intra-mart Accel Platform IM-ContentsSearch プログラミングガイド 第5版 2018-12-01

3. 基本概念

この章では、 IM-ContentsSearch における全文検索の実現方法について説明します。

3.1. アーキテクチャ

IM-ContentsSearch が全文検索機能を実現するためのアーキテクチャについて説明します。

3.1.1. 概念図

IM-ContentsSearch では全文検索エンジンとして、 Apache Solr を利用しています。
IM-ContentsSearch における全文検索処理の概要図は以下の通りです。
概念図
  1. クローラ(JobNet)で全文検索対象となるコンテンツを生成し、Solrサーバのインデックスとして登録します。
  2. 登録されたインデックスに対して全文検索画面や検索APIから全文検索(Full Text Search)を実行して結果を取得します。

コラム

Apache Solr の概要やセットアップ方法などについては、Solr管理者ガイドを参照してください。

3.2. コアライブラリの基本機能

IM-ContentsSearch コアライブラリ には、全文検索を実現するために以下の機能を有しています。
  • intra-mart Accel Platform と連携して動作するAPI
    • コンテンツ作成API
    • コンテンツ検索API
  • クローラ作成用のAPI
    • 基底ジョブ
    • ユーティリティ
  • 検索画面
    • 拡張可能な標準全文検索画面
    • グローバル検索ナビ機能 (グローバルナビ右にある虫眼鏡アイコン)

コラム

IM-ContentsSearch のAPIは Java で提供されています。
複雑なデータ構成やデータ型を扱う必要があるため、スクリプト開発向けのAPIを提供する予定はありません。