intra-mart Accel Platform スクリプト開発モデル プログラミングガイド 第15版 2018-08-01

アクセスコンテキスト

アクセスコンテキストとは

アクセスコンテキストとは、intra-mart Accel Platform に対して現在アクセスしている処理実行者(以下、利用者)に関連する共有情報を保持するオブジェクトです。
利用者のアクセスの開始から終了まで、利用者の情報や状態を保持します。
それらの情報は、システムおよびアプリケーションから自由に参照されます。
情報の種別ごとに複数のアクセスコンテキストが定義され、目的に応じて必要なアクセスコンテキストを利用可能です。
詳細は、「 アクセスコンテキスト仕様書 」を参照してください。
アクセスコンテキストの情報は、 intra-mart Accel Platform の基盤機能、または、アクセスコンテキストの情報を管理するモジュールによって設定されます。それ以外のモジュールからは参照のみ可能です。
intra-mart Accel Platform が提供するアクセスコンテキストには、以下のような種類があります。
  • アカウントコンテキスト
  • クライアントコンテキスト
  • ユーザコンテキスト
  • ジョブスケジューラコンテキスト
  • 認可サブジェクトコンテキスト(システム用)
それぞれの詳細については「 アクセスコンテキスト仕様書 」-「 標準コンテキスト 」を参照してください。