intra-mart Accel Platform ファーストステップガイド 第2版 2016-08-01

4.2. 管理者が一般ユーザ向けのメニューを作成する

このハンズオンでは、一般ユーザがよく利用する機能をグローバルナビとして登録すること、簡単にアクセスできるようになることを体験します。

コラム

intra-mart Accel Platform では、次のメニュー機能が提供されています。
サイトマップ
一般ユーザが利用できる全てのサービスが一覧表示されています。
グローバルナビ
サイトマップ上で表示されているメニューの中でも、一般ユーザが利用する頻度が高いメニューが画面上部に表示されています。これらのメニューは管理者によって設定されています。
マイメニュー
ログインしているユーザ自身で、好きなメニューを設定できます。

このハンズオンでは、サイトマップグローバルナビ のメニュー機能の違いについて紹介します。

4.2.1. ステップ1:サイトマップからメニューを利用する

  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. 青柳辰巳でログインします。ユーザコード:aoyagi パスワード:aoyagi

    ../../_images/login_aoyagi.png
  3. 画面上部の「サイトマップ」をクリックします。

    ../../_images/sitemap.png
  4. ワークフローの申請を行うために、「ワークフロー」-「申請」をクリックします。

    ../../_images/sitemap_menu_apply.png

4.2.2. ステップ2:テナント管理者がグローバルナビを設定する

  1. 一般ユーザの青柳辰巳は、日常業務としてワークフローの「申請」をよく利用します。
    青柳辰巳が「申請」メニューにアクセスしやすくなるよう、テナント管理者がグローバルナビに「申請」メニューを登録します。
  2. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  3. テナント管理者でログインします。ユーザコード:tenant パスワード:無し(空白のまま)

    ../../_images/login_tenant.png
  4. 「テナント管理」-「メニュー設定」をクリックします。

    ../../_images/menu.png
  5. メニュー構成設定画面の左ペインを「グローバルナビ(PC用)」に設定します。

    ../../_images/click_to_global_navi_pc.png
  6. 「新規グループ」をクリックします。

    ../../_images/create_to_new_group.png
  7. メニューグループの新規作成画面で、以下の通りに入力し、最後に「新規作成」をクリックして登録します。

    • メニューグループID : test

    • メニューグループ名(日本語):日常業務

      ../../_images/create_to_new_group2.png
  8. 権限設定アイコンをクリックします。

    ../../_images/click_to_access_setting.png
  9. 右上の「権限設定を開始する」をクリックして、編集モードにします。

    ../../_images/setting_access_setting.png
  10. 縦軸の作成したメニューグループ「日常業務」と、横軸のサブジェクト「認証済みユーザ」のポリシーを「許可」に設定します。

    ../../_images/setting_access_setting2.png
  11. 右上の「権限設定を終了する」をクリックして、編集モードを閉じます。

    ../../_images/setting_access_setting3.png
  12. 右上の「×」をクリックし、認可設定(グローバルナビ(PC用))画面を閉じます。

  13. メニュー構成の設定画面の右ペインを「サイトマップ(PC用)」に設定します。

    ../../_images/click_to_sitemap_pc.png
  14. メニュー構成の設定画面の右ペインの「ワークフロー」-「申請」を、左ペインの「日常業務」にドラッグ&ドロップ(コピー)します。

    ../../_images/sitemap_to_apply.png

    「日常業務」の中に「申請」が表示されます。

    • メニューアクセス権限を付与する事ができました。

4.2.3. ステップ3:テナント管理者がワークフロー申請画面の処理権限を設定する

注意

  • ステップ2の続きでハンズオンを行います。
  1. グローバルナビから「テナント管理」→「認可」の順にクリックします。

    ../../_images/click_to_authz.png
  2. リソースの種類が「画面・処理」になっている事を確認します。

    ../../_images/authz_mnt1.png
  3. 処理権限を設定するリソースを絞り込みます。
    (1):アイコンをクリックします。
    (2):「申請」と入力します。
    (3):検索をクリックします。
    ../../_images/authz_mnt2.png
  4. 検索ウィンドウを閉じ、右上の「権限設定を開始する」をクリックして、編集モードにします。

    ../../_images/authz_mnt3.png
  5. 縦軸の「申請」と横軸の「認証済みユーザ」が交わる箇所のポリシーを「許可」に設定します。

    ../../_images/authz_mnt4.png
  6. 右上の「権限設定を終了する」をクリックして、編集モードを閉じます。

    ../../_images/authz_mnt5.png
  7. テナント管理者のログアウトを行います。

    ../../_images/logout.png
    • ワークフロー申請画面への画面処理権限を付与する事ができました。

4.2.4. ステップ4:グローバルナビからメニューを利用する

  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. 青柳辰巳でログインします。ユーザコード:aoyagi パスワード:aoyagi

    ../../_images/login_aoyagi.png
  3. 画面上部に上記で登録した「日常業務」-「申請」が表示されることを確認します。

    ../../_images/after_global_menu.png

コラム

このハンズオンでは、下記のポイントが確認できました。

  • よく利用するメニューを「グローバルナビ」に登録することで、ユーザのアクセスしやすいメニューを設定できるようになりました。

コラム

この機能は、「メニュー」で実現しています。
既存のサイトマップメニューをグローバルナビのメニューとして設定する事で、一般ユーザがよく利用する機能に簡単にアクセスする事ができます。

一般ユーザが普段よく使うであろうメニューを画面上部に登録できます。
この設定方法は、「テナント管理操作ガイド」-「メニューを設定する」を参照してください。