING/
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATING/
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETING/
    DATA_DELETED
    説明
    dayInfoSetId
    DayInfo#
    getDayInfoSetId()
    日付情報セットID
    dayInfoId
    DayInfo#
    getDayInfoId()
    日付情報ID
    dataType
    DayInfo#
    getDataType()
    データタイプ
    validStartYear
    DayInfo#
    getValidStartYear()
    有効開始年
    validEndYear
    DayInfo#
    getValidEndYear()
    有効終了年
    color
    DayInfo#
    getColor()
    表示色
    dayOfMonth
    DayInfo#
    getDayOfMonth()
    対象日
    dayOfWeek
    DayInfo#
    getDayOfWeek()
    対象曜日
    dayOfWeekInMonth
    DayInfo#
    getDayOfWeekInMonth()
    対象が第何曜日かという情報
    weekOfMonth
    DayInfo#
    getWeekOfMonth()
    対象週
    month
    DayInfo#
    getMonth()
    対象月
    fullYear
    DayInfo#
    getFullYear()
    対象年
    nameMap
    DayInfo#
    getLocales()
    DayInfo#
    getDayInfoName()
    日付情報表示名 [15]
    mergeSortKey
    DayInfo#
    getMergeSortKey()
    マージソートキー
    sortKey
    DayInfo#
    getSortKey()
    ソートキー

    補足説明

    [15]
    送受信モデルの「nameMap」は、key に日付情報表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づく日付情報表示名が格納されます。
    (DayInfo#getLocales(), DayInfo#getDayInfoName() → Map<Locale, String>)

ジョブ/ジョブネット

ジョブ、および、ジョブネットの持つ情報についての送信側設定一覧です。

ジョブネットカテゴリ

  • 概要

    ジョブネットカテゴリの作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.job_scheduler.model.jobnet.JobnetCategory
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJobnetCategory
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ジョブネットカテゴリが作成された。
    DATA_UPDATED ジョブネットカテゴリ情報が更新された。
    DATA_DELETED ジョブネットカテゴリが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    id
    JobnetCategory#
    getId()
    ジョブネットカテゴリID
    parentId
    JobnetCategory#
    getParentId()
    -
    親カテゴリID
    nameMap
    JobnetCategory#
    getLocalizes()
    -
    ジョブネットカテゴリ表示名 [16]

    補足説明

    [16]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にジョブネットカテゴリ表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくジョブネットカテゴリ表示名が格納されます。
    (Map<Locale, CategoryLocalize> → Map<Locale, String>)

ジョブネット

  • 概要

    ジョブネットの作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.job_scheduler.model.jobnet.Jobnet
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJobnet
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ジョブネットが作成された。
    DATA_UPDATED ジョブネット情報が更新された。
    DATA_DELETED ジョブネットが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    id
    Jobnet#
    getId()
    ジョブネットID
    categoryId
    Jobnet#
    getCategoryId()
    -
    カテゴリID
    disallowConcurrent
    Jobnet#
    isDisallowConcurrent()
    -
    同時実行禁止状態フラグ
    parameters
    Jobnet#
    getParameters()
    -
    パラメータ
    names
    Jobnet#
    getLocalizes()
    -
    ジョブネット表示名 [17]
    descriptions
    Jobnet#
    getLocalizes()
    -
    説明 [18]
    useJobIds - - -
    ジョブIDリスト
    triggerId - - -
    トリガID
    monitorId - - -
    モニターID
    status - - -
    実行結果ステータス
    startDate - - -
    ジョブネット開始日時
    endDate - - -
    ジョブネット終了日時
    cause - - -
    原因の例外

    補足説明

    [17]
    送受信モデルの「names」は、key にジョブネット表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくジョブネット表示名が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)
    [18]
    送受信モデルの「descriptions」は、key に説明のロケールが格納され、value にロケールに紐づく説明が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)

ジョブカテゴリ

  • 概要

    ジョブカテゴリの作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.job_scheduler.model.job.JobCategory
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJobCategory
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ジョブカテゴリが作成された。
    DATA_UPDATED ジョブカテゴリ情報が更新された。
    DATA_DELETED ジョブカテゴリが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    id
    JobCategory#
    getId()
    カテゴリID
    parentId
    JobCategory#
    getParentId()
    -
    親カテゴリID
    nameMap
    JobCategory#
    getLocalizes()
    -
    カテゴリ表示名 [19]

    補足説明

    [19]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にカテゴリ表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくカテゴリ表示名が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)

ジョブ

  • 概要

    ジョブの作成・更新・削除が行われたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.job_scheduler.model.job.JobDetail
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJob
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ジョブが作成された。
    DATA_UPDATED ジョブ情報が更新された。
    DATA_DELETED ジョブが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    id
    JobDetail#
    getId()
    ジョブID
    categoryId
    JobDetail#
    getCategoryId()
    -
    カテゴリID
    jobType
    JobDetail#
    getJobType()
    -
    ジョブ種別
    jobPath
    JobDetail#
    getJobPath()
    -
    ジョブ実行パス
    parameters
    JobDetail#
    getParameters()
    -
    パラメータ
    nameMap
    JobDetail#
    getLocalizes()
    -
    ジョブ表示名 [20]
    descriptionMap
    JobDetail#
    getLocalizes()
    -
    説明 [21]

    補足説明

    [20]
    送受信モデルの「nameMap」は、key にジョブ表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくジョブ表示名が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)
    [21]
    送受信モデルの「descriptionMap」は、key に説明のロケールが格納され、value にロケールに紐づく説明が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)

ジョブネット(トリガ)

  • 概要

    ジョブネットのトリガ情報が作成・更新・削除されたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2013 Summer(Damask)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.job_scheduler.model.trigger.Trigger
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJobnetTrigger
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED トリガが作成された。
    DATA_UPDATED トリガ情報が更新された。
    DATA_DELETED トリガが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    id
    Trigger#
    getId()
    トリガID
    jobnetId
    Trigger#
    getJobnetId()
    -
    ジョブネットID
    parameters
    Trigger#
    getParameters()
    -
    パラメータ
    description
    Trigger#
    getDescription()
    -
    説明
    enable
    Trigger#
    isEnable()
    -
    トリガ有効状態フラグ
    triggerClassName
    Trigger#
    getClass()#
    toString()
    -
    トリガの完全修飾名
    triggerValueMap (Map<String, Object>) -
    拡張されたトリガフィールド情報

ジョブネット(実行完了)

  • 概要

    ジョブネットの実行が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2012 Autumn(Alba)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.job_scheduler.propagation.CompletedJobnetInfoModel
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.GenericJobnet
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    PROC_COMPLETED ジョブネットの実行が完了した。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    PROC_COMPLETED
    説明
    id
    JobSchedulerContext#
    getJobnet()#
    getId()
    ジョブネットID
    categoryId
    JobSchedulerContext#
    getJobnet()#
    getCategoryId()
    カテゴリID
    disallowConcurrent
    JobSchedulerContext#
    getJobnet()#
    isDisallowConcurrent()
    同時実行禁止状態フラグ
    parameters
    Monitor#
    getParameters()
    パラメータ
    names
    JobSchedulerContext#
    getJobnet()#
    getLocalizes()
    ジョブネット表示名 [22]
    descriptions
    JobSchedulerContext#
    getJobnet()#
    getLocalizes()
    説明 [23]
    triggerId
    JobSchedulerContext#
    getTrigger()#
    getId()
    トリガID
    monitorId
    JobSchedulerContext#
    getTrigger()#
    getMonitorId()
    モニターID
    status
    Monitor#
    getStatus()
    実行結果ステータス [24]
    startDate
    Monitor#
    getStartDate()
    ジョブネット開始日時
    endDate
    Monitor#
    getEndDate()
    ジョブネット終了日時
    cause (Throwable) -
    原因の例外

    補足説明

    [22]
    送受信モデルの「names」は、key にジョブネット表示名のロケールが格納され、value にロケールに紐づくジョブネット表示名が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)
    [23]
    送受信モデルの「descriptions」は、key に説明のロケールが格納され、value にロケールに紐づく説明が格納されます。
    (Map<Locale, JobnetLocalize> → Map<Locale, String>)
    [24]
    送受信モデルの「status」は、 Monitor#getStatus() を GenericJobnet に定数として定義されたステータスに変換して格納されます。

Salesforce 連携

Salesforce 連携情報についての送信側設定一覧です。

Salesforce監視対象オブジェクト

  • 概要

    Salesforce監視対象オブジェクトの、レコード作成・更新・削除・復元のイベントメッセージが届いたことを通知します。
  • 導入バージョン

    2016 Summer(Nirvana)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.salesforce.streaming.model.SalesforceEventNotification
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.salesforce.GenericSalesforceEventNotification
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED 監視対象オブジェクトのレコード作成イベントメッセージが届いた。
    DATA_UPDATED 監視対象オブジェクトのレコード更新イベントメッセージが届いた。
    DATA_DELETED 監視対象オブジェクトのレコード削除イベントメッセージが届いた。
    DATA_UN_DELETED 監視対象オブジェクトのレコード復元イベントメッセージが届いた。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED/
    DATA_UN_DELETED
    説明
    tenantId
    SalesforceEventNotification#
    getTenantId()
    テナントID
    topicName
    SalesforceEventNotification#
    getTopicName()
    トピック名
    eventType
    SalesforceEventNotification#
    getEventType()
    イベントの種類
    replayId
    SalesforceEventNotification#
    getReplayId()
    再生 ID
    createdDate
    SalesforceEventNotification#
    getCreatedDate()
    イベント通知の作成日時
    fields
    SalesforceEventNotification#
    getFields()
    オブジェクト項目名と値 [25]

    補足説明

    [25]
    送受信モデルの「fields」は、Map<String, Object>型で、key に監視対象オブジェクトの項目名が格納され、value に項目値が格納されます。

コラム

オブジェクトを監視対象とするには、Salesforce上に PushTopic が作成されている必要があります。
詳しくは、「Salesforce 連携セットアップガイド」、「Salesforce 連携チュートリアルガイド」、および、「Force.com ストリーミング API 開発者ガイド」を参照してください。

Salesforce Streaming Client Service エラー情報

  • 概要

    Salesforce Streaming Client Service のセッションでエラーが発生したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2016 Summer(Nirvana)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.salesforce.GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo
    ( データ受信のための送受信モデルと同じ )
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.salesforce.GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    PROC_FAILED Salesforce Streaming Client Service のセッションでエラーが発生した。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    PROC_FAILED
    説明
    errorMessages
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getErrorMessages()
    エラーが発生した際の例外メッセージ。
    返却値には、エラーが発生した際の例外の原因となった例外メッセージも含まれます。
    newState
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getNewState()
    エラー発生後のセッションの状態
    oldState
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getOldState()
    エラー発生前のセッションの状態
    sessionId
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionId()
    Salesforce Streaming のセッションID
    sessionSalesforceAPIVersion
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionSalesforceAPIVersion()
    SalesforceのAPIバージョン番号
    sessionSalesforceAPIVersionName
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionSalesforceAPIVersionName()
    SalesforceのAPIバージョン名
    例)36.0 - Spring ‘16
    sessionSalesforceClientId
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionSalesforceClientId()
    Salesforceクライアントを識別する一意のID
    sessionState
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionState()
    セッションの状態
    sessionTenantId
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionTenantId()
    テナントID
    sessionTopicNames
    GenericSalesforceStreamingFatalErrorInfo#
    getSessionTopicNames()
    セッションが購読していたトピック名

IM-共通マスタ

IM-共通マスタ に関する情報についての送信側設定一覧です。

コラム

IM-共通マスタ のカテゴリは 2018 Spring(Skylark) から利用可能です。
標準では IM-共通マスタ のカテゴリを利用する設定がされていないため、設定ファイルを編集する必要があります。
設定方法に関しては、IM-共通マスタ 仕様書「IM-LogicDesigner のフロートリガで IM-共通マスタ を使用する」を参照してください。

ユーザプロファイル

  • 概要

    ユーザプロファイルの作成・更新が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2018 Spring(Skylark)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.master.user.propagation.model.PropagationUser
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.master.GenericUser
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ユーザ情報が作成された。
    DATA_UPDATED ユーザ情報が更新された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    説明
    defaultLocale
    GenericUser#
    getDefaultLocale()
    デフォルトロケール
    disable
    GenericUser#
    isDisable()
    削除フラグ
    endDate
    GenericUser#
    getEndDate()
    終了日
    localeElementMap
    GenericUser#
    getLocaleElementMap()
    国際化情報マップ
    recordDate
    GenericUser#
    getRecordDate()
    -
    更新日
    recordUserCd
    GenericUser#
    getRecordUserCd()
    -
    更新ユーザコード
    sex
    GenericUser#
    getSex()
    性別
    sortKey
    GenericUser#
    getSortKey()
    ソートキー
    startDate
    GenericUser#
    getStartDate()
    開始日
    termCd
    GenericUser#
    getTermCd()
    期間コード
    userCd
    GenericUser#
    getUserCd()
    ユーザコード

ユーザの組織所属情報

  • 概要

    ユーザの組織所属情報の作成・更新・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2018 Spring(Skylark)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.master.user.propagation.model.PropagationDepartment
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.master.GenericDepartment
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ユーザの所属情報が作成された。
    DATA_UPDATED ユーザの所属情報が更新された。
    DATA_DELETED ユーザの所属情報が削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    companyCd
    GenericDepartment#
    getCompanyCd()
    会社コード
    departmentCd
    GenericDepartment#
    getDepartmentCd()
    組織コード
    departmentSetCd
    GenericDepartment#
    getDepartmentSetCd()
    組織セットコード
    endDate
    GenericDepartment#
    getEndDate()
    -
    終了日
    departmentMain
    GenericDepartment#
    isDepartmentMain()
    -
    主所属フラグ
    startDate
    GenericDepartment#
    getStartDate()
    -
    開始日
    termCd
    GenericDepartment#
    getTermCd()
    -
    期間コード
    userCd
    GenericDepartment#
    getUserCd()
    ユーザコード

ユーザのパブリックグループ所属情報

  • 概要

    ユーザのパブリックグループ所属情報の作成・更新・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2018 Spring(Skylark)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.system.master.user.propagation.model.PropagationPublicGroup
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.master.GenericPublicGroup
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ユーザの所属情報が作成された。
    DATA_UPDATED ユーザの所属情報が更新された。
    DATA_DELETED ユーザの所属情報が削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED/
    DATA_UPDATED
    DATA_DELETED
    説明
    endDate
    GenericPublicGroup#
    getEndDate()
    -
    終了日
    publicGroupCd
    GenericPublicGroup#
    getPublicGroupCd()
    パブリックグループコード
    publicGroupSetCd
    GenericPublicGroup#
    getPublicGroupSetCd()
    パブリックグループセットコード
    startDate
    GenericPublicGroup#
    getStartDate()
    -
    開始日
    termCd
    GenericPublicGroup#
    getTermCd()
    -
    期間コード
    userCd
    GenericPublicGroup#
    getUserCd()
    ユーザコード

IM-Knowledge

IM-Knowledgeに関する情報についての送信側設定一覧です。

Wiki情報

  • 概要

    Wikiの作成・更新・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2019 Summer(Waltz)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.wiki.logic.trigger.WikiContentsInfo
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.wiki.GenericWikiContents
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED Wikiが作成された。
    DATA_UPDATED Wikiが更新された。
    DATA_DELETED Wikiが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED
    DATA_UPDATED / DATA_DELETED
    説明
    wikiId
    GenericWikiContents#
    getWikiId()
    WikiID
    knowledgeGroupId
    GenericWikiContents#
    getKnowledgeGroupId()
    ナレッジグループID
    wikiName
    GenericWikiContents#
    getWikiName()
    Wiki名
    thumbnail
    GenericWikiContents#
    getThumbnail()
    サムネイル
    tags
    GenericWikiContents#
    getTags()
    タグ
    mainPageCd
    GenericWikiContents#
    getMainPageCd()
    メインページコード
    title
    GenericWikiContents#
    getTitle()
    タイトル
    formatType
    GenericWikiContents#
    getFormatType()
    テキスト形式
    contents
    GenericWikiContents#
    getContents()
    本文
    wikiAttachFiles
    GenericWikiContents#
    getWikiAttachFiles()
    -
    添付ファイル
    path
    GenericWikiContents#
    getPath()
    Wikiコンテンツパス
    createUserCd
    GenericWorkbook#
    getCreateUserCd()
    登録ユーザコード
    createUserName
    GenericWikiContents#
    getCreateUserName()
    登録ユーザ名
    createDate
    GenericWikiContents#
    getCreateDate()
    登録日時
    recordUserCd
    GenericWikiContents#
    getRecordUserCd()
    更新ユーザコード
    recordUserName
    GenericWikiContents#
    getRecordUserName()
    更新ユーザ名
    recordDate
    GenericWikiContents#
    getRecordDate()
    更新日時

Wikiページ情報

  • 概要

    Wikiページの作成・更新・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2019 Summer(Waltz)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.wiki.logic.trigger.WikiPageInfo
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.wiki.GenericWikiPage
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED Wikiページが作成された。
    DATA_UPDATED Wikiページが更新された。
    DATA_DELETED Wikiページが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

※ マッピングテーブルでは データの操作種別 を以下のように省略しています。
  • CREATE

    DATA_CREATED

  • UPDATE

    DATA_UPDATED

  • DELETE

    DATA_DELETED

プロパティ
参照元
CREATE
UPDATE
DELETE
説明
wikiId
GenericWikiPage#
getWikiId()
WikiID
wikiName
GenericWikiPage#
getWikiName()
Wiki名
wikiPageCd
GenericWikiPage#
getWikiPageCd()
Wikiページコード
parentWikiPageCd
GenericWikiPage#
getParentWikiPageCd()
親ページコード
title
GenericWikiPage#
getTitle()
タイトル
formatType
GenericWikiPage#
getFormatType()
テキスト形式
contents
GenericWikiPage#
getContents()
本文
wikiAttachFiles
GenericWikiPage#
getWikiAttachFiles()
-
添付ファイル
comment
GenericWikiPage#
getComment()
コメント
version
GenericWikiPage#
getVersion()
バージョン
path
GenericWikiPage#
getPath()
Wikiページパス
deletedPages
GenericWikiPage#
getDeletedPages()
- -
削除された子ページ情報
createUserCd
GenericWorkbook#
getCreateUserCd()
登録ユーザコード
createUserName
GenericWorkbook#
getCreateUserName()
登録ユーザ名
createDate
GenericWorkbook#
getCreateDate()
登録日時
recordUserCd
GenericWorkbook#
getRecordUserCd()
更新ユーザコード
recordUserName
GenericWorkbook#
getRecordUserName()
更新ユーザ名
recordDate
GenericWorkbook#
getRecordDate()
更新日時

Wikiページ添付ファイル情報

  • 概要

    Wikiページ添付ファイルの作成・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2019 Summer(Waltz)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.wiki.logic.trigger.WikiPageAttachmentFileInfo
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.wiki.GenericWikiPageAttachmentFile
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED Wikiページの添付ファイルが作成された。
    DATA_DELETED Wikiページの添付ファイルが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED / DATA_DELETED
    説明
    wikiPageCd
    GenericWorkbook#
    getWikiPageCd()
    Wikiページコード
    title
    GenericWorkbook#
    getTitle()
    タイトル
    wikiAttachFiles
    GenericWorkbook#
    getWikiAttachFiles()
    添付ファイル

ワークブック情報

  • 概要

    ワークブックの作成・更新・削除が完了したことを通知します。
  • 導入バージョン

    2019 Summer(Waltz)
  • 独自モデルの完全修飾子

    jp.co.intra_mart.foundation.spreadsheet.logic.trigger.WorkbookInfo
    (非公開)
  • データ受信のための送受信モデル

    jp.co.intra_mart.foundation.propagation.model.generic.spreadsheet.GenericWorkbook
  • データの操作種別とデータ送信のタイミング

    データの操作種別 データ送信のタイミング
    DATA_CREATED ワークブックが作成された。
    DATA_UPDATED ワークブックが更新された。
    DATA_DELETED ワークブックが削除された。
  • 送受信モデルと参照元、および、データの操作種別とのマッピングテーブル

    プロパティ
    参照元
    DATA_CREATED
    DATA_UPDATED/
    DATA_DELETED
    説明
    workbookId
    GenericWorkbook#
    getWorkbookId()
    ワークブックID
    knowledgeGroupId
    GenericWorkbook#
    getKnowledgeGroupId()
    ナレッジグループID
    status
    GenericWorkbook#
    getStatus()
    ステータス
    workbookName
    GenericWorkbook#
    getWorkbookName()
    ワークブック名
    description
    GenericWorkbook#
    getDescription()
    説明
    comment
    GenericWorkbook#
    getComment()
    コメント
    contents
    GenericWorkbook#
    getContents()
    コンテンツ
    thumbnail
    GenericWorkbook#
    getThumbnail()
    サムネイル
    path
    GenericWorkbook#
    getPath()
    ワークブックパス
    publicPath
    GenericWorkbook#
    getPublicPath()
    -
    公開ワークブックパス
    tags
    GenericWorkbook#
    getTags()
    タグ
    createUserCd
    GenericWorkbook#
    getCreateUserCd()
    登録ユーザコード
    createUserName
    GenericWorkbook#
    getCreateUserName()
    登録ユーザ名
    createDate
    GenericWorkbook#
    getCreateDate()
    登録日時
    recordUserCd
    GenericWorkbook#
    getRecordUserCd()
    更新ユーザコード
    recordUserName
    GenericWorkbook#
    getRecordUserName()
    更新ユーザ名
    recordDate
    GenericWorkbook#
    getRecordDate()
    更新日時