intra-mart Accel Platform ファーストステップガイド 第2版 2016-08-01

3.2. 一般ユーザを会社・組織に所属させる

このハンズオンでは、会社・組織に一般ユーザを所属設定する体験をします。

3.2.1. ステップ1:一般ユーザが現在所属している会社・組織を確認する(その1)

  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. 青柳辰巳でログインします。ユーザコード:aoyagi パスワード:aoyagi

    ../../_images/login_aoyagi.png
  3. 右上にある「青柳辰巳」のプロダウンをクリックします。

    ../../_images/current_depertment_list.png
    • 「個人設定」の下に表示されている「サンプル課11」が現在、主所属として設定されている会社・組織です。
    • 「個人設定」の下に表示されている「サンプル課11」の左に表示されている「サンプル課11」、「サンプル課21」が、所属設定されている全ての会社・組織です。

3.2.2. ステップ2:一般ユーザを会社・組織に所属させる

  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. テナント管理者でログインします。ユーザコード:tenant パスワード:無し(空白のまま)

    ../../_images/login_tenant.png
  3. グローバルナビから「テナント管理」→「共通マスタ」→「組織」の順にクリックします。

    ../../_images/select_to_department.png
  4. 左のツリーに表示されている「サンプル会社」をクリックします。

    ../../_images/department_mnt_list.png
    • 現在「サンプル会社」に所属している一般ユーザが表示されます。
  5. 「所属ユーザを追加」をクリックします。

    ../../_images/department_mnt_list2.png
    • 「ユーザ検索」画面が表示されます。
  6. 「あ」をクリックします。

    ../../_images/user_search1.png
  7. 検索対象として抽出された「青柳辰巳」を選択し、次に右矢印アイコンをクリックします。
    最後に「決定」をクリックします。
    ../../_images/user_search2.png
    • 「青柳辰巳」が「サンプル会社」に所属されました。

      ../../_images/department_mnt_list3.png
  8. 一覧中に表示されている[青柳辰巳]の「所属」をクリックします。

    ../../_images/department_mnt_list4.png
    • 「役職設定」画面が表示されます。
  9. 「主所属」チェックボックスにチェックをつけ、「更新」をクリックします。

    ../../_images/role_setting2.png
  10. テナント管理者のログアウトを行います。

    ../../_images/logout.png

3.2.3. ステップ3:一般ユーザが現在所属している会社・組織を確認する(その2)

  1. ブラウザより「http://localhost:8080/imart/login」へアクセスします。

  2. 青柳辰巳でログインします。ユーザコード:aoyagi パスワード:aoyagi

    ../../_images/login_aoyagi.png
  3. 右上にある「青柳辰巳」のプロダウンをクリックします。

    ../../_images/current_depertment_list2.png
    • 「個人設定」の下に表示されている会社・組織表示が、ステップ2で主所属に設定した「サンプル会社」として表示されます。
    • 「個人設定」の下に表示されている「サンプル会社」の左に表示されている「サンプル課11」、「サンプル課21」に加え、ステップ2で追加した「サンプル会社」が表示されます。

コラム

このハンズオンでは、下記のポイントが確認できました。

  • 一般ユーザが自分自身が所属している会社・組織を確認する事ができました。
  • 一般ユーザを会社・組織に所属させる事を確認できました。
  • 会社・組織に所属する一般ユーザの主所属設定を行う事を確認できました。

コラム

この機能は、「IM-共通マスタ」で実現しています。
この設定方法は、「IM-共通マスタ 管理者操作ガイド」-「組織」を参照してください。