intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス 第24版 2019-12-01

ルーティングテーブル用 認可リソースマッパー定義設定

概要

ルーティングテーブルの認可設定で使用するマッパーの登録を行う設定です。

ルータにはそれぞれのパスに対してマッピングされるプログラムの実体と、同様に紐づけられる 認可リソースが必要です。これらのマッピングはすべてルーティングテーブル上に記載されます。

認可リソースの紐づけに関して、パスに対して特定のリソースを指定するか予め用意されたマッピング用の ロジックを使用するかを選択できます。このマッピング用のロジックはこの設定ファイルによって 登録されたものから選択できます。

モジュール テナント管理機能
フォーマットファイル(xsd) WEB-INF/schema/authz-resource-mappers.xsd
設定場所 WEB-INF/conf/authz-resource-mappers/{任意のファイル名}.xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<authz-resource-mappers xmlns="http://www.intra-mart.jp/router/authz-resource-mappers" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/router/authz-resource-mappers ../authz-resource-mappers.xsd ">
  <mapper name="dev-auto-register" class="jp.co.intra_mart.system.router.authz.user.mapper.AutoRegisteringResourceMapper" />
  <mapper name="welcome-all" class="jp.co.intra_mart.system.router.authz.user.mapper.WelcomeAllResourceMapper" />
</authz-resource-mappers>

リファレンス

リソースマッパー設定

タグ名 mapper
マッパーの名前と実際にマッピングを行う実装クラスを設定します。
マッパーの実装は jp.co.intra_mart.system.router.authz.user.AuthzResourceMapper インタフェースを実装したクラスを指定します。

【設定項目】

<authz-resource-mappers xmlns="http://www.intra-mart.jp/router/authz-resource-mappers" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.intra-mart.jp/router/authz-resource-mappers ../authz-resource-mappers.xsd ">
  <mapper name="welcome-all" class="jp.co.intra_mart.system.router.authz.user.mapper.WelcomeAllResourceMapper" />
</authz-resource-mappers>
必須項目 ×
複数設定
設定値・設定する内容 なし
単位・型 なし
省略時のデフォルト値 なし
親タグ authz-resource-mappers

【属性】

属性名 説明 必須 デフォルト値
name マッパーの名前です。ルーティングテーブルの<authz-default>タグや<authz>タグで指定できるのはここで指定した値です。 なし
class この名前に割り当てるマッパーの実装クラスの完全修飾クラス名を設定します。 なし